100台を押し比べたパパの総合評価 »

Joie ライトトラックス エアの口コミ(メリット・デメリット)

Joie ライトトラックス エアの個人レビュー
(3.1)

価格29,800円 + 税
対象生後1ヶ月~15kg(36ヶ月頃)まで
重量9.3kg
横幅54cm
ハンドル高103cm
公式サイトhttps://www.katoji.co.jp/products-detail_2918.html
最安値・安心ショップAmazon
(9,194円OFF+236ポイント還元)

解説

Joie(ジョイー)三輪ベビーカーがこの『ライトトラックス エア』。

エアバギーに続いて発売のグレコのシティトレックが2014年、アップリカのスムーヴが2015年、そしてこのベビーカーの登場が2016年でした。

発売当時はこのエアというモデルが無く、前輪・後輪すべてがパンクレスタイヤだったので、三輪とはいえエアバギーと比べると月とスッポンの押しづらさ。

押し心地も悪かったので酷評レビューをしていたのですが、最新のこのエア付きモデルでは、前輪はパンクを防ぐためにやはりパンクレスタイヤですが、後輪はそれに差し替わりエアバギーと同様にエアタイヤが採用されるに至っています。

押し心地もこれで大きく改善されました。

エアバギーとの違いは?

  • 重量・横幅・シート高はエアバギーとほぼ同じ
  • 押し心地はエアバギーに軍配
  • ブレーキはフットブレーキのみでエアバギーに軍配
  • 価格はライトトラックスに軍配(1/3程度の価格)

以上。

三輪ベビーカーを選ぶ理由というのは、一般的に「その押しやすさに感動した」からではないでしょうか?

エアバギーを押したら、もう他のベビーカーなんか押してられない!というぐらい、ある種の感動を覚えますよね。

逆に、押し心地が軽快でない三輪ベビーカーなんて必要あるのか?ということでもあります。

そこで、この三輪ベビーカーはどうかというと、発売当時からは改善されてきている印象を受けるものの、エアバギーには及ばないことを割り切って購入を検討すべきモデルだと感じました。

ただし、どの程度及ばないかというのは価格差ほどの違いはありません。

価格帯での競合はグレコのシティトレックでしょう。

スーパーへの買い物重視の使い方ではシティトレックを、それよりももう少しスタイリッシュさを求めるならばこのライトトラックスエアかスムーヴパルスキップを選ぶのがオススメです。

あと、シートの真ん中を持ち上げて折りたたむタイプからしても、ベビージョガーのcity mini(シティ ミニ)が本当のライバルなどだと思いますが、あちらは横幅が61.5cmと日本の生活シーンにはなかなか難しいベビーカーだと感じましたので(ハワイで触ってきました)競合候補に入れていません。

以上でした。

ぜひ、Joie社製品の販売代理店 カトージ直営店で押し比べてきてくださいね。
その際は、「三輪ベビーカーと同じぐらい押し心地いいぞ!」のJoieのツーリストもチェック!をお忘れなく。

このベビーカーの満足度レビュー
3.1
  • 押しやすさ
    (3.5)
  • 機能性
    (3)
  • 携帯性
    (2)
  • デザイン
    (3.5)
  • 価格
    (3.5)