メニュー
ページ
 楽天お買い物マラソンにエントリー 

【レビュー】リッチェル ノシェルの口コミ(メリット・デメリット)

リッチェル ノシェルの個人レビュー

この記事は購入相談実績100件以上、100台以上のベビーカーを押し比べた管理人パパ(ベビーカージャーナリスト)がお届けしています。

目次

オート4キャスでないが、両対面式で価格にこだわる人には型落ちモデルがお買い得でおすすめ。

リッチェルの販売終了商品の両対面式ベビーカー『ノシェル』。

名前から想像がつくように「荷物を乗せる(のしぇる)」で大容量(26リットル)バスケットが特長のベビーカー。

オート4キャス機能がないので、背面式時は走行性能に問題はなかったが、対面式時は押しにくさが感じられる。

一般ユーザーのレビューはこちら
楽天のレビューはこちら

一番の特長の大容量バスケットは魅力だが、今ならグレコのシティゴーなどがより軽量でさらに大容量のモデルをリリースしているので、価格が2万円以下なら検討の余地は無かったが、最近は在庫処分価格で販売されているので2014~2015年頃のしっかりベビーカーをお安く買えるという意味では再注目しても良いベビーカー。

良いと感じた点

  • モデルによっては在庫処分価格で安い(44,000円→15,000円以下)

気になった点

  • このクラスのベビーカーとしてはもはや軽量ではない(5.8kg)
  • 押し心地は各メーカーの同カテゴリの最新モデルと較べて劣る

ライバル車種たち

両対面式で大容量バスケットということでシンプルに。


価格40,000円 + 税
対象1カ月頃〜36カ月頃
重量5.8kg
横幅47.5cm
ハンドル高104cm
リクライニング角度110°~150°
公式サイトhttps://www.richell.co.jp/abolition/detail/310/020272
このベビーカーの満足度レビュー
3.2
  • 押しやすさ
    (3)
  • 機能性
    (3)
  • 携帯性
    (3)
  • デザイン
    (3)
  • 価格
    (4)

リッチェルの最安値·安心の購入術

ここがポイント

  • リッチェルはプラスチック製品の日本の製造・販売メーカー。樹脂工業が創業のルーツ
  • ベビー用品のカテゴリーでは哺乳瓶やベビーバス、おまる等、痒いところに手が届く日用アイテムで馴染みが深い
  • 国内に直営店はなく、リッチェルのベビーカーは同社の公式ウェブショップまたは下記の楽天テナント(公式店含む)かAmazonにて購入できる
  • 公式ウェブショップでは購入商品代金の5%分がポイントとして付与されるが、販売価格が低いまたはポイント還元率が高いのは楽天テナントやAmazonになる

下記はいずれもショップレビュー検査済み店舗です。

私がお得&安全と考えるショップ

リッチェル ノシェルの個人レビュー

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

運営者情報

東京ベビーカーとは、2012年7月にめでたく第一子(2015年11月に第二子、2020年9月に第三子)を授かった40代パパが息抜きでたまに本気出して書く、パパ目線でのモノ選びを中心に紹介するブログ。国内・海外のベビーカーを100台以上押し比べた実績が評価されて、晋遊舎から出版の『ベビー用品完全ガイド』にも以前出演させていただきました。
» 誰に向けて書いているの?

目次
目次
閉じる