メニュー
管理人パパ
ベビーカージャーナリスト
プロ・ベビーカーレビュアー。ベビーカーを10年間で100台以上押し比べてきた体験談を紹介。2022年からは年間100件の購入相談に応える。業界のトレンドや売り手の心理を先読みしたレビューが得意。雑誌のベビーカー特集監修等
ここにない答えを記事化リクエストする
100台押し較べて
分かったこと
ベビーカーやブランド名を検索

100台以上を押し比べ、年間100件以上の購入相談に答えてきた管理人パパによるおすすめの選び方

ベビーカー選びの心構え

その相棒へのトキメキも一つの「機能性」

運営者

管理人パパ

執筆

ベビーカージャーナリスト

プロ・ベビーカーレビュアー。ベビーカーを10年間で100台以上押し比べてきた体験談を紹介。年間100件の購入相談に応える。ECディレクター/エンジニアの経験から業界のトレンドや売り手の心理を先読みしたレビューが得意。講談社や晋遊舎の記事監修など

RISU

見習い

初産の妻のためにベビーカーを勉強中のリス♂

とあるリス園の出身。妻メーサが少し早めの里帰り出産で実家へ帰ってしまったため時間ができたのでベビーカー調査に乗り出した。羽振りよく代官山を練り歩いていたところ隊長(管理人パパ)と出逢い、話を聞くうちに感銘を受け弟子入り。メーサが大好き

100台を実際に押し較べてみてわかったのは、ベビーカー選びのポイントは「赤ちゃんの乗り心地」だけでなく、「押す親のストレスレスを考えた最適なバランスで選ぶ」です。

はじめての人にはただでさえ大変な育児。
できるだけ心に余裕を持って、子どもとの生活を楽しみたいものですよね。

ベビーカーで気持ちよく眠ってくれる・おとなしくしてくれる・楽しそうにしてくれるのは理想ですが、そうならないケースも多々見られます。

その原因の一つが、それを押すママやパパが、とにかく疲れている。

育児全般もそうだけれども、
やれベビーカーが重すぎたり、
軽くても押しづらかったり、
荷物のやりくりができなくてホトホトこまり果てたり、、

大階段を目前にリベルと立ち尽くす
どうすんねん、これ

いろんな辛さが表情の変化に繋がり、その何気ない気分の落ち込み・疲れが伝われ子どももシアワセでなくなる=不安=(泣)みたいな場面は少なくないと思っています。

それを押す親が満面の笑顔で、疲れもなく、気持ち良く押せていれば最高です。
親の体調が良ければ! 心に余裕があれば! きっと赤ちゃんもシアワセなはず。

私はそれを目指したいです。
大事なのはあなたがまず快適に操作できること

あなたが一番大事なのです。

では、どんなモノを選べばいいでしょうか?

  • 雑誌に真実のレビューは載っていますか?
  • ネット上のランキングサイトは誰が書いていますか?
  • 本当に押し比べた実際の体験(YouTube)に基づくものでしょうか?
  • 売れ筋ランキングにマッチするほどあなたは一般的なユーザーなのでしょうか?
  • アフィリエイターの売りたいものに誘導されていませんか?

本当の一番は、実際に押し較べてくること。

けれども、そんな時間がどうしても取れない、
そんなに数を比較して周れない・・・

そんな人のために、実際に数多くのベビーカーを実際に押し比べ、現地の販売員さんの声からママ友・パパ友からのヒアリングまで混じえた管理人が綴るリアルなレビューを参考にしてもらえればと思います。

結局、全部試した人が「何を選ぶのか?」に興味がある人へ。

ベビーカーを巡る旅について

アッパベビー ミヌ V2のシート幅はゆったり

リアルに試してきたから言える真実をメーカーに忖度せず語ります・・・
他の一般的なサイトで基礎知識を得てからでないと、記事の一つひとつを初心者が読んでも混乱するかもしれません。

そしてベビーカー選びって知識を溜め込みすぎても沼るものです。

最後は「押し試してみたい…」「けれど最寄りの販売店に欲しいブランド商品がない」で困ったら誰かに相談するといいでしょう。

\ えっ!?本当に押し比べてるの・・・ /

\ 10年間で100台以上押し比べた /

管理人パパ流の選び方

赤ちゃんの寝顔

いつか父になる息子へ

「パパならこれを選ぶけどな・・・」というものを忖度なしに選んだよ。
お嫁さんのタイプにもよると思うから、しっかり話し合って決めたらいいよ。

ベビーカーの価格は日割りで考える

ベビーカーの使用期間って正味どれくらいだと思う?
毎日使う人もいればそうでない人もいる。

パパがこれまで250人以上の親御さんたちの購入相談に応じてきた経験から見えてきたのは、実質の稼働期間は平均すれば2年分程度ということ。

365日✖️2年🟰730日
1日あたりで考えると、
10万円のものなら約137円
5万円のものなら約68円
3万円のものなら約41円

自分にとってその価値が1日あたりいくらなのか?
そこが大事。

ベビーカーの便利も日割りで考える

ベビーカーの機能のちょっとした差。
どれだけストレスがかかっていると思う?

「あぁ、この長い階段で誰か他の人が持って上がってくれるなら●●円払えるわ…」
「折りたたみに時間がかかるけど子どもから一瞬目を話すのが心配。誰か見てくれるなら●●円払えるのに…」

もしそれに100円払ってでも「便利を買いたい」「安全を買いたい」と思ったら、
1日1回、そんな場面があるとすれば利用期間で合計73,000円の差になるね。

初期費用よりも生涯価値で選びたいもの。

予算や玄関スペースの問題、そしてデザインに惹かれてなどいろいろ手を出したくなると思うけれどパパの個人的な感想としては「後で買い直したくなる」または「隣の芝生が青く見える」ようなプチ後悔が生じやすいから気をつけて。

育児がはじまった後、パパ友やママ友ができたらたくさんの情報が入ってくる。
ベビーカーの使い心地なんかも特に。

それらの情報を得ながら賢くなるのもいいけど、できるなら無駄な出費を抑えて嫁さんと子どもに遣ってあげて欲しい。

適正予算7万円について

パパの経験上、ベビーカーにかけるお金として7万円ぐらいみておいた方が安全。
典型的なのは5万円前後でファーストベビーカー(1台目)を買って、1歳半~2歳前後で1万円前後のセカンドベビーカー(2台目)を追加購入するというパターン。

ベビーカーでのお出かけ時には、ベビーカーフックやカップホルダー、急な雨に備えるレインカバーとか他にもちょこまか欲しくなるオプション品があって、その購入にお金がかかるから、1万円程度予算をあてておくといいよ。

で、結局合計7万円かな。

もちろんファーストベビーカーとセカンドベビーカーを兼用したようなベビーカー(例:バタフライ)を買って、1台で済ませるというのも悪くないな。

これ以上の金額となると、

  • ファッションの一部の要素をあげていく=気分の問題<でも大事やな>

または、

  • 双子・年子のための二人乗り、三人乗りなど特殊用途を追い求めた結果

ということになる。

その場合は、7万円以上の予算を正当化できる場合もあるよ。

あと7万円以下でベビーカー卒業までの予算を考える場合は、

  • 押しやすさ(押しづらさ)と
  • 子どもの姿勢&好奇心への寄り添い

に少し工夫が必要になるとパパは思っている。

ちょっと押すのが大変だったり、荷物があまり入らなかったり、背もたれを起こしきれなかったり、いろいろ「う~ん」と悩まされることも出てくるとは思うけど、そこはパパの子どもだから工作と同じように工夫して解決して欲しいな。

ただまぁ、メインで押すのがお嫁さんならシンプルに、

  • 単純に良いもの
  • お嫁さんのテンションが上がるもの(自分も大切に)

を選ぶほうがいろいろ考えずに楽だけどな(笑)

産後はいろいろ出費もかさむから、節約したい気持ちはイタいほどパパにもわかる。
家族の将来を思うからこその「節約の方向で…」はあるよな。

ただベビーカーは消耗品と違って、長ければ4年間も使う常用車(乗用車)。

しっかり考えてな。

2024年7月のタイプ別おすすめ

ランキング画像

30台試した中での10位ではなく、300台試してきた中でのトップ10は他サイトとは大きく異なっているでしょう…

私だったらコレを買う!を忖度なくリストアップ

ベビーカーの主要メーカーは国内なら3社、海外なら5社といったところかな。
そのそれぞれのラインナップから、各種モデルが1~3年周期でリニューアルがかかるのがベビーカー業界。

全部で8社あるとして、各メーカーのラインナップが3モデルで構成されているとして、少なく見積もっても1ヶ月半に1台はリリースされていくわけだから、新発売モデルの影響を鑑みて市場の中でのベストを検証し直さなくてはいけない。

伊勢丹新宿は庭みたいなもん

というわけで、最新の状況をまずはしっかり知っておいてもらいたいから「今並びなおしたらこんな感じよ。」を管理人パパの独断と実機検証で鍛えられた眼力でお届け。

最新のリリース状況はこちらのページでキャッチアップできるから、合わせてフォローしておくといいよ。

それも加味しての結果が以下です。

管理人パパ

ネット系メディアのランキングなど世間が作った人気ランキングは完全無視で、走行テストと実際の育児シーンで感じた使い勝手で評価しています。

A形ベビーカーのおすすめ

A型選びの正解はライフスタイルと環境次第!

うかつにランキングなんか信じたらえらい目にあう。

  • お金がある・ない(節約したい・しなくていい)
  • 時間がある・ない(育休あり・なし)
  • 兄弟がいる・いない(二人連れ・初子)
  • エレベーターはある・ない(階段あり・なし)
  • 公共交通機関をつかう・つかわない
  • 玄関はひろい・せまい
  • パパはいつも一緒・ではない(ワンオペ)
  • 自宅周辺は人通りが多い・少ない

軽く挙げただけでも8つ。
それぞれの掛け合わせで256通りの正解がある。

だから悩むもの。

毎年平均して100件の購入相談に乗ってきた私ですら回答を出すのに悩む。

そりゃ、依頼者の「悩みすぎてハゲそうです!(笑)」にも共感しまくりです。

管理人パパ

ということで、A型のおすすめランキングはタイプ別でまとめることにした。

軽さで選ぶA型なら

1位:サイベックス メリオ

サイベックス メリオ

巷の「メリオおすすめだよ♪」の評判は完全無視。だって私がメリオの走破性(段差アプローチの強さ)に満足したことは一度もない。それでも都心(地方でも駅前10分圏内の都会エリア)なら十分かもしれない。段差も浅めだしなんとかなる。それよりも使い勝手として求めたいのは軽さ・持ち運びやすさ。都心だからこそ電車・バス利用も便利だから、持ち上げや通路幅なんて問題にしたくないよね。だったらコレだ。

管理人パパ

けど、幼児期の1歳半~2歳ぐらいにはやっぱり走行性の不満(体重が増してハイシートでふらつきます…の声は多い)が出てくるから、その時はリベルやオルフェオ、Jeepなどに(売って)乗り換えたらいいよ。

2位以下のノミネート

都会派に選ぶA型なら

1位:対面式では折り畳めないけどサイベックス ミオス

[CYBEX] ミオス

メリオよりも段差をヌルっと越えられて、個人的には乳児期の走破性はこれぐらい欲しいと考えているベビーカー。

管理人パパ

都会派の中では電車やバスよりも車の利用率が高い人向き。やっぱり都心の複雑な駅構内での移動やバスは軽いメリオに分がある。

操舵性で選ぶA型なら

1位:クソ重いけどエアバギー

エアバギー and wander 2024

三輪ベビーカーだからといって必ずしも四輪タイプよりも曲がりやすさが上とは言いきれないが、エアバギーにはちょっと別格の操舵性の良さを感じている。10年も前から「持ち運びの地獄と押す天国」は変わらない。

管理人パパ

とはいえ重さに耐えられなくなったらA形時期の前期だけ使って、操舵性能の劣らないB形の代表格「リベル」に乗り換えるプランもいい。

B形ベビーカーのおすすめ

B形=掴みどころのないカテゴリー

B形って、掴みどころのないカテゴリーだなって最近思う。
その原因はSG基準が仕様書の中で明らかにしているA形とB形の境界線が「リクライニング角度のみの違い」だけにあるところ。

「150度以上倒せるならA形だよ。」なんて馬鹿げている。
それは必要最低限の条件であって十分条件ではない。
リクライニング要件を満たしていても「それで本当に最高なの?」を疑わずにはいられない。

だから私はこう考えることにした。

B形ベビーカーの本質はママの都合で選びはじめて良いベビーカー、「散歩」のみならず急を要する「移動」の楽を叶えるものであると。

ということで、私はこのカテゴリーに一石を投じたい。

世間一般ではA形と定められており、公式のスペックシートにもそう書かれてあるものの中でも月齢の浅い赤ちゃんよりもママ都合で移動楽を叶えるに特化したものをあえてこのB形へ組み入れることにした。

そして驚くことなかれ。
このブログ独自の新基準=TB基準では「C形」も提案したい。

B形ベビーカー(生後6ヶ月ごろから~生後18ヶ月までに機能価値大)
C形ベビーカー(生後18ヶ月以上からベビーカー卒業までに機能価値大)

1位:バガブー バタフライ

バタフライのハンドルアーチ

もっと軽いコンパクトタイプがいい。B形なら確かに他社のものと比べて重い。そんな意見は多いし、私もそう感じる。けれどバタフライはどちらかというと非常にA形に近いB形ベビーカーだと私は思う。シートの性能・リクライニング角度はベビーシート級だと言いたい。大事なものを支えるコンパクトは堅牢であるべきだ。

管理人パパ

バタフライは軽快さよりも安定感。2歳超えたら軽々と雑にも扱えるリベル(C形)に乗り換えていいとも思っている。

2位:サイベックス コヤ

CYBEX Coya 表参道で撮影

コヤの車輪はミオスよりも断然小ぶりだ。けれど走破性はどうだったか?3cm以下の段差ならヌルヌルポンッ!と越えていく。その力はミオスに負けじと劣らずだった。子どもの体重がまだ軽い2歳までの軽量タイプなら断然候補にいれていいコンパクトだ。

月齢浅時期の高級コンパクト
管理人パパ

2~3歳頃の押しやすさではリベルやオルフェオが有利に逆転するからその時はコンパクト to コンパクトで乗り換えちゃってもいい。

3位:ストッケ ヨーヨー2 6+

ベビーゼン ヨーヨー2

YOYOで後悔しないためのポイントは、本体に無い機能(公式バンパーバーや小ぶりな荷物かご)は時期や場面に応じたアクセサリー使いでカバーしようという柔軟な思考。YOYOは「ママの階段移動ストレス」を最小限に抑えてくれる。

肩がけしやすい
管理人パパ

8月7日にリニューアルモデル(YOYO3)が発売される

新生児におすすめ(コット)

グランパパのギフト

欧州だとコット(バシネット)利用が基本!

しかし、コットが装着できるタイプは折り畳みで困ります。

かさばるし、小さくならないのです。

日本の交通事情では周りに迷惑がかからないよう小さく(薄く)折り畳めることが暗黙の了解としてあったと思われます。

それを理由にこれまで普及してきませんでした。

しかし、これからはどうでしょう?

国土交通省のお達しの元、鉄道・バス会社も「折り畳まずに乗ってええよ~」を公にうたっています。

なら、それに甘えましょう。

次の子育て世代の下地となる文化を作ってあげましょう。

管理人パパ

月齢の浅い、とくに生後6ヶ月までの赤ちゃんの乗車ではこちらのタイプを強くおすすめします。

豆知識:A形って新生児に対応してなかったの!?

国内ベビーカーの製品安全基準がSG基準
SG基準では新生児OKは謳われていない
生後28日(新生児期)以降からとある。
コンビやアップリカやピジョンのベビーカーを見てみるとA形はどれも「生後1ヶ月~」と書かれであるのだ。
けれど、「新生児~」と書かれてあるものも我々はよく目にする。

おかしくないか?

調べてみたら以下の理由によるみたい。

  • 国内以外の基準に準拠した海外ブランドのものである(例:欧州 EN基準)
  • 販売店がやっちゃってるだけ(小売担当者の知識不足で生後1ヶ月と新生児を混同)

もしくは裏技的に「ベビーシートを装着すれば(トラベルシステム)、新生児にも対応しているんだけどもね、、」を当たり前に売り文句にしているような商品ぐらいだろう。

ややこしい話はこれぐらいにして、この2つだけ覚えておくことにする。

  • 国内メーカーのベビーカーには単体で新生児に対応したA形はない
  • 海外メーカーのベビーカーの中にはコットが装着できるタイプに新生児対応がある

日本では少ないフラットに寝かせられるコットの利用。
それを条件に生後28日未満(新生児)でもベビーカーに乗せられるちゅうことやね。

それだけ新生児というものはデリケートだし、ママも赤ちゃんも安静が一番ということ。
「どうしても・・・」という場合は特に欧州系のブランド商品に頼りたい。

というわけで、私は新生児から「どうしても・・・」のベビーカー利用を叶えたいならコットが装着できるタイプがいい。

管理人パパ

機能性の面からバガブーを高く評価しているけれど他メーカーに対して相対的に大きめだし、高価で悔しい以外にこれがベストマッチとなる人も少ないとは思っている。バガブーは何がなんでも最高を目指す一握りの人のためのブランドかもなと最近は思っているよ。

俗世を離れて完全に子育てに集中したいなら

1位:バガブー フォックス5

[Bugaboo] フォックス3

横幅60cmで大きい改札しか通れない。重量も10kgを超えるので地下鉄など階段が多い場面では苦労必至。しかし生後6ヶ月までの最高の話をしているのだ。そこまで広い行動半径を前提にしなくてよいのだろう。

管理人パパ

フォックスのコットは最高性能。コットからシートに変更したあとも高いシート座面高とソフトな乗り心地に子どもが「ニヤッ」としてくれた。あ~、子どもってわかるんだなって感じたよ。かけがいのない時間を目一杯あじわいつくしたい人に。

とはいえ都会でも移動も叶えたい…という人には

1位:バガブー ドラゴンフライ+コット(別売)

【レビュー】バガブー ドラゴンフライの口コミ(メリット・デメリット)

横幅52cmで改札余裕
座面高は52cmでハイシートタイプ

管理人パパ

こちらはフォックスよりもずっとスリムで都心部でも使いやすくなったタイプ。フォックスと違ってコットが標準装備ではないので、合計すると結局フォックスと同じ…というマジックはあるけど、移動のバリエーションはぐっと増える。

¥42,900 (2024/07/20 01:45:51時点 楽天市場調べ-詳細)
豆知識:コットってバガブーしか取り扱いがないの!?

そんなことはない。国内で流通しているベビーカーの中でコット装着可のものは26機種ほどある。世界全体でみると少なくとも41機種を確認できている。その全てを比較調査した結果、英国王室にも御用達となったバガブーを選ぶのが正解だと確信しているのだ。ここでその他のセレブの名前を出すのは野暮なのでやめておきたい。

  • ブランドとしての信用(標準保証期間の長さや安全基準以上の社内基準)
  • 新生児適性の高い仕様(例:ハイシートや外殻の強度および通気性)
  • 母体に負担をかけない(走行性が高く、杖の代わりになるかの安定感)

コットを装着できるからOK!ではない。
この時期の最高のサポートを母子両面から叶えてくれるのが、医師も共同創業者として名を連ねたバガブーの魅力。

C形ベビーカーのおすすめ

iマイクロベビー廃盤(左)Jeep アドベンチャー(中)リベル(右)

C形=持っていこうか迷う時期にもあると嬉しい

C形とはつまり幼児期後半の2歳から卒業にかけての、体重が増し増し、乗り降りも増し増し、「ベビーカー必要?一応持っていこうか?」に応えてくれるベビーカーたちのことだ。

つまり念の為持って出かけても邪魔にならない&負担が少ない or 空で押すは羽目になってもそれなりに機能する(キャリーワゴンがわり、、)ものたち。

いろいろあるけれど、いまは一択でいいでしょう。

1位:サイベックス リベル

カフェで撮影したサイベックス リベル

数年前までこのカテゴリーはJ is for Jeepのバギーが独占していた。そこに割って入るどころか今やAB形としても期待されているビッグなコンパクト。説明は野暮になります。

管理人パパ

生後6ヶ月から使ってももちろん良いけどね。幼児期後半にもパワフルを強調したかった。

安いけど必要機能が揃ったベビーカー

4万円以下で買えるベビーカー選びのポイント

昨今の平均的なA形ベビーカー購入予算は5~7万円だと見るが、以下のキーワードを外して考えれば意外にも4万円以下で普通に使えてしまうものもある。

  • 最新
  • ロングライド(例:4歳まで利用可)
  • 有名ブランド(例:芸能人御用達)

初子だとすべてのアイテムをまんべんなく買い揃えなければならないよね。

チリツモで巨額の出費に悲鳴をあげたくなる産後すぐの時期。

そんな境遇に懐に優しく、レンタルするよりも安いとくればチェックしないわけにはいくまい。

管理人パパ

親戚をかき集めましょう。

RISU

ご友人へ。出産祝いはあげた感の高いベビーカーなど現物よりも現金かギフト券が嬉しいみたいですよ!

地雷ポイント

安ければ安いほどいい。
そんな基準で安易にベビーカーを選ぶ親をわたしは(幸運にも)まだ知らない。

けれど性善説で生きているのか、あまりにもメーカーの売り文句を信じすぎる人は結果的に安易なベビーカー選びで子どもをリスクにさらしてしまうので以下に注意して欲しい。

  • 安全基準について明確な記載が無いものは買うな
  • リコール対象になっているものを掴まされるな
  • 保証期間の記載なし・6ヶ月未満のものに注意せよ

怪しい国の怪しいモデルは独自の安全基準を記載していたり(意味あるのか??)、初心者には見分けがつきにくい表記が紛れていることが多いので注意して(気をつけていても分からんかも)。

ということで、私が実際に見て押して確かめて、この値段で買えるならこれもまた正解かっ(あっさり)、と思えたものを以下にまとめておいた。

1位:アップリカ ラクーナクッションの型落ちモデル

アップリカ ラクーナ(ビッテ)クッション ACの口コミ(メリット・デメリット)

4月・5月は国内メーカーの主要モデルがリニューアルで入れ替わる時期。A形両対面式タイプで考えていて、でもレンタルだと型式が古く今っぽく見えなかったり、新製品は割高で・・・と心配な人におすすめのモデルがある。それが2年前の最新モデルを手に入れるということ。機能面では最新モデルと比べても遜色なし。「対面式は絶対!」な人で、でもセカンドベビーカー(リベルとか)も絶対必要になるよな、、と多台持ちを見据えて賢く予算分散できる人のための一台。

2022年モデルが狙い目
2位以下のノミネート(すべてA形)

まとめ

子どもの段階的な成長を考えると、そして押し手と歩む行動半径の広がりを考えると、発育や親子の成長ステージに合わせたベビーカーの乗り換えが双方にもっとも楽になる。

AB形という後付で「これ一台でずっと大丈夫!」の謳い文句を半ば信じていない。
どちらにも効くというものはなく、それぞれの時期にちょっとずつなにかを我慢している。

さらにAとBの境界は「月齢の浅い赤ちゃん」か「背に腹は変えられない親子の移動」のどちらを優先するか程度の違いしかないため、ここではっきりとラインを引くと後で困ったことになりかねない。

子ども靴でもどんどん変わる靴のサイズ。
もったいないと感じちゃうけれど、安くてもベストなサイズを都度選んであげたい。
それが歩くの楽しいね!につながるなら。

そんな歩くの楽しいね!はママ・パパにとっても同じで、それぞれも大事なはずだから。

それは子どもにとってからしても。
親の笑顔は子どもの幸せ。

2024年7月15日更新

\ 乳児期(1歳まで)に特にうれしい /

A型ベビーカーのおすすめランキング

1位 サイベックス メリオ

評価したポイント

初子を授かったら「ハイシート」で「対面式」の構図に憧れる人は多い。素敵な光景だし、なにより赤ちゃんにとっても安心だろう。しかし、俗に言うA形は乳児期のサイズ感に特化したものの方が売れる。私の経験上、それでも段差で衝撃の少ない走破性の高いものがおすすめだがサイベックスならセカンドベビーカーとの2台持ちで「軽さも走行性も」を叶えられるので今はメリオを1位に挙げた。

\ 新生児からベビーカー卒業までカバー /

AB型ベビーカーのおすすめランキング

1位 バガブー ビー6

評価したポイント

以前は存在したこのカテゴリー。現在は「A形ベビーカー」のカテゴリーに内包される。しかしAB形と記載する場合は特に「B形時期(幼児期)」にもタフに使える剛性の高いモデルを指したい。ビー6はバガブーのラインナップの中でもコンパクトサイズで日本人にも扱いやすい一台。持って重い、押して軽いベビーカーの代名詞。卒業まで使うなら乗り降りしやすい(低重心)は最大のメリットになる。

\ ライフスタイルや兄弟関係によって正解が様々の /

B型ベビーカーのおすすめランキング

1位 バガブー バタフライ

評価したポイント

SG基準では「安心しておすわりができる時期」とされる生後7ヶ月からの利用が目安だが、それはあくまでも乗せはじめてもいい時期(ベストではないがOK程度)。B形の本分はベビーカー卒業まで安心して任せられること。乳児期後半の不安定な姿勢をサポートし、幼児期の自発的な乗り降りにもちょうど良い足置きが備わったバタフライなら安心だ。

\ 細腕の妻を想う気持ちから重視されがちな /

軽量ベビーカーのおすすめランキング

1位 サイベックス メリオ カーボン

評価したポイント

ベビーカーに「軽さ」を求める人は両親や義理の親戚家族などから「重いのはやめとけ!」と散々に脅されてきた人だろう。それは間違ってはいない。ただし軽さだけを理由に選ぶと「押し心地」を見過ごしやすくなる。メリオは操舵感よくデザインにも満足できる一台だが、このカテゴリーを真面目に探した人なら当然行き着く結論なので都会では特にかぶりやすくなる。

\ 側に構えてうっとりしたい毎日に /

おしゃれなベビーカーのランキング

ハイファッション部門

1位 ストッケ YOYO® Bonpoint ベージュ

評価したポイント

おしゃれなベビーカーという言葉は暴力的だと思う。昨今、おしゃれじゃないベビーカーを狙って探すほうが難しい。つまり大体はおしゃれってわけだ。ならここでのお洒落は周りにインパクトを与える「ハイファッションな一台」を挙げたい。YOYOがタイアップしたラグジュアリーメゾン「ボンポワン」モデルが面白い。

都会的部門

1位 サイベックス ミオス

評価したポイント

何をもって都会的とするかは難しい。都心の複雑な地下鉄構内(階段多し)でも困らない?段差はない前提で考える?いろいろあるが今回は見た目にこだわった。つまり都会的な景色に似合うか?の視点である。本当の都会人は人混みや階段との付き合い方を知っている。エレベーターの位置も賢く把握している。アプリにも頼る。ミオスは対面式モードでは折り畳めない。出先で困る?いや、北青山に住んでいるから大丈夫。

コンパクト部門

1位 サイベックス コヤ

評価したポイント

「お洒落でコンパクト」にも様々あるが、コンパクトの真髄は「長い階段でも困らない」にあると思っている。そんな時、肩がけできるショルダーストラップがあると便利。そして肩に食い込まないほどの軽さとソフトパッドの工夫が備わっているといい。コヤとYOYOは折りたたみ動作から肩がけまでがスムーズ。

\ メインと極端に違う「サブ機」選びがおすすめ /

セカンドベビーカーのランキング

1位 サイベックス リベル 2024

評価したポイント

セカンドベビーカーの本分は「脇に構えて良し」だと思う。ファーストベビーカーがあってこそのセカンドベビーカー。ならば一台目とは違う機動力にこだわりたい。価格帯は様々。一台目のそれと同等で選んでもいいし、サブ機として価格をぐっと抑えたものでも正解。メリオならリベルが、プリアム/ミオスならコヤがいい。

\ サブ機の購入や乗り換えを視野にいれるなら /

安いけど良いベビーカーのランキング

1位 ラクーナ クッション AF(2023)

評価したポイント

A形・B形を玉石混交としたランキングを掲載しているメディアはハッキリ言ってモグリだと思う。機能が削ぎ落とされたB形がA形より安くなる傾向にあるのは当たり前。ここでは「安くても使えるA形ベビーカー」を選んだ。主なポイントは2つ。「型落ちを狙う(1年前の最新作)」「東南アジア市場に強いブランド(Joie)を選ぶ」だ。気をつけないといけないのは廃番商品はスルーすること。処分価格に飛びつくなかれ。

\ 半年借りて3万円なら買ったほうがお得 /

レンタルする?ベビーカーランキング

1位 Joie スマバギ4WD

評価したポイント

「出産までバタバタで結局ベビーカー決められなかった~!」と産後大慌てになっていませんか(笑)?大丈夫です。それ普通です。なにも悪くないのですが、そこで焦って「レンタル=節約」と前のめりにならないで欲しいのです。レンタルサービスは数多くあります。ですが「せめて腰づわりまで借りたい(B型時期まで)」としても3万円は下りません。しかも古い型番商品も多いです。ならば3万円程度で買えてしまうレンタル相当の商品を買ってしまうのもいい。両対面式なら乳児期に嬉しく、背面式なら超コンパクトやワイルドな走行性を求められるでしょう。

\ カテゴリー別プレステージブランド /

高級ベビーカーの信頼ランキング

1位 バガブー フォックス 5

評価したポイント

ここは正直迷った。ハイファッション系の高級は別のランキングにまとめたのでここでは「ブランドの格」を優先して並べた。また価格帯として本来は10万円超えからを高級としたかったが、「実際生後7ヶ月までしか使えないのに10万円近い(doona)」や「コンパクトタイプなのに10万円相当(coya)」も高級の一分としてのバラエティを重視して配置した。「8万円は高級じゃない?」問題が世間を賑わせたがブランドは価格ではなくサポート力で評価すべき。交換パーツを単品売りしているなら信頼できる。

\ 平らに寝かせられるコットが基本 /

新生児向けのおすすめランキング

両対面式部門

1位 バガブー ドラゴンフライ

評価したポイント

日本小児科学会でも米国のそれに相当するAAPでも乳幼児突然死症候群のリスクを減らすために「新生児を平らな面で寝かせる」ことの有用性が示されている。月齢が浅いうちはリクライニングはできるだけフラットにが基本。この場合はコット利用がいい。カーシートよりもだ。この点でベビーカー開発の歴史の長い欧州ブランドが国内メーカーを圧倒するオプションを提供している。多くはコットを装着すると折り畳めなくなるのだがドラゴンフライはそれが可能だ。

¥35,599 (2024/07/20 03:28:12時点 楽天市場調べ-詳細)

コンパクト部門

1位 ストッケ YOYO2 + バシネット

評価したポイント

平らに寝かせるのが一番。とはいえお出かけの際はコンパクトになるものがよかったり、車での移動でまごつかないものがいい。その時、完全フラットを叶えるのが難しくなるがせめて子宮の中にいた時と同じ「Cカーブ」姿勢の角度を確保してあげたい。主にベビーシートと組み合わせて実現するそれをトラベルシステムと呼ぶがYOYO2ならフラット寝ができるコットでトラベルシステムが実現可能だ。

\ 対面・背面の切替タイプにあわせて選ぶ /

両対面式ベビーカーのランキング

ハンドル切替タイプ

1位 アップリカ ラクーナ クッション AG

評価したポイント

国内メーカーのお家芸であるハンドルで対面・背面を切り替えるタイプ。ここではオート4輪機能が付いた対面式でも背面式でも押し心地が変わらないものに限定してセレクトした。1位は2024年最新モデルのラクーナ クッション AG。2位以下は昨年や旧モデルのコスパ商品が占めた。予算に余裕を持ち、B型に備えたい。

シート切替タイプ

1位 マキシコシ レオナ2

評価したポイント

海外ブランドに多いシート付け替えで切り替えるタイプ。このタイプの最大のメリットは前輪と後輪の関係が固定されているため走行性を高めるためのフレーム設計が最適化されやすいこと。また両対面式というからには対面・両面のどちらからでも折り畳める必要性を求めた。次に折りたたみ後のコンパクトさと軽さと走行性といった価値のバラエティを用意した。レオナ2は折りたたみ後はコンパクトでありながらも走行性はパワフル。男性でも満足できるタイプになる。

\ ハンドル高さと足元空間を確保せよ /

高身長向けのおすすめランキング

1位 サイベックス ガゼル S

評価したポイント

10年以上ベビーカーブログを続けてきて、購入相談を受付開始した数年前から今で大きく変化を感じているのが「押し手のメインにパパも」という声が増えたこと。男性の育休が取りやすくなってきたことや、リモートワークの影響だと思う。こんな時、嬉しい悩みが「夫婦にとって押しやすいサイズ感」を見極めること。大きければママは使いにくいし、小さければパパの長い脚がつっかえる。決め手はハンドルの高さ調節ができるタイプ。身長別シートを用意しているので参考に。

\ 小柄でも華奢と腕力自慢で正解が異なる /

低身長向けのおすすめランキング

1位 コンビ スゴカルminimo plus

評価したポイント

小柄なママって可愛いよね。男性でも筋肉質なアスリートや経営者に小柄な方が多い。国内メーカーのベビーカーの多くが日本人女性の平均身長をモデルに設計されていると思われる。軽くて、華奢で、線が細いイメージの。けれどその枠に収まらない人もいる。良く聞くのが「腕力に自信があります!」なママたち。小柄を侮るなかれ。どんなタイプでも押しやすいバラエティを用意した。

\ 剛性が高く長く乗れるベビーカーなら /

4歳・5歳向けのおすすめランキング

1位 Baby Jogger® City Mini® GT2

評価したポイント

確かにここにコスパの高いリベルやバギータイプのJeep アドベンチャーを入れることもできた。しかし私はこのランキングを求める別の層のニーズにも応えたい。それは5歳が乗っていても大丈夫に見えるもの。または福祉バギーとして利用したい人に向けて。耐久性が高く、丈夫な押し心地を前提に、幌天井が高く、背もたれも十分な長さがあり、膝下が窮屈になりづらいものだ。