メニュー
ページ

サイベックス リベルの口コミ(メリット・デメリット)

この記事は100台ベビーカーを押し比べた管理人パパがお届けしています。

目次

抱っこ紐で半年が過ぎた・・・(乗り切った…)
「今から高額のファーストベビーカーはもったいないのでは?」そんな時にも頼れる小柄ママの味方

過去にCybexを買収したグッドベビー(gb )ブランドの商品を焼き直したようなモデルが、Cybexブランドとしてリニューアル発売された。

その名は『Cybex Libelle(サイベックス リベル)』。

発売開始は2020年11月6日。

以前、海外の情報を受けてこのブログでも「国内で発売されるのでは?」と取り上げたことがあったが、したたかな売り方でグローバル発売に合わせて国内でも発売開始に至った。

あわせて読みたい
サイベックスから超コンパクトベビーカー『Libelle(リベレ)』が新登場 gb ポキット+の双子の兄弟。でもやっぱり「サイベックス」ブランドから出たら、そちらが欲しくなってしまう人に。 海外のサイベックス公式サイトにて、ベビーカーに新...

CYBEX LIBELLE

価格23,000円 + 税
対象一人すわりができる生後6ヶ月頃から4歳頃(22kg)まで
重量5.9kg
横幅52cm
ハンドル高最低98cm~最高104cm(持ち方によって調整可能なセパレート・スティックタイプ)
リクライニング角度110°~130°
公式サイトhttps://cybex-online.com/ja-jp/strollers/libelle
¥25,300 (2021/10/26 15:04:15時点 楽天市場調べ-詳細)
↑ クリックで付与されるポイント数をチェック
《 楽天で最安値&高ショップ評価のお店 》

こんなあなたにピッタリ

  • ステイホームでバス・電車を使っての遠出のお出かけが難しくなり行動半径が狭くなってストレス気味な人
  • カゴの大きな自転車を持っている・買おうと予定している人
  • 車での移動は週末だけで、平日は遠出できず退屈な人
  • 車(ポルシェなどのスポーツカー)のラッゲージスペースが小さいけれど、どうしてもベビーカーが必要な人
  • 飛行機での移動が多く、コンパクトなものが良いが、走行性も妥協したくない人
  • 理由があって、会社のロッカーにもベビーカーを一台据え置いておきたい人
  • わけがあってファーストベビーカーを買いそびれて半年以上立ってしまい、もしかして「B型で卒業できちゃう?」に少なくない期待を抱いている人
  • 兄弟や周りからのお下がりがあって、はじめはそれを使いながらも専用のものを買ってあげたい人
  • 軽量B型バギーでも多少背もたれのリクライニングが欲しい人

こんな人には向かない

  • 完全フラットで寝かせられるベビーカーが欲しい人
  • どうしても対面式でなければ嫌だという人

100台パパ(管理人)の「ここがポイント!」

今回のモデル発表で意外だったのがサイベックスが「23,000円」という低価格で発売したこと。これは、Cybexのセカンドブランドとも言える「gb(ジービー)」並である。

サイベックスというブランドに甘えず、しっかりとB型(セカンド)ベビーカーとしてのスイート価格帯に収めることで本気でこの市場を奪いに来ている印象を受けた。

これによって、割を食った感じなのが以前から発売されていた先のセカンドブランドのラインナップたち(以下)。

cybex
¥17,600 (2021/10/26 18:36:07時点 Amazon調べ-詳細)

今回の新モデル「リベル」よりも僅かながら軽量(200g~1kg)だが、「gbというセカンドブランドという位置づけ(この製品に関してはこっちがオリジナルだけれど)」であることからリベルよりも割高な印象になってしまった。

今後これらのモデルは2万円を切る価格帯まで値下がりしてもおかしくないと感じた。
そうなったら、あえてこちらを買っても良いのかもしれない。

ただ注意したいのが、今回の「gb POCKIT+ ALL-CITYをベースにした新モデル(リベル)」は上記と比べて進化した部分が2つあって、

  • ダブルタイヤでなく、シングルタイヤであること
  • リクライニング(2段階)に対応していること

これは大きな違いだと感じた。

押し心地、折り畳み性能について

後ろ姿はすっきりの印象。足元も意外に広々している。

実は、2021年春から我が家では三男に使っている。
三男のファーストベビーカーに用意したdoonaからこちらに乗り換え、セカンドベビーカーとして大活躍。

ちなみに無理やり5歳が乗ったらこうなるよ

DADWAYの店舗内で試したときは気が付かなかったが、通常の道路での走行性も意外に高かった。
一方、心配していたリクライニング角度についても状態を起こすと110°と十分にあり、倒すと130°ある。
これはセカンドベビーカーの中では立派な方だ(ちなみにSG基準では130°あれば月齢4か月もカバーできるとあるのでストローラーマット※でクッションの厚みを足せば4ヶ月からの利用が可能かも)。

※うちは7ヶ月から使ったのでマットは買い足さなかったけれど、月齢の浅いうちから挑戦するなら他社製マット(Cybexなら上記のエアバギー系が合うらしい)を追加したい。

常用使いできる!と言い切るのを遠慮してきた私だったが、これは完全に普段遣いOKといえるベビーカーだ。
エアバギーに乗っていた私と妻が「走行性ってこれでも十分じゃないの!?」と言うぐらい、を信じてもらえたらの話だが。。

ライバルは?イージーS2など他のラインナップとの比較

正面から(左)リベル (右)イージーS2
正面から(左)リベル (右)イージーS2

ちょうど隣にあったサイベックスの背面式A型ベビーカー『イージーS2』と比べてみた。

やはりこちらは流石の安定感。ちょっとお高いだけある。
ただ、小回り・操舵性能はリベルの方が高いように感じた。

しかし、これは子どもを乗せて比べていないからで実際は子どもの体重が増すについれてフレーム剛性のより高い常用モデルであるイージーSシリーズの方が押しやすく感じるようになるだろう。

ちなみにイージーS2はファーストベビーカー用と言えるが、兄弟機に『イージーS B2(B型ベビーカー)』がある。
同じブランドのリベルと競合してしまうが、こちらはファーストベビーカー選びに失敗したような「1歳近くからの買い直し」ニーズにマッチしているように感じた。

これ一台でベビーカー卒業までいけるだろう。

¥31,680 (2021/10/26 16:29:29時点 楽天市場調べ-詳細)
↑ クリックで付与されるポイント数をチェック
《 楽天で最安値&高ショップ評価のお店 》

イージーS2/B2との違いを表にまとめてみると

スクロールできます
リベルイージーS2イージーS B2
価格¥25,300¥44,000¥36,300
重量5.9kg7.3kg7.1kg
横幅52cm49cm49cm
折り畳みサイズW:32cm D:20cm H:48cmW:45cm D:35cm H:59cmW:45cm D:35cm H:59cm
リクライング110°~130°121°~160°121°~136°
ハンドル高最低98cm~最高104cm103cm103cm
対象月齢生後6ヶ月~4歳頃生後1ヶ月~4歳頃生後6ヶ月~4歳頃

私が個人的に使っていて感じる選び分けのポイント

どの時期から使うかによって判断すればいい。

いま子どもが月齢4か月までで、ファーストベビーカーをまだ買っていないなら『イージーS2』

¥44,000 (2021/10/26 16:31:01時点 楽天市場調べ-詳細)
↑ クリックで付与されるポイント数をチェック
《 楽天で最安値&高ショップ評価のお店 》

玄関は少し狭め。車にも手軽に、なんなら自転車にも積んで出かけたいなら『リベル』

¥25,300 (2021/10/26 15:04:15時点 楽天市場調べ-詳細)
↑ クリックで付与されるポイント数をチェック
《 楽天で最安値&高ショップ評価のお店 》

1歳前後。おさがりのファーストに不満やフラつきを感じたら『イージーS B2』

¥31,680 (2021/10/26 16:29:29時点 楽天市場調べ-詳細)
↑ クリックで付与されるポイント数をチェック
《 楽天で最安値&高ショップ評価のお店 》

です。

どちらも一長一短あるが、使い方がハマればとても良いベビーカー。

管理人パパ
管理人パパ

常用のセカンドベビーカー市場としてはJ is for Jeepが強い。リベルは本来トラベル用だが日常使いにも耐えうるフレーム強度を備えたコンパクトベビーカーだ。例えるなら、川遊びもしたくてキャンプのお供にKeenのシューズを買ったら、「街歩きにも意外に使えるな。。」「履き心地もいいなコレ」にプチ感動できるレベル。

RISU
RISU

トラベル用なのに、日常使いもできて美味しいということですね!
でも足置き場がないから長く使えるかちょっと不安です・・・

管理人パパ
管理人パパ

そうだね。その声は多いよ。
それじゃあ、デメリットについて確認しておこか。

リベルを使っていて感じたデメリット

聞こえてくる「でも、対面式ではないんでしょ?」「新生児時期から使えないでしょ?」の声

実はリベル。それに対応することができるんです。
その手は、車での移動に便利な『トラベルシステム』を使うこと。

つまり、ベビーカー本体に専用アダプターを取り付けてベビーシート(チャイルドシート)を装着するというプラン。リベルはトラベルシステムに正式に対応しており、それを支える剛性がきちんと計算されているということなのでしょう。

¥53,900 (2021/10/26 08:42:58時点 楽天市場調べ-詳細)
↑ クリックで付与されるポイント数をチェック
《 楽天で最安値&高ショップ評価のお店 》

こんな人にはトラベルシステムがおすすめ

  • やっぱり赤ちゃんは対面で見たい
  • 車を持っており、もともとベビーシートも用意する予定があった
  • 出産の退院時に車でお迎えするときもベビーシート乗せ&ベビーカー移動で安全にを考えたい
  • 車を所有していないがレンタカーやカーシェアの利用が想定される
  • できればベビーカーの購入は1台で終わらせたい
  • 割と小柄か平均身長ぐらいなのでハンドル位置が高すぎるベビーカーは苦手
  • 幼児期過ぎてベビーカーへの乗り降りが頻繁になる時期はできれば自分で乗り降りして欲しい
  • 玄関スペースをベビーカーで占拠してしまうのは嫌だ。できれば風水(運気)の観点からもコンパクトに置きたい

などなど。

管理人パパ
管理人パパ

基本的にはコンパクトベビーカー(旅行用に考えられた)だし、エアバギーのような走行性を期待しては酷です。日本国内の中堅都市~都会なら悪路も少ないでしょうし、そんな木の根がはりめぐってバンピーな公園・林道を歩くような人以外にはストライクゾーンの広い一台と言えるでしょう。

RISU
RISU

車を使うことが多くても、使わなくてもトラベルシステムは意外な解決策になりえますね。ベビーシートを装着すればB型ベビーカーがA型に転生しちゃう!!総額約5万円ですから国内メーカーの両対面式とも迷うところです。

もしかたらしたら「対面式(A型時期)」+「背面式(B型時期)」+「ベビーシート(チャイルドシート)」の1台3役なのかも!!

管理人パパ
管理人パパ

これがハマる人にはおすすめだね。

トラベルシステムについて詳しくは以下の記事にまとめています。

その他のデメリット

  • 折り畳み・展開が最初硬い
    → 1ヶ月ほど使い続けるとスムーズになった
  • 開閉が片手操作でできない
    → 国内メーカーのようにいきません。でも小さくなるためなら我慢
  • 小さくなるくせに意外に軽くない
    → 多様なヒンジ構造でもフレーム強度を落とさないための工夫、やむなし
  • バンパーバーが付属してこない
    → 惜しい!欲しかった!楽天テナントのキャンペーンでプレゼントされる場合も
  • 身長180cmオーバーだとハンドル位置はやや低めに感じる
    → 妻 160台にはちょうどらしいけれど、私には低めに感じた。平均身長ぐらいなら問題ないけど
  • 足置き場(フットステップ)がない
    → ちょうど足元に荷物カゴの先端部があたります。これをがっつり足置きにしたいところですが、大きな子どもが踏み込んで大丈夫なほどの強度はなさそう。万が一の急ブレーキを足でかけることは期待できないので、やっぱりバンパーバーが付属すると嬉しい。どうしても気になる人は、幼児期後期(2歳~4歳)用にJeepバギーも用意できるとベストかな。

管理人VOICE(まとめ)

これはB型ベビーカーでしょうか?

超コンパクトベビーカーとして出張・旅行用だけのものでしょうか?

私は答えに悩みます。

例えるなら、

河原でのキャンプ用に買ったのに、意外に街歩きもグイグイいけるサンダルのような持ち心地の良さに。

RISU
RISU

それ、さっき言ってましたよ。

管理人パパ
管理人パパ

・・・

B型というにはもったいないくらい、A型時期から知ってほしい変態バギー。

人によって上手く使えるかどうかが分かれる一台です。

管理人パパ
管理人パパ

価格の割にデザインよく見えるのはポイントが高い。A型ともB型とも言い切れない微妙なポジションは、既に何かしらの理由でおさがりを所有している人が、その子用に新しく買い足して(直して)あげたいニーズにピッタリかも。

RISU
RISU

ちなみに、吉祥寺でめっちゃ見かけます♪

P.S. メルカリなど中古マーケットの出品を見るとまだ高い・・・ 出玉が豊富になるのは2022年ごろかな。

¥25,300 (2021/10/26 15:04:15時点 楽天市場調べ-詳細)
↑ クリックで付与されるポイント数をチェック
《 楽天で最安値&高ショップ評価のお店 》
このベビーカーの満足度レビュー
3.4
  • 押しやすさ
    (3)
  • 機能性
    (3)
  • 携帯性
    (4.5)
  • デザイン
    (3.5)
  • 価格
    (3)

サイベックスのベビーカー 賢い買い方

ここがポイント

  • 店舗での購入は公式サイトの『取扱店舗検索』にて住所を入力して最寄りのお店を探せばいい。2021年10月時点では直営店は表参道のフラッグシップストアのみである
  • 通販サイトは主に3タイプある。公式ストアAmazon内の公式ブランドストアおよび楽天市場の各小売販売店である
  • 公式ストアは定価販売。Amazonが最安値になるケースはプライムデーやブラックフライデー、サイバーマンデーといったごく限られた期間イベント的に値下がりする場合のみ。通常は楽天市場内の下記テナントが最安値を付けることが多い

下記はいずれもショップレビュー検査済み店舗です。

私がお得&安全と考えるショップ

※『NetBabyWorld(ネットベビー)』という販売店の運営元は楽天自身です(2016年の爽快ドラッグ買収によりグループ傘下に)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

東京ベビーカーとは、2012年7月にめでたく第一子(2015年11月に第二子、2020年9月に第三子)を授かった40代パパが息抜きでたまに本気出して書く、パパ目線でのモノ選びを中心に紹介するブログ。国内・海外のベビーカーを100台以上押し比べた実績が評価されて、晋遊舎から出版の『ベビー用品完全ガイド』にも以前出演させていただきました。
» 欲しいものリスト

評価の高い定番のベビーカー

■ A型両対面式で探すなら

¥69,300 (2021/10/26 14:49:32時点 楽天市場調べ-詳細)
↑ クリックで付与されるポイント数をチェック
《 楽天で最安値&高ショップ評価のお店 》

走行性良く、シート下カゴの収容力も抜群でハンドルの高さ可変で夫婦の身長差を気にしなくて良い総合力の高さが自慢
メリオのレビュー記事を読む

■ B型背面式で探すなら

¥25,300 (2021/10/26 14:58:18時点 楽天市場調べ-詳細)
↑ クリックで付与されるポイント数をチェック
《 楽天で最安値&高ショップ評価のお店 》

折りたたむとコンパクトで、展開しても平均身長・小柄ママにも丁度良いサイズ感。狭い玄関などでも場所を取らないので外出時に「今日ベビーカー持っていく?」と悩んだりせず我が家は車に積みっぱなしにしている。トラベルシステムにも対応
リベルのレビュー記事を読む

目次
閉じる
error: