メニュー
ページ
 ベビーカーのおすすめ商品 

【レビュー】リッチェル カルガルー CT プラス/ファーストの口コミ(メリット・デメリット)

リッチェル カルガルー CT プラス/ファーストの個人レビュー

この記事は購入相談実績100件以上、100台以上のベビーカーを押し比べた管理人パパ(ベビーカージャーナリスト)がお届けしています。

目次

軽量B型ベビーカー(背面式)の中でもハンドルが意図的に高いものを選ぶ人に

リッチェルの軽量B型背面式ベビーカーがこのカルガルーシリーズ。
最新モデル(2019年)の型番がCTのシリーズは、

  • ファースト(生後1カ月頃から。シートカバー付属&ハイシート仕様)
  • プラス(生後7カ月頃からOK。シートカバー付属&ハイシート仕様)
  • 通常(生後7カ月頃からOK。)

の3モデルが用意されています。

特徴的なのがハンドルの高さがモデルによって変わっているところ。

ファースト(105.5cm)
プラス(103cm)
通常(101cm)

どうして?かはわかりませんが、このようなポップで軽量コンパクトになるベビーカーを求める女性にはいささかハンドル高さの設定が高めのように感じます。

特徴は?

  • 片手でワンタッチで折りたたみ可能で自立する
  • 軽量 2.8kg(通常モデル)~3.9kg(ファースト)
  • シートは簡単に取り外せて丸洗いOK

こんな人に向いていると思う

  • 対面式にこだわらない
  • 生後7ヵ月までベビーカーは使わずに抱っこひもで十分
  • 軽くてコンパクトなベビーカーがいい
  • バスや電車の移動も結構多い

長距離押し続けるよりも断続的に細々とベビーカーの利用が必要になる人向き。
都会をイメージしたユーザーを対象にしていると感じます。

ここがポイント

軽いベビーカーに対して共通して言えることですが、

  • ベビーカー本体が軽いことと「軽い押し心地」の実現は別問題
  • 大きくなったときに快適に乗り続けられるか

ベビーカーの利用前期(2歳頃まで)と後期(2歳から)ではフレームのきしみの感じ具合や押し心地の軽快さの感じ方が変わってきます。

軽いベビーカーを選ぶ覚悟として、ベビーカーからは早めに卒業できる育児方針を了解していたいです。

カルガルー CT

価格25,000円 + 税
対象生後7カ月頃〜36カ月頃
重量2.8kg
横幅44.5cm
ハンドル高101cm
リクライニング角度125°~155°
公式サイトhttps://www.richell.co.jp/shop/baby/detail/020701

カルガルー プラス CT

価格30,000円 + 税
対象生後7カ月頃〜36カ月頃
重量3.5kg
横幅46cm
ハンドル高103cm
リクライニング角度125°~155°
公式サイトhttps://www.richell.co.jp/shop/baby/detail/020701

カルガルー ファースト CT

価格33,000円 + 税
対象生後7カ月頃〜36カ月頃
重量3.9kg
横幅46cm
ハンドル高105cm
リクライニング角度123°~155°
公式サイトhttps://www.richell.co.jp/shop/baby/detail/020705

ライバルについて 私の考え方

背面式で4kg以下の軽量コンパクトなB型ベビーカーを候補にあげるなら、私は下記を挙げたいです。

コンビ F2plus

管理人パパ

生後1ヶ月から使えてリクライニング角度が深いメリットは嬉しいが、ハンドル位置が104cmと小柄な人には高め。

アップリカ マジカルエアークッション

管理人パパ

車輪にボールベアリングの機能は無く、操舵性に劣るが、その分をシートのクッション性でカバーし、走行性を高めようとしている。子どもの体重が増えてからが心配。

ピジョン Bingle(ビングル)

管理人パパ

シングルタイヤとボールベアリング機能を搭載し、操舵性でカルガルーを上回るが、ビングルには新生児向けモデルが無いためファーストを選ぶならビングルの検討は外して良い。

エンドー COOL KIDS CK

管理人パパ

重量がわずか2.8kg。ハンドル高さも92cmと小柄な方にはとても押しやすい位置にある。折りたたみ後は自立しないが、スティックタイプで場所をとらない点は評価できる。あくまでも簡易なセカンドバギーとしての限定利用が◎

4kgをオーバーするがB型ならこんな選択肢も

以下は「軽さ」だけを求めずに将来に渡っての「体重を増した子どもを乗せた時の走行性」を踏まえて検討した場合に候補に上がってくるモデルです。

Recaro イージーライフ

joie エアスキップ メッシュ シグネチャー

joie ツーリスト

joie エア リンクブレーキ付き

CBX Etu

CYBEX イージーS

gb ポキットプラス オールテレイン

J is for Jeep スポーツスタンダード

このベビーカーの満足度レビュー
3.1
  • 押しやすさ
    (3)
  • 機能性
    (3)
  • 携帯性
    (3.5)
  • デザイン
    (3)
  • 価格
    (3)

リッチェルの最安値·安心の購入術

ここがポイント

  • リッチェルはプラスチック製品の日本の製造・販売メーカー。樹脂工業が創業のルーツ
  • ベビー用品のカテゴリーでは哺乳瓶やベビーバス、おまる等、痒いところに手が届く日用アイテムで馴染みが深い
  • 国内に直営店はなく、リッチェルのベビーカーは同社の公式ウェブショップまたは下記の楽天テナント(公式店含む)かAmazonにて購入できる
  • 公式ウェブショップでは購入商品代金の5%分がポイントとして付与されるが、販売価格が低いまたはポイント還元率が高いのは楽天テナントやAmazonになる

下記はいずれもショップレビュー検査済み店舗です。

私がお得&安全と考えるショップ

リッチェル カルガルー CT プラス/ファーストの個人レビュー

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

運営者情報

東京ベビーカーとは、2012年7月にめでたく第一子(2015年11月に第二子、2020年9月に第三子)を授かった40代パパが息抜きでたまに本気出して書く、パパ目線でのモノ選びを中心に紹介するブログ。国内・海外のベビーカーを100台以上押し比べた実績が評価されて、晋遊舎から出版の『ベビー用品完全ガイド』にも以前出演させていただきました。
» 誰に向けて書いているの?

目次