メニュー
ページ
 ベビーカーのおすすめ商品 

【レビュー】ベビーホーム エモーションの口コミ(メリット・デメリット)

スペイン生まれのbabyhome Emotionを間近に見た メイン画像

この記事は購入相談実績100件以上、100台以上のベビーカーを押し比べた管理人パパ(ベビーカージャーナリスト)がお届けしています。

価格40,000円 + 税
対象生後3ヶ月〜~25kgまで
重量6.0kg
横幅46cm
ハンドル高97cm
リクライニング角度125°~150°(推定)
公式サイトhttps://youtu.be/uvg_1zOEI50
目次

解説

スペイン生まれのベビーカーメーカー、それがbabyhome(ベビーホーム)。
そして、こちらから最初にリリースされたベビーカーが、このemotion(エモーション)というモデル。

Tokyo Mom Diary店舗内のbabyhome 「Emotion」の画像

はじめてお目にかかったのは、2012年 代官山のラフェンテででした。
当時は国内メーカーでここまで洗練されたデザインのベビーカーはなく、かつ海外に目を向けてもゴツすぎるか日本での使い勝手には合わないものがほとんど。

そんな中、多分スペインという国は国民の平均身長でも若干日本にも近いところがあるからでしょう。

スケール感が我々にぴったりなのでした。

押し心地はとても良く、見た目はコンパクトなのに、車輪のサスペンションが秀逸でちょっとの段差は軽々でした。

ただ、折りたたみには難があり、シートセンター部分を持ち上げるタイプなので、片手でワンタッチでポン!という気軽さはありません。

自立しない・しにくいというのも、日本においては受け入れがたい点だったのかもしれません。

しかし、やっぱりデザインはとても良かった。
今見ても、古さを感じません。

とても7年前のデザインとは思えませんね。

今は、取り扱いがありません。

残念なことに、日本層販売代理店だったヤトミが撤退し、いや、メーカーの公式サイトが無くなっていることを見ると倒産または解散だったのかもしれませんが、国内では正規に買うことが難しくなっています。

もしかしたら、

国内の販売代理店からは公表されていない重大な瑕疵・欠陥があったか、当時のデザイナーの他メーカーへの引き抜きなどもあったのかもと思われます。それぐらい、emotionというモデルや、その後継モデルのvida(ヴィーダ)はデザインで一歩抜けていましたから。

まだ、買えるチャンスも。

代理店が国内での販売から撤退している今、買えるチャンスはその在庫一掃セールのみなのですが、これはこれで良いチャンスですよね。

残念ながらアフターサポートは多く望めないと思いますが、もし格安で買えるのであれば検討する余地はありそうです。

もしかしたら、歴史に名を残したベビーカーとして重宝される日が「いつか」来るかもしれません。

2010年のreddot design awardを受賞しているなど、当時最もヨーロッパで評価されていたベビーカーの一つでしたから。

ライバルは?

価格や使い勝手、そしてデザイン性からライバルを考えてみました。

hugme Z

まず一番は、そのデザインをまるごと受け継いだ?と思われるようなフレームデザインが酷似しているカトージのオリジナルベビーカー 『 hugme Z(ハグミー・ゼット)』。

¥49,280 (2022/09/24 16:50:19時点 楽天市場調べ-詳細)

価格帯も、横幅も、折りたたみ方もほとんど同じ。
babyhome emotionのクローンと言えなくもありません。

やはりフレームデザインがほぼ同じということでカッコよく、惹かれる部分がありますが、なんといってもカラーリングがもったいない・・・。

ブラックやシルバーのカラーモデルはいいとして、他のカラーバリエーションはもう少しなんとかならなかったのかと感じたのは、emotionのルージュ(赤)や先のパープルの発色を間近に見てきたからでしょうか。多分、高望みなだけですね。

国産メーカーには、こういった部分を大事に「色がいい!」ベビーカーを作ってもらいたいものです。

EEZY S

もうひとつのライバル車種は、サイベックスのEEZY S(イージーエス)

こちらも真ん中から折れる三つ折りタイプで、横幅もほぼ同じです。

ただし、価格がこちらは3万円と少しなので、新品を購入するのであればこれが一番買いやすいということになりそうです。

がっ

Joie ツーリスト

やっぱり、このあたりの大きさ、使い勝手でベビーカーを選ぶなら、Joieのツーリストを一度は検討した方がいいでしょう。

¥17,000 (2022/09/25 09:04:51時点 楽天市場調べ-詳細)

そもそも価格が2万円ジャスト程度だし、機能もほぼ同じかそれ以上。

国内の販売代理店が先のemotion酷似モデル(hugme Z)を取り扱うカトージ社からによるものなので、代理店契約または中国での製造委託契約などを経て、ベビーホームのemotionが進化してここに到達したという見方もできなくもありません。

書いていて、「あぁ、そういう流れがあったかもしれないな~」

「自分がなぜにこれほどまでにツーリストを良いと感じた理由が分かった。。」

と今朝は小さな感動を覚えたのでした。

さて、随分とemotionの話から遠ざかりましたが、

  • アフターサポートが必要が無くて
  • 手軽な価格で
  • 他の人と被らないデザイン性の高い

ベビーカーを望むなら、emotionオススメです。

このベビーカーの満足度レビュー
3.1
  • 押しやすさ
    (3.5)
  • 機能性
    (2.5)
  • 携帯性
    (3)
  • デザイン
    (4)
  • 価格
    (2.5)
スペイン生まれのbabyhome Emotionを間近に見た メイン画像

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

運営者情報

東京ベビーカーとは、2012年7月にめでたく第一子(2015年11月に第二子、2020年9月に第三子)を授かった40代パパが息抜きでたまに本気出して書く、パパ目線でのモノ選びを中心に紹介するブログ。国内・海外のベビーカーを100台以上押し比べた実績が評価されて、晋遊舎から出版の『ベビー用品完全ガイド』にも以前出演させていただきました。
» 誰に向けて書いているの?

目次