100台を押し比べたパパの総合ランキング »

サイベックス MELIO(メリオ)の口コミ(メリット・デメリット)

サイベックス MELIO(メリオ)
(3.5)

見た目に反して圧倒的に軽いカーボンフレーム。
甘くないテイストの対面式を探していた人に◎

このところサイベックスから新モデルのリリースが続いています。

2020年に初頭にリニューアルされたばかりの『EEZY S2(エスツー)』、そして今月は廃盤になった『EEZY S Twist』に代わる、しかし上位機種の『MIOS(ミオス)』を凌駕する洗練された印象と機能を持つこの『MELIO(メリオ)』です。

書いていて、何がなにかわからなくなります。。

国内をはじめ、インバウンドでも人気が高まりつつあるサイベックス社から発売されているベビーカーの中で、新生児から対面式で利用可能なラインナップには様々ありますが、おそらくわけがわからなくなっている人もいると思うので、私からはシンプルに決め手だけお話します。

特徴は?

  • 片手で簡単に展開が可能
  • シート付け替えで対面・背面式を切り替え
  • メッシュシート採用
  • 直径16cmの大径シングルホイール
  • 全輪ボールベアリング&サスペンション搭載
  • トラベルシステム対応
  • 本体横幅は改札も余裕の50cm
  • 折りたたみはコンパクトな三つ折りタイプ

こんな人に向いていると思う

  • ベビーカーは対面式も背面式も両方使いたい
  • 段差につまづきたくない・ストレスは嫌・スイスイ走行したい
  • 利用エリアに石畳がある
  • 女性っぽいデザインの両対面式には抵抗がある(パパ)。押している自分をイメージできない
  • 腕力には自信があるけども、妻も押すことだしできるだけ機能的でありながらも軽いベビーカーがいい
  • 車の利用も予定しており、できればコンパクトになるものが良い
管理人
管理人

最近、イージーS ツイスト2が発売予告され、サイベックスの両対面式ラインナップが正式に4種類(PRIAM/MIOS/MELIO/Eezy S Twist2)になりました。このメリオはイージーS Twist2よりも段差に強く軽いながら、荷物かごも大容量な点が特長ですが、一番の魅力は段差超えに強い、石畳に強い(MIOSに次いで)点でしょう。

ここがポイント

上記を基準に考えると同じCYBEXブランドの中では下記と比較することになります。

実際は、MIOSとの一騎打ちです。

MIOS(ミオス)MELIO(メリオ)
価格△ 9万円台◯ 6万円台
重量✕ 9.8kg5.8kg
アルミフレームは6.1kg
折り畳み✕ 対面時不可◯ 対面時OK
対象年齢◯ 4歳頃(22kg迄)△ 3歳頃(15kg迄)
質感◎ レザーハンドル等△ ハンドルはウレタン
付属品◎ レインカバー等✕ レインカバー無し

ということで、「最新モデルなんだからMELIO(メリオ)で決まり!」と簡単な決断で良ければ楽なのですが、そこはしっかりと最上位カテゴリーのベビーカーに相応しい質感と装備で差別化が図られています。

結局、決め手は?

シンプルに結論を言うと、

MELIOの質感にどうしても許せない部分が無い限りはMELIO(メリオ)が便利。
実際、MIOSが長く乗れるとはいえ、4歳までベビーカーに乗っていたらそれはもうなんというか、、アウトに近い感じだと思います。

実際に押し比べた感触としてはほぼ互角。メリオは1年以上も後発(最新)ということもあって全体的にバランスがより良く進化している印象を受けています。

シート下カゴも大きいし、MIOSと違って対面状態でもそのまま折り畳めますし。

ハンドルの質感(ミオスはレザー調、メリオはウレタン)を指摘されるレビューもたまに見かけますが、2つを並べても高級感に大きな差を感じるほどではありません。意外にもシート幅のゆとりはMELIOの方があります。

最近はハンドルを気にされている人向けに、こんなメルカリ商品もあるみたいです。

サイベックス MELIO(メリオ)

価格63,000円 + 税
対象1ヶ月~3歳頃(15kgまで)
重量5.8kg
横幅50cm
ハンドル高96.5cm~107cm
公式サイトhttps://cybex-online.com/ja-jp/strollers/meliocarbon-jp

カーボンフレームモデル

アルミフレームモデル

カーボンとアルミフレームモデルの違いは?

カーボンフレームアルミフレーム
価格¥69,300(税込)¥61,600(税込)
重量5.8kg6.2kg
カラーディープブラック
ソーホーグレー
ディープブラック
ソーホーグレー
ネイビーブルー
マグノリアピンク
クラシックベージュ

大きな違いは価格。

アルミフレームの方が8,000円ほど安くなっています。
その分、重量が400g増えていますが大した違いではないでしょう。

むしろカーボンフレームは、「サイズ感の割に(MIOSと比較して)軽すぎて不安に感じる…」というレビューも多く見られるほど軽さを感じます。

アルミフレームがカーボンに負けているということではなく、あえてこちらを選ぶという選択肢も十分に納得できるものです。

さらにカラーバリエーションもアルミフレームの方がシートカラーが3色ほど展開が豊富になっており、落ち着いた色味とアルミのコンビネーションがクラシックな印象を引き立てています。

管理人
管理人

個人的には違いがはっきりわかりやすいネイビーブルーが好み

販売代理店のレビュー

こちらの代理店さんによるレビュー内容もわかりやすくておすすめです。

View this post on Instagram

. 店頭でもお問い合わせの多い 〈MELIO〉と〈MIOS〉の違い . 写真は全て、 〈左がMELIO CARBON〉〈右がMIOS〉です。 . まず大きな違いは【本体の重さ】です。 MELIO CARBON /5.8kg、 MIOS/9.8kg カーボン素材を使用することでより軽くて丈夫に仕上がっています。 . 【耐荷重】 MELIOは15kgまで、MIOSは22kgまでとなり、 MIOSの方がより長くお使いいただけます。 . 【折り畳み:写真②枚目】 折り畳みサイズはほとんど変わりませんが、 MELIOはシートがどちらの向きでも折り畳み可能 MIOSは背面の時のみ折りたたみ可能となります。 . 【シート:写真③枚目】 どちらも付属でシートインレイがついています。 さらにシートインレイを外すと 全面メッシュシートなので夏も通気性◎ . 【荷物入れ:写真④枚目】 荷物入れはどちらも5kgまで収納可能ですが、 スペースは断然MELIOの方が広く大きな荷物もたっぷり収納できます。 . 【フットレスト:写真⑤枚目】 フットレストの角度はどちらも3段階調整可能 MIOSは足を置けるような形になっています。 . 【キャノピー:写真⑥枚目】 写真はリクライニングを1番起こした状態で キャノピーを最大限に伸ばしています。 MELIOはスナップボタンで、 MIOSはファスナーで長さの調整ができます。 . 【タイヤ:写真⑦枚目】 タイヤのサイズはMELIOの方が若干大きいです。 MELIOは後輪にサスペンション、 前輪に衝撃吸収エラストマー、 MIOSは4輪全てにサスペンションがあるので、 振動への強さはMIOSの方がおすすめです。 . 【バーの素材:写真⑧⑨枚目】 フロントバー、ハンドルバー共に MIOSはレザーライクなのでより高級感があり 劣化も気にならず長くお使いいただけます。 . MELIOはより軽くて機能的なものをお探しの方におすすめ! MIOSは走行性やデサイン性重視の方におすすめ! MIOSはフレームカラーも選べるので カラーによって印象もとても変わります。 . ベビーカー選び、とっても迷われると思いますが 是非ご納得のいくものをお選びください(^^) 店頭スタッフもお客様のライフスタイルや好みに合わせて 一緒にお手伝いさせていただきますので 気軽にお声がけください! . #blossom39 #ブロッサム39 #cybex #サイベックス #cybexmios #cybexmeliocarbon #cybexmelio #ミオス #メリオ #ベビーカー選び #赤ちゃんのいる生活

A post shared by blossom39_official (@blossom39_official) on

ライバル候補は?

サイベックスのMIOSはもちろんそうなんだけれども、この重量の差は別カテゴリー扱いしてあげたほうが良さそうです。

すると、サイベックス メリオの特徴である、

  • 高級感
  • 6kg前後と持てなくはない軽量
  • 両対面式

を切り出して、比較検討するに値するライバルは以下のとおりとなります。

ラクーナ ビッテ クッション アカチャンホンポ限定モデル

アカチャンホンポ限定のビッテだけ「ハンドル高さ可変」という設定になっています。

Joie スマバギ4WD シグネチャー
¥29,770 (2020/10/01 11:51:05時点 楽天市場調べ-詳細)
最安値(ポイント還元含む)× ショップレビュー評価済み店舗

重量はほぼ同じ。国内ブランドのような過剰なサポート能力はないものの、機能と価格の揃ったハイコスパ商品でありながら高級感も漂う。

doona インファントカーシート

ベビーシートとベビーカーが一体型になっているモデル。都心居住者で車移動も少なくないならば、サイベックスよりも第一オプションになる可能性もある。
ただし、1歳半ぐらいまでと利用期間は限定されます。


ということで、意外にもライバルにbugabooもSTOKKEもBABYZEN他海外のオシャレブランドが出てこないわけです。

追記(2020/08/21)

サイベックスから両対面式ベビーカー「Cybex EEZY S Twist」のリニューアルモデル(Twist 2)が新発売されます。

価格帯としては、メリオのライバルになりますが、悪路走行ではそれでもまだメリオに分があります。

一つ、この両者の見極めポイントとしては、「タイヤの大きさ」があります。

ミオスやメリオではタイヤ径が大きくなる分、段差も乗り越えやすいです。
一方、ツイスト2の場合は、タイヤ径も小さく、全体的にシート高もハンドル高も低めに設定されていて、都会の舗装された道路での取り回しに特化したイメージです。

走行性・ハンドルの重厚感すべてをもとめる人は、少し割高でもMIOSを

MIOSとTwistの間でバランスを考え、下カゴの容量の優位を重視するならメリオを

都会での利用が前提で、取り回しの楽を重視で考えるならTwist2が

あなたにピッタリな候補になるでしょうね。

じっくり検討してみてください。

このベビーカーの満足度レビュー
3.5
  • 押しやすさ
    (3.5)
  • 機能性
    (4)
  • 携帯性
    (3.5)
  • デザイン
    (3.5)
  • 価格
    (3)