メニュー
ページ

【比較表完全版 2021】サイベックスのベビーカーの選び方(プリアム/ミオス/メリオ/イージーS/リベル)

この記事は100台ベビーカーを押し比べた管理人パパがお届けしています。

【比較表完全版 2021】サイベックスのベビーカーの選び方(プリアム/ミオス/メリオ/イージーS/リベル)

2021年も終わりに近づいてきました。
トップページに記載しているベビーカーの総合ランキングでも今年はいろいろ動きがありました。

ところで、各社ベビーカーメーカーもこの時期に新モデルを投入するメリット(販売とほぼ同時に年度が変わり、2021年モデルと言えなくなる)がなくなるため、ここで一旦は2021モデルは出揃ったと考えて良いと思います。

そんな中、今年はベビーカーの人気ブランド『CYBEX(サイベックス)』からも人気モデルのリニューアルや新モデルの投入が続いてきたわけですが、そのあたりを整理して紹介したいと考えました。

目次

CYBEX ベビーカー タイプ別比較

サイベックスには「プラチナ」「ゴールド」「シルバー」という3つのレーベルが存在しますが、日本国内で販売されているモデルは「プラチナ」と「ゴールド」のみです。選別チャートについてはこちらの公式サイトのページが分かりやすいです。

次にタイプ別にまとめます。

両対面式(すべてA型=生後1ヶ月から利用OK)

モデル名対象年齢
PRIAM(プリアム)生後1ヶ月から22kg(4歳頃まで)
e-PRIAM(イープリアム)生後1ヶ月から22kg(4歳頃まで)
New MIOS(ミオス プラス)生後1ヶ月から22kg(4歳頃まで)
MELIO(メリオ)生後1ヶ月から15kg(3歳頃まで)
EEZY S Twist 2(イージーSツイスト2)対面:生後1ヶ月から15kgまで
背面:22kg(4歳頃まで)
管理人パパ
管理人パパ

メリオだけ利用期間が短いのは「軽さ」を追求しているから。「4歳まで乗っていたら恥ずかしいよ・・・」を説く人もいるぐらいなので、ここは気にするレベルではないでしょう。

背面式

モデル名対象年齢
EEZY S2(イージーS2)生後1ヶ月から22kg(4歳頃まで)
EEZY S B2(イージーS B2)腰が座った状態の生後6ヶ月から4歳ごろまで
LIBELLE(リベル)腰が座った状態の生後6ヶ月から4歳ごろまで
管理人パパ
管理人パパ

サイベックスのベビーカーは総じてフレーム剛性やサスペンション強度が他社と比べて良いようです。当初からチャイルドシートブランドとして名を馳せていただけあります。そして、利用期間が長いのが特長。生後6ヶ月以上からの利用に限定されるB型カテゴリーのイージーS B2やリベルにおいてもトラベルシステムに対応しているので、それらがベビーシートと併せて使えることを加味して考えると、全モデルが新生児期からの利用に対応しているということになりますね。


CYBEX ベビーカー 発売時期別比較

モデル名発売時期
PRIAM2019年2月下旬発売
e-PRIAM(表参道直営店でのみ販売)2020年2月1日発売
MIOS2020年5月下旬発売
MELIO2020年3月1日発売(2020年モデル)
リニューアル!
2021年2月3日発売(カーボン 2021年モデル)
2021年3月1日発売(アルミ 2021年モデル)
MELIO Street2021年5月28日発売
EEZY S Twist 22020年9月発売
EEZY S2/S B22020年1月23日発売
LIBELLE2020年11月6日発売
GAZELLE S(日本未発売)2020年9月下旬
管理人パパ
管理人パパ

サイベックスで今年一番大きなインパクトを残したのがメリオのリニューアルでしょう。2020年に鳴り物入りで発売。それからわずか一年足らずのうちにリニューアルは、海外ブランドとしては珍しいことなので驚かられました。プリアムが最上級モデルになりますが、発売開始時期がモデルの中で最も古い(初代)のと、国内の都会環境では移動が辛い(重量)こともあって、検討から外してもよいでしょう。


CYBEX ベビーカー 発売周期予想(最新)

CYBEX PRIAMのリリースサイクル

モデル名リリース年
PRIAM初代2015年発売
PRIAM22017年発売
PRIAM32019年発売
PRIAM4?2021年発表間近か!?

プリアム 最新モデル

サイベックス プリアム cybex PRIAM
管理人パパ
管理人パパ

サイベックス プリアムの発売周期は2年と見えます。今年は『待ち』。待ちきれない人は、同じく高級ブランド『Bugaboo FOX3(2021年10月発売)』を検討するのも良いでしょう。

結論:待て

CYBEX e-PRIAMのリリースサイクル

モデル名リリース年
e-PRIAM2020年発売
e-PRIAM2?2022年頃発売か!?

イー・プリアム 最新モデル

CYBEX表参道直営店にご確認ください。

CYBEX MIOSのリリースサイクル

モデル名リリース年
MIOS初代2017年発売
NEW MIOS2019年発売
MIOS 2022?2021~2022年頃発売か!?

ミオス 最新モデル

¥98,450 (2021/10/26 17:49:44時点 楽天市場調べ-詳細)
↑ クリックで付与されるポイント数をチェック
《 楽天で最安値&高ショップ評価のお店 》
管理人パパ
管理人パパ

プリアムと同じく、ミオスの発売周期も約2年の見込みです。2021年末から2022年初頭にかけてリリースの気配。値動きを見ながら(大幅に安くなる傾向が見えたら商品入れ替えのタイミング?)注視する必要ありです。

結論:待て

CYBEX MELIOのリリースサイクル

モデル名リリース年
MELIO初代(カーボン/アルミ)2020年3月発売
MELIO改良版(カーボン/アルミ)2021年2月発売
MELIOストリート(アルミ)2021年5月発売
MELIO 2022?2022年にも改良版でるか!?

メリオ 最新モデル

¥69,300 (2021/10/26 15:10:42時点 楽天市場調べ-詳細)
↑ クリックで付与されるポイント数をチェック
《 楽天で最安値&高ショップ評価のお店 》
¥61,600 (2021/10/26 15:52:04時点 楽天市場調べ-詳細)
↑ クリックで付与されるポイント数をチェック
《 楽天で最安値&高ショップ評価のお店 》
¥67,100 (2021/10/26 16:23:35時点 楽天市場調べ-詳細)
↑ クリックで付与されるポイント数をチェック
《 楽天で最安値&高ショップ評価のお店 》
管理人パパ
管理人パパ

サイベックスのリリースサイクルとしては王道の2年を外れて急遽アップデートされたメリオ。1年でリニューアルされた実績こそあれど、私はこれをイレギュラーと考え(メーカーとしての本意ではなかった)、次のリリースは2023年まで持ち越されるのではないかと予想します。

結論:今が買いだ!

CYBEX EEZY S Twist 2のリリースサイクル

モデル名リリース年
EEZY S Twist初代2018年3月発売
EEZY S Twist 22020年9月発売
EEZY S Twist 3?2023年1月頃 改良版発売か?

イージーS ツイスト2 最新モデル

¥39,600 (2021/10/26 17:28:15時点 楽天市場調べ-詳細)
↑ クリックで付与されるポイント数をチェック
《 楽天で最安値&高ショップ評価のお店 》
管理人パパ
管理人パパ

360°シートが回転する革命的な両対面式ベビーカーのTwist2でしたが、なかなか売れ行きとしては渋いものがあるように見えました。MIOSとこのモデル程度ならまだしも最近のMELIO登場によって市場価値が薄らいでいます。発売周期は2年6ヶ月。次回リニューアルがあるとすれば両対面式バギーのような割り切った姿に変化しないかな?と淡い期待を寄せています。(私はその方が面白いと思っている)

結論:大幅安になれば買いだ!

CYBEX EEZY S2/S B2のリリースサイクル

モデル名リリース年
EEZY S初代2018年3月発売
EEZY S2/S B22020年1月発売
EEZY S32022年11月頃改良版発売か?

イージーS2/S B2 最新モデル

¥44,000 (2021/10/26 16:31:01時点 楽天市場調べ-詳細)
↑ クリックで付与されるポイント数をチェック
《 楽天で最安値&高ショップ評価のお店 》
¥31,680 (2021/10/26 16:29:29時点 楽天市場調べ-詳細)
↑ クリックで付与されるポイント数をチェック
《 楽天で最安値&高ショップ評価のお店 》
管理人パパ
管理人パパ

発売周期はやや短めの1年10ヶ月。2021年の後半に驚きの一発があるかもしれません。予想としては日本のB型市場に特化して送られた刺客(世界市場には「B2」というモデルは存在しない)である『イージーS B2』は廃盤になるのではないかと思います(美味しいところどりは難しかったかと)。
このカテゴリーでは「軽量であること」が国内では求められますが、果たしてサイベックスが日本市場を重視してくれるかが見もの。反対に重たくなってタイヤが大型化すれば、つまりそういうことですね。リベルと明確な差を打ち出してくるように思います。

結論:待て

CYBEX LIBELLEのリリースサイクル

モデル名リリース年
LIBELLE初代2020年11月発売
LIBELLE2?2022年5月以降発売か?

リベル 最新モデル

¥25,300 (2021/10/26 15:04:15時点 楽天市場調べ-詳細)
↑ クリックで付与されるポイント数をチェック
《 楽天で最安値&高ショップ評価のお店 》

リベルならトラベルシステム一式でもこの価格です。

¥53,900 (2021/10/26 08:42:58時点 楽天市場調べ-詳細)
↑ クリックで付与されるポイント数をチェック
《 楽天で最安値&高ショップ評価のお店 》
管理人パパ
管理人パパ

リベルの売れ行きは世界的に見ても好調のように見えます。次モデルではフットステップあたりの改良を企てるのではないでしょうか?リリースサイクルは他のモデルにならって1年半程度は開けてくるでしょう。すると新モデルは2022年の真ん中あたりだと予想します。

結論:今が買いだ!


CYBEX ベビーカー サイズ別比較

折りたたみサイズを降順(大→小)に記載しています。

モデル名サイズ
PRIAM【展開時】幅60×奥行95×高さ96.5~116(cm)
【折り畳み時】幅60×奥行95×高さ36.5(cm)
【座面高】58cm
【タイヤ】前輪 / 直径20cm 、後輪 / 直径30cm
MIOS【展開時】幅50×奥行85~111×高さ98~108(cm)
【折り畳み時】幅50×奥行33×高さ75(cm)
【座面高】50cm
【タイヤ】前輪 / 直径15cm 幅3cm、後輪 / 直径16cm 幅3cm
MELIO【展開時】幅49×奥行82~91×高さ96.5~107(cm)
【折り畳み時】幅49×奥行54×高さ69(cm)
【収納時】幅49×奥行37.5×高さ71.5(cm)
【座面高】52cm
【タイヤ】直径16.5cm
EEZY S Twist 2【展開時】幅45×奥行80.5×高さ103(cm)
【折り畳み時】幅45×奥行31.5×高さ65(cm)
【座面高】44cm
【タイヤ】直径13.5cm
EEZY S2/S B2【展開時】幅45×奥行84.5×高さ103(cm)
【折り畳み時】幅45×奥行35×高さ59(cm)
【座面高】47cm
【タイヤ】直径13.5cm
LIBELLE【展開時】幅52×奥行75.5×高さ104(cm)
【折り畳み時】幅32×奥行20×高さ48(cm)
【座面高】42cm
【タイヤ】直径14cm
管理人パパ
管理人パパ

折り畳み後のコンパクトさを追求する人は「リベル」一択でしょう。クルマ利用が多い人は、ラッゲージスペースの車高が70cm以下のクルマも多いので、「メリオ」以下が安全圏内で、「ミオス」だと慎重な検討が求められます。


CYBEX ベビーカー 重量別比較

ベビーカーの重さを降順(大→小)に記載しています。

モデル名総重量
PRIAM12.9kg
e-PRIAM 15.3kg
MIOS9.8kg
MELIO5.8kg(カーボンモデル)
6.1kg(ストリートアルミモデル)
6.0kg(アルミモデル)
EEZY S Twist 28.3kg
EEZY S2/S B27.3kg
LIBELLE6.2kg
管理人パパ
管理人パパ

以外なことにサイベックス史上最小折り畳みサイズの「リベル」よりも「メリオ」の方が軽量です。ちなみに、メリオを押すイケてるイクメンのことを「メリ夫」と呼ぶそうです。


CYBEX ベビーカー シート角度比較

リクライニングの角度は長く乗ることを考えた場合、幼児期(1歳~)には上体を起こせる程度(95°~115°)あるのが望ましいです。

モデル名リクライニング角度
PRIAM4段階(110°/135°/155°/170°)
MIOS4段階(110°/135°/155°/170°)
MELIO3段階(107°/139°/166°)
EEZY S Twist 23段階(110°/130°/160°)
EEZY S2無段階調整(121°~160°)
EEZY S B2無段階調整(121°~136°)
LIBELLE無段階調整(110°~130°)
管理人パパ
管理人パパ

サイベックスが優秀な点がこのシート角度調整機能に安心できる点。110°あれば充分に上体を起こして周りの景色を楽しめるでしょう。121°でもまあまあ大丈夫でしょう。


CYBEX ベビーカー 付属品比較

付属品は「プラチナ」レーベル商品にのみ豊富についてきます。

モデル名付属品
PRIAMレインカバー、カーシートアダプター
MIOSレインカバー、カーシートアダプター、ヘッドクッション、コンフォートインレイ
MELIO
EEZY S Twist 2
EEZY S2
EEZY S B2
LIBELLE
管理人パパ
管理人パパ

ここは明らかな差別化を感じますね。プラチナ・レーベルの「プリアム」と「ミオス」にはトラベルシステム対応のアダプター(純正なら5,000円相当)とレインカバー(純正なら5,000円相当)が付属しています。「リベル」はともかく、「メリオ」や「イージーS シリーズ」に付属していないのは、サイベックスのイケてないところです。(といっても国内メーカーのほとんどでも付属しませんが、、)


100台パパの結論(私ならコレを選ぶ)

機能やデザイン性、そして価格のバランスを考えた場合、国内・海外のベビーカーを100台押し比べてきた私ならどれを買うかを簡単に紹介して終わります。

バランスで選ぶならやっぱり「メリオ」

ファーストベビーカーとして購入を考えており、「第一子はどんな感じの子(性格)か予想がつかないので、できれば対面式に対応していると安心♪」と考えている人には、「軽さ」の面と諸々の性能の高さからもおすすめできるのが「メリオ」です。

カーボンモデルを選ぶかアルミモデルを選ぶかは、値段や重さ(200gほどカーボンの方が軽い)の違いもありますがそれよりもデザイン(好みのデザインとカラー)で決めるのがいいでしょうね。

管理人パパ
ベビーカージャーナリスト
東京ベビーカーとは、2012年7月にめでたく第一子(2015年11月に第二子、2020年9月に第三子)を授かった40代Web設計屋が息抜きでたまに本気出して書く、パパ目線でのモノ選びを中心に紹介するブログ。国内・海外のベビーカーを100台以上押し比べた実績が評価されて、晋遊舎から出版の『ベビー用品完全ガイド』にも出演。
目次
閉じる
error: