メニュー
ページ
 楽天お買い物マラソンにエントリー 

【レビュー】Joie ミューズ ラックス トラベルシステムの口コミ(メリット・デメリット)

Joie ベビーカー Muze lxトラベルシステムの口コミ(メリット・デメリット)

この記事は購入相談実績100件以上、100台以上のベビーカーを押し比べた管理人パパ(ベビーカージャーナリスト)がお届けしています。

目次

実質2万円以下で買えるトラベルシステムなら

イギリスのベビー用品ブランド Joieから発売されている廉価なトラベルシステムが『mirus lx travel system(ミューズ ラックス トラベルシステム)』。

ベビーカーとおそろいのベビーシートがはじめからセットされているので、マイカーでの移動用にベビーシートを別途購入する必要もなく経済的。

Joie ベビーカーMUZE(ミューズ)トラベルシステム

価格27,000円 + 税
対象ベビーカー:1か月~15kg
ベビーシート:新生児~13kg
重量8.7kg
横幅55m
ハンドル高100cm
リクライニング角度105°/125°/145°/160°の4段階調節
公式サイトhttps://www.katoji.co.jp/products-detail_2489.html

メリット

  • 実質2万円でおつりがくる価格
  • サスペンションは最低限装備されている
  • 作りはしっかりしている

デメリット

  • ベビーカー重量8.7kgにベビーシート重量2.9kgを乗せて対面走行を楽しもうとすると圧倒的に不利な重さになる
  • 横幅が55cmは一般的な駅改札の通過がギリギリ
  • 通気性(通風性)が無いように見受けられる
管理人パパ
管理人パパ

価格なりの性能というところで割り切ろう。

どんな人にぴったりか?

  • とにかく今後どういう使い方をしていくか迷っているけれども、早くベビーカーを使いたい人で車を所有している
  • ベビーカーは1年使えればお下がりのセカンドバギーがあるので十分。二人目、三人目のファーストベビーカーとして慎重してあげたい人
  • バスや電車での移動がとにかく少ない人。(車社会のベッドタウンや田舎)

こちらも検討したいライバル車種

Joieブランド内で競合してしまうが、こちらは生後6ヶ月から使える対面式ベビーカーで、シートを追加購入すればトラベルシステムとして完成するタイプ。

価格はほぼ同じだが、横幅が47.5cmと改札通り抜けには余裕があるタイプ。

管理人パパ
管理人パパ

車のことを考えないでよければ、Joieのもう少し上のグレードの『Tourist(ツーリスト)』もおすすめです。

このベビーカーの満足度レビュー
3
  • 押しやすさ
    (3)
  • 機能性
    (2.5)
  • 携帯性
    (2.5)
  • デザイン
    (3)
  • 価格
    (4)

Joie(ジョイー)の最安値·安心の購入術

ここがポイント

  • Joieの国内総販売代理店はカトージが務めている
  • Joieの直営店舗は無く、カトージ直営店がそれに代わる役目を果たしている
  • 日本語にローカライズされた公式サイトが存在するが通販機能は無い。更新も遅れ気味なので最新情報はカトージのホームページから入手するのが早い
  • ネット通販はKATOJI Online Shopまたは楽天市場のカトージ直営店と他テナントおよびAmazonがある
  • ポイント還元率が高いのは楽天市場。特に楽天株式会社直営の楽天24 ベビー館があるが、SALEが開催される期間においてはkatoji-online shop楽天市場店が逆転するケースも見られるので両方をチェックしたい

下記はいずれもショップレビュー検査済み店舗です。

私がお得&安全と考えるショップ

Joie ベビーカー Muze lxトラベルシステムの口コミ(メリット・デメリット)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

運営者情報

東京ベビーカーとは、2012年7月にめでたく第一子(2015年11月に第二子、2020年9月に第三子)を授かった40代パパが息抜きでたまに本気出して書く、パパ目線でのモノ選びを中心に紹介するブログ。国内・海外のベビーカーを100台以上押し比べた実績が評価されて、晋遊舎から出版の『ベビー用品完全ガイド』にも以前出演させていただきました。
» 誰に向けて書いているの?

目次
目次
閉じる