2024年2月のタイプ別おすすめ 

ピジョン ノートアールの後悔とおすすめポイント解説

[ピジョン] ノートアール
目次

押し出しが少し重い。大きい。多機能。
そう。これは「外国からやってきたベビーカー(例えばnuna)」だと思えば、なかなかやるぞ!に変わるが…

ピジョンから鳴り物入りで発売された最上位クラスのベビーカー『ノートアール nautR NB0』。
商品名に型番(NB0)を付けているということは毎年リニューアルされていくのだろう。

特徴は、

  • 「最上級の押しごこち」と
  • 「最上級の乗りごこち」を追求した …

と謳うように、「お金をかけてしっかりと贅沢な仕様にしましたよ!」ということが言いたいらしい。

たしかに試し押して見るとその存在感たるや、ランフィのそれを一枚も二枚も上回る。
つまりゴツい。

このゴツさはサイベックスのプリアムや、コンビのラベリタ並みである。

そして、このモデルの登場によってピジョンの両対面式ベビーカーの代名詞であった『ピジョン ランフィ』は中級クラスという位置づけに格下げになった感がある。

ランフィとの棲み分けは、

  • 軽くて日本人サイズ感でジャストフィットを目指すなら『ランフィ』
  • 親が欧米人並みのサイズで子もビッグベビーが予想されているなら『ノートアール』

だろう。

結局、このモデル登場の真意は、外国ブランドに押されがちになってきた国内ブランドの対抗心につきる。

サイベックスの『プリアム』や『ミオス』。※『メリオ』はどちらかと言えば『ランフィ』がライバル
バガブーの『ビー6

このあたりじゃないだろうか。

¥86,900 (2024/02/26 23:36:39時点 楽天市場調べ-詳細)

ピジョン ノートアール nautR

価格79,750円
対象生後1ヵ月〜36ヵ月まで
重量7.9kg
横幅53cm
ハンドル高88cm~115cm
リクライニング角度115°〜170°
公式サイトhttps://pigeon-htravel.com/nautr/

特徴は?

ピジョン ノートアール nautR NB0の後悔とおすすめポイント解説
  • 大径タイヤ(18cm~)で段差の衝撃に強い
  • シートサスペンション搭載でガタガタ軽減
  • 通気性のあるシート構造
  • 座面は地上から高さ62cmのハイシート設計
  • 大容量のシート下カゴ(28㍑)
  • ハンドルは長さと角度調整が可能で身長差のある夫婦にも◎
  • 車輪にコイルサスペンションを搭載

こんな人に向いていると思う

  • 60cm以上のハイシートが希望で、海外ブランドのベビーカーだとシートのクッション薄くて新生児から乗るには心配に思っていた夫婦
管理人パパ

押し出しは重めでしたが、進み始めるとサイベックスのミオスと同じで軽快な走りに変わるでしょう。海外ブランドの高級品は価格の高いものでもそれほど過保護なインサートクッションでないものや、通気性が取れていないシートが装着されているメーカーのものもありますので、そういった意味では日本メーカーらしいかゆいところに手が届く(うるさい日本人のニーズを叶えてくれる)ベビーカーと言えるかもしれません。

ここがポイント

サスペンション機能などとにかく衝撃をなくすにこだわったモデル。
いろいろ付けて重くなっているんだったら「ここまで必要ない!」と考えてもいいかもしれない。

このベビーカーはあくまでも赤ちゃんの視点から最高(対面式時期)の乗り心地にこだわったベビーカーである。
そこにどれだけ投資してあげる価値があるかは、ご夫婦の育児ポリシーによるだろう。

すべてのアイテムを高級品でそろえるか、
ベビーカーだけでも一点高級志向でいくのか、

車や電車・バスでの移動は少なめで、主に近所のお散歩や買物が中心になる場合。
充実した時間を過ごせそうな一台である。

ランフィとの比較

一応、同ブランド内で探している人向けに比較しておきましょう。

ノートアールランフィ
価格7万円台後半6万円台前半
重量7.9kg5.6kg
リクライング115度〜170度100~175度
対象年齢 3歳頃まで 3歳頃まで
質感高いやや高い
付属品レインカバーは付属しないレインカバーは付属しない

どちらを買うべきかは人それぞれ好みがあると思います。
こちらの基本レビュー以上の深い内容については有料note記事内にまとめていますので、「最高の一台選びにこだわりたい&ベビーカー探しで0から100まで調査・分析するよりも手早く確かに意見を元に確度の高い結論を出したい!」という人はこちらを参考にしてみてください。

ライバル候補は?

対面式時にシートクッションが最高なものか、高級モデルの両対面式ベビーカーになるでしょう。

サイベックス ミオス
¥100,650 (2024/02/26 21:04:18時点 楽天市場調べ-詳細)

スタイリッシュさではミオスが上ですが、クッションサポート性能はノートアールに軍配でしょうね。

エールベベ フラコット
¥38,000 (2024/02/26 22:48:03時点 楽天市場調べ-詳細)

対面式にこだわるならコットタイプのこちらもおすすめ。ただし背面式走行時期には使い勝手は落ちます。

今回紹介したモデルはこちら

¥86,900 (2024/02/26 23:36:39時点 楽天市場調べ-詳細)
管理人パパ

赤ちゃんのことを一番に考えるママ・パパに、上手く安く買えるタイミングに当たれば購入を検討するのも良いですね。
ただし、狭い玄関、階段の持ち運びが多い人には向きません。
完全にのんびり近所を快適にお散歩した人向けです。

レッスン:慣らし運転に行こう

買った後で子どもを乗せずに慣らし運転して、越えられる段差と無理を知りましょう。

国内メーカーの軽いベビーカーは一寸(人差し指の第二関節ぐらい)の段差を超えるのは厳しいです。
無理して突っ込まず、見極めが肝心です。
急いでいても子どものために。

購入者限定:体験投稿で回答が届く

「私のベビーカー選び、間違ってなかったかな?」
「いったいあの時なにを選べば正解だったの??」
「次は失敗したくない。どれがいい!?」

そんなベビーカー購入から一年生以上の方を対象に、当サイトの有料相談サービスを無料で提供いたします。
あなたの経験をフォームから投稿ください。

しばらくすると管理人から「!」な回答を差し上げます。

試験的なサービスなので私がパンクしたらごめんなさい。

\ 限定受付中 /

このベビーカーの満足度レビュー
3
  • 押しやすさ
    (3)
  • 機能性
    (3.5)
  • 携帯性
    (2.5)
  • デザイン
    (3)
  • 価格
    (3)

管理人による旬の買い方紹介

2024年2月現在の旬な買い方はズバリこれかなと思います。

新生児に最適(最高だけど高額)
都会的な暮らしに最適
郊外型の車中心生活に最適
  • リベル+ベビーシートでトラベルシステム
軽さ重視&バス利用に最適
  • 国内メーカーのベビーカー → リベル/オルフェオに乗り換え
乗り換えたいが第二子への引き継ぎに最適
  • いまならバタフライ

※二台持ちとせず乗り換えを基本としているのは、途中で一台目を売却して二台目の予算にあてることがコストとしても玄関スペースとしても節約になるためです。

他にも有名ブランド・無名ブランド、国外のみ販売の世界的ブランドもあるけれどこれが基本です。

  • 14万円(ファースト)→売却して7万円回収して→7万円のB形を買うことも
  • 7万円(ファースト)→売却して4万円回収して→3万円のB形を買うことも
  • 7万円かけてB形をA形仕様にして1台で済ませることも

いろいろ方法はあるけれど、お金の余裕や投資に対する考え方・合理性、そして子どもと叶えたい理想の生活などみんなそれぞれ微妙に違うから、コレが正解!っていうのを本を読んだり限られた店舗をめぐって探しきるのは至難の技。

「高い買い物なのに何回も失敗したら数万円の損じゃ効かないかも??」で不安な人にはママ友コミュニティが一番かもしれないけれど、人付き合いが難しかったり、初子ならそもそも必要なタイミングでコミュニティに参加できていない場合も多いから大変なんよね。

私は私でできることをやっていきます。

基本はトータル7万円で卒業するのが理想

どれか一台だけと言われればコレ👇
¥69,520 (2024/02/26 20:47:54時点 楽天市場調べ-詳細)
2023年のベスト評価

管理人について

管理人パパのアバター 管理人パパ ベビーカージャーナリスト

東京ベビーカーとは、2012年7月にめでたく第一子(2015年11月に第二子、2020年9月に第三子)を授かった40代パパが息抜きでたまに本気出して書く、パパ目線でのモノ選びを中心に紹介するブログ。国内・海外のベビーカーを100台以上押し比べた実績が評価されて、晋遊舎から出版の『ベビー用品完全ガイド』をはじめメディア出演多数。
» 誰に向けて書いているのか?

目次