メニュー
ページ
 ベビーカーのおすすめ商品 

【レビュー】アイキャンディ ラズベリーの口コミ(メリット・デメリット)

アイキャンディ ラズベリーの個人レビュー

この記事は購入相談実績100件以上、100台以上のベビーカーを押し比べた管理人パパ(ベビーカージャーナリスト)がお届けしています。

目次

安定感のある押し心地。
バガブーのビーを一回り大きくしたような、シート高調整機能が嬉しい高級ベビーカー。

iCandy(アイキャンディ)はロンドン発の高級ベビーカーブランド。海外セレブにも利用者は多い。

このラズベリーというモデルは横幅が54cmとコンパクトで電車移動も考えたい都会での生活に向いているモデル。

重量は8.8kgとなかなかの重さではあるが、エアバギーほどではない。

また、バガブーのビーを一回り大きくしたと書きましたが、ビーでは座面高が固定で45cmだったのに対して、こちらは座面高を変えられる『エレベータアダプタ』を利用すれば45cm(通常時)と60cm(ハイシート時)を選ぶことが可能です。

ただし、操舵性はビーの方が高い印象を受けました。
ビーも良いけれど、シート高(低い)だけが不満だったという人にはこちらをおすすめします。

良いと感じた点

  • 耐荷重が25kgと7歳頃まで利用可能
  • 操舵性はまずまず良い。きしみがないのはアルミニウムフレームの剛性からから。
  • ハンドル高さを調整可能(95〜105.5cm)
  • 座面高さも調整可能(45cm・60cm)
  • 背面式・対面式をシートの着脱で替えられる

気になった点

  • 決して軽くはない(8.8kg)
  • せっかちな人には大きすぎる車体。小回りはビーに軍配。
  • 荷物カゴのフロントストッパーと共有のフットステップ・デザインがなんだかヘン

このあたりは好みの問題ですね。

ライバル車種たち

対面式と背面式の切り替えが可能で、ゆったりながく乗れる重量級ベビーカーというカテゴリーで競合を考えました。


■ iCandy Raspberry

価格129,800円
対象新生児〜25kg(7歳頃)
重量8.8kg
横幅54cm
ハンドル高95~105.5cm
リクライニング角度100°/140°/175°の3段階調調節(推定)
付属品レインカバー、エレベーターアダプター(装着時の座面高 45cm→60cm)
公式サイトhttps://icandy.graybear.tokyo/
このベビーカーの満足度レビュー
3.2
  • 押しやすさ
    (3.5)
  • 機能性
    (3.5)
  • 携帯性
    (3)
  • デザイン
    (4)
  • 価格
    (2)
アイキャンディ ラズベリーの個人レビュー

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

運営者情報

東京ベビーカーとは、2012年7月にめでたく第一子(2015年11月に第二子、2020年9月に第三子)を授かった40代パパが息抜きでたまに本気出して書く、パパ目線でのモノ選びを中心に紹介するブログ。国内・海外のベビーカーを100台以上押し比べた実績が評価されて、晋遊舎から出版の『ベビー用品完全ガイド』にも以前出演させていただきました。
» 誰に向けて書いているの?

目次