メニュー

ベビーカーの人気ランキング

管理人パパ
ベビーカージャーナリスト
プロ・ベビーカーレビュアー。ベビーカーを10年間で100台以上押し比べてきた体験談を紹介。2022年からは年間100件の購入相談に応える。業界のトレンドや売り手の心理を先読みしたレビューが得意。雑誌のベビーカー特集監修等
おすすめのベビーカーをランキング

ジュールズ ハブプラスの後悔とおすすめポイント解説

ジュールズ HUB(ハブ)の個人レビュー
目次

ハブプラスの基本スペック

発売時期2021年1月
価格101,200円
ブランドジュールズ(オランダ)
タイプ両対面式(A形)
対象年齢生後1ヶ月〜4歳頃(22kg)まで
サイズ
幅×奥行×高さ
展開時:53×86-97×95-105cm
折畳時:53×31×63cm
重量11kg
荷物容量耐荷重最大5kgまで
ハンドル高96.5~106cm
座面高49cm
リクライニング101°~168°(3段階)
背もたれの長さ52cm
レッグレストあり(3段階)
バンパーバーあり
車輪サイズ前輪:15.5cm
後輪:25.5cm
サスペンション全輪
カラーブリリアントブラック

クラシックブルー

ゴージャスグレー
付属専用カーシートアダプター

専用レインカバー
オプションレインカバー

モスキートネット

カーシート アダプター

カップホルダー

ショッピングバッグ

エッセンシャルズ ブランケット

エッセンシャルズ ハニカムネスト
トラベルシステム
取得安全基準欧州安全性規格EN1888-2
保証期間2年間(購入後6ヶ月以内のユーザー登録で永久保証)
公式HPhttps://my-joolz.jp/hub-plus.html
¥3,300 (2024/06/12 18:47:16時点 楽天市場調べ-詳細)
¥14,300 (2024/06/12 21:44:21時点 楽天市場調べ-詳細)

解説

オランダ・アムステルダム発のおしゃれなベビーカー「JOOLZ」。
そのラインナップの中でもひときわスタイリッシュなのがこの「HUB(ハブ)」というモデル。

日本では、エアバギーを販売するメーカーの「GMPインターナショナル株式会社」が日本総代理店を務めている。

先日の代官山散歩で、こちらを少し触らせてもらってきたので評価したい。

競合は?

あたりでしょう。

しっかりめの重さ、しかし長く乗れる。
両対面式も楽しみたい。
コンパクトにはそこまでこだわらない。

そんなベビーカー探しにはこのあたりが。
あとは、子どもの座り姿勢を考えると好みが分かれるところ。
実際はスクートが一番その点はいいですが、なにぶん大きすぎると感じるかも。

実際に確かめてみたい人は、都内ではこちらのルートマップ情報が参考になります。

個人的な感想

発売のプレスリリースに掲載の写真だけを見ると、そのスケール感はちょうどよいように見えたが、実際に目の当たりにすると、まずヒトコトめが「デカッ!」。

おそらく、モデルの男性の身長が相当に高くて、このプロモーション画像を成り立たせているのだと思う。(推定モデル身長は188cm)

幅は改札を通り抜けできる53cmで良いものの、その高さと全長はやや日本人ばなれしている印象を受けた。

エアバギーよりもさらに一回り大きく感じるかもしれない。
ABCデザインのような。。

こうなってくると、デザインは素晴らしいものの、ユーザーは限られてくるはず。
都内での電車移動は大変だろうし、車にも積み下ろしにくい。

どんな人におすすめ?

どんな製品にもきっとそれがぴったりくるユーザーはいるはず。

この場合だと、上記のモデルのように、背の高いパパやママにぴったりな印象。
そして、デザイン性を重視する人に。

配色も大人びていて、とてもスタイリッシュ。
フットステップが小さいのは折りたたみを考えるとどうしようもなかったものと思われる。

たまにしか電車に乗らず、荷室の大きなマイカーを所有していて、人とは違った少しおしゃれなベビーカーが欲しい人に。

ジュールズの最安値·安心の購入術

ここがポイント

  • オランダブランドのジュールズ。エアバギーを製造・販売するGMPインターナショナルが2018年から日本総代理店を務めている
  • 直接試せる店舗はエアバギーの直営店か高島屋や伊勢丹など一部の百貨店、および中部地方に強い「Hello赤ちゃん」がある(販売店一覧
  • 公式サイトが存在するがストア機能は無く、エアバギー公式ストアがその代わりを担っているが定価販売。Amazonでの取り扱いはなく、通常は楽天市場内の下記人気テナントでの購入が価格メリットが高い

下記はいずれもショップレビュー検査済み店舗

管理人がお得&安全と判断したショップ

目次