メニュー
ページ
 楽天お買い物マラソンにエントリー 

【レビュー】ストッケ ビートの口コミ(メリット・デメリット)

ストッケ ビート

この記事は購入相談実績100件以上、100台以上のベビーカーを押し比べた管理人パパ(ベビーカージャーナリスト)がお届けしています。

本日(4月8日)発売日になりました。
それによりストッケの公式サイトでも商品ページが公開されています。

ストッケ ビート Stokke Beat

価格80,000円 + 税
対象新生児~22kgまたは生後48か月
重量9.5kg
横幅53.5cm
ハンドル高95~107cm(4段階)
リクライニング角度105°~153°
参照サイトhttps://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000077.000006741.html

コンセプトは都市型コンパクトベビーカー。

このジャンルはベビーゼンのYOYOイングリッシーナのQUIDバガブーのANTなどをはじめ続々と各社が力を入れて新作を投入している市場です。

ストッケの新作ベビーカー『Beat(ビート)』の発売日が2020年4月8日に決定!
目次

今回の新作ベビーカーの特徴は?

  • 両対面式(対面式・背面式をシート着脱で切り替え)
  • ハイシート座面(54cm)
  • コンパクト設計(駅改札も余裕の横幅最大53.5cmのスリム幅)
  • ストッケ史上最軽量の9.5kg(笑)マッチョ男性でも軽々!
  • スムーズな走行性(パンクの心配がないドイツ製タイヤ)
  • リクライニング調整範囲の広い(105°~153°)人間工学に基づいたシート
ストッケの新作ベビーカー『Beat(ビート)』の発売日が2020年4月8日に決定!
ストッケの新作ベビーカー『Beat(ビート)』の発売日が2020年4月8日に決定!
ストッケの新作ベビーカー『Beat(ビート)』の発売日が2020年4月8日に決定!
ストッケの新作ベビーカー『Beat(ビート)』の発売日が2020年4月8日に決定!

どんな人にぴったりか?

  • 多少重くても走行性の良いしっかりしたバギーが欲しい
  • 「なんなら俺、育休取るし、育児頑張るから」のイケてる旦那

”男性”が積極参加を前提とした、男性向けの都会派ストローラーということで推したいわけです。

だからか、PVもここまで男性目線です…

メリット・デメリット

メリット

  • メリットはやっぱりコンパクトになるというところ。(国内メーカー程度に)
  • それとストッケでは初めて片手で折りたたみができるようになった点
  • 対面・背面にセットできて、どちらの向きでも折りたたみが可能(メリオと同様)
  • トラベルシステム対応
  • 耐荷重 10kgまでOKの大収容カゴ

デメリット

こちらは結構あるかもしれません。
海外ブランドではマクラーレンやストッケが強かった7年前とは違い、いまはバガブーやサイベックス、そしてイングリッシーナにベビーゼンなど名だたるブランドで競争が激しくなってきており、日本市場では苦戦するのではないかと予想します。

  • レインカバーが付属しない(平均的な日本メーカーやベビーゼンのYOYO2には付属)
  • サスペンション機能が謳われているが実際はそこまで強いものでない
  • 無理に自立させると帆の頭頂部が汚れる…
  • ストッケ至上最軽量の9.5kgは、重いと言われるエアバギーと同等。コンパクト=軽いと誤解しないように

こちらも検討したいライバル車種

まっ、こんな感じだと思います。

個人的にはバガブーのbee5はとても良いベビーカーだと思っていますが、新作の『ANT』は押し心地がイマイチでした。

今回のストッケからの新作は都会派コンパクトとはいえ、設計面では決して華奢な印象を持たせず、ギュッとスリムにした「スクートを万力で横幅を圧縮したような」密度の高いベビーカーという印象です。

このあたりのオシャレで、スリムで、両対面式のジャンルでは、男性ではこのモデルかYOYOをトラベルシステムで使うことをおすすめしたいですし、女性に向けてはサイベックスから新発売のMELIO(メリオ)や価格が今後下がる気配のMIOS(ミオス)あたりが狙い目ではないでしょうか。

対面式にこだわらないのなら、イングリッシーナのQUIDもコスパの点からおすすめです。

結論

STOKKEなりに頑張っているコンパクト仕様。
それはストッケなりであって、それ以上ではない。

各社、乗り心地と軽量化&4歳までの耐久性を強化する流れの中にあって、すこし時代遅れ感のあるスペックになっている。

ただし、北欧メーカーらしくデザインはやっぱり素敵です。
イケメンパパが持っていて一番サマになるベビーカーであることは間違いないでしょう。

あわせて読みたい
5~6kg台の片手でなんとか持てるオシャレなB型ベビーカー3選はYOYO、QUIDそして・・・ しつこく、何ヶ月も前の代官山アドレスでのレビューをもう少し付け加えたい。 代官山アドレスで見てきたベビーカーは他にも イングリッシーナのQUID(クイッド)、APTIC...
このベビーカーの満足度レビュー
3
  • 押しやすさ
    (3)
  • 機能性
    (3)
  • 携帯性
    (3)
  • デザイン
    (4)
  • 価格
    (2)

ストッケの最安値·安心の購入術

ここがポイント

  • ストッケの公式サイトは情報発信をメインとするブランドサイト公式ストアの2つ
  • 直営店舗は全国に5箇所(2021年10月現在)。パートナーストアを含めても10店舗たらずで、リアルに試せる場所が非常に限られたブランド
  • 公式の通販サイトは上記の公式ストアの他にAmazonにもある
  • しかし、最安値やポイント還元の付与率が高いのは楽天市場内のテナントになる
  • 近年はベビーカーのラインナップが整理されて『Xplory』一つになった

下記はいずれもショップレビュー検査済み店舗です。

私がお得&安全と考えるショップ

ストッケ ビート

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

運営者情報

東京ベビーカーとは、2012年7月にめでたく第一子(2015年11月に第二子、2020年9月に第三子)を授かった40代パパが息抜きでたまに本気出して書く、パパ目線でのモノ選びを中心に紹介するブログ。国内・海外のベビーカーを100台以上押し比べた実績が評価されて、晋遊舎から出版の『ベビー用品完全ガイド』にも以前出演させていただきました。
» 誰に向けて書いているの?

目次
目次
閉じる