メニュー

ベビーカーの人気ランキング

管理人パパ
ベビーカージャーナリスト
プロ・ベビーカーレビュアー。ベビーカーを10年間で100台以上押し比べてきた体験談を紹介。2022年からは年間100件の購入相談に応える。業界のトレンドや売り手の心理を先読みしたレビューが得意。雑誌のベビーカー特集監修等

ジョイー ライトトラックス 3 DLXの後悔とおすすめポイント解説

ジョイー ライトトラックス 3 DLX

不器用な男前。
自立しないし、両手操作が多いけれど公園や長い散歩をたっぷり楽しみたい人に

この記事の目次

ライトトラックス 3 DLXを選んで後悔する人

生活のテンポが小刻みで速い人

片手操作できる箇所がほぼない。フロントバーを開閉するにも折りたたみ・展開にも両手が必要。本体が重いから長い階段は避ける必要があり、エレベーターを探すのにも時間がかかる。

ライトトラックス 3 DLXを選んで後悔しないポイントは、ホームタウンにじっくりと散歩を楽しめる環境があるかどうか?周辺になにもなく、お出かけはいつも電車を使ってという人には向かない。逆に近くに大きな公園や賑やかな商店街に恵まれたエリアならもってこい。

ジョイー ライトトラックス 3 DLX
総合評価
( 3.5 )
メリット
  • 凸凹道に強いタフな走行性
  • 嬉しいレインカバー付属
  • 更にドリンクホルダー&小物入れ付属
  • 落ち着いたデザイン
デメリット
  • 実際は両手でないと畳めない
  • 両手でないとフロントバーを外せない
  • 折り畳んでも自立しないからベビーカーを園に預けるのは困難
こんな人にはいい
  • ホーム用の本機と、公共交通機関用のセカンド機を分けて使える人(=玄関広め)
  • ベビーカー以外にも産後用品にかけられる予算を満遍なく分散したい人
  • 腕力に自信がなくもない体育会系ママか、もしくはパパが押し手のメイン
管理人パパ

たとえばコンパクトなリベルとの併せ持ちで5万円台で卒業というコースが見えてくる

ライトトラックス 3 DLXの基本スペック

発売時期2024年6月13日
価格39,380円
ブランドジョイー(イギリス)
タイプ背面式三輪(A形)
対象年齢生後1ヶ月から体重15kg(36ヶ月頃)まで
サイズ
幅×奥行×高さ
展開時:53.5×100×104cm
折畳時:53.5×29.5×81.8cm(自立しない)
重量10kg
荷物容量耐荷重最大4.5kgまで
ハンドル高104cm
座面高46cm
リクライニング120°~165°
背もたれの長さ43.5cm
レッグレストあり
バンパーバーあり(両手脱着)
車輪サイズ前輪:17.5 cm
後輪:24.7 cm
サスペンション全輪
カラームーンロック

オリーブ

ブラック
付属レインカバー

ドリンクホルダー&小物入れ

ヘッドサポートクッション付
オプション
トラベルシステム可(Joie i-snug2)
取得安全基準SG
保証期間購入後1年
公式HPhttps://www.katoji.co.jp/products-detail_4222.html

■ 本体

■ オプション

Joie(ジョイー)
¥4,500 (2024/06/24 21:17:14時点 Amazon調べ-詳細)

■ トラベルシステム互換商品

ライトトラックス 無印の基本スペック

3 DLXの発売で旧モデル扱いになった印象。

発売時期2015年4月10日
価格22,880円
ブランドジョイー(イギリス)
タイプ三輪(A形)
対象年齢生後1カ月~36カ月(体重15kg)まで
サイズ
幅×奥行×高さ
展開時:54×89×103cm
折畳時:54×30×81cm
重量9.3kg
荷物容量耐荷重最大4.5kgまで
ハンドル高103cm
座面高44cm
リクライニング120°~165°(無段階調節)
背もたれの長さ48cm
レッグレストあり
バンパーバーあり
車輪サイズ前輪:16.5cm
後輪:24.5cm
サスペンション全輪
カラーミッドナイト

オリーブ

デニム
付属レインカバー
オプション
トラベルシステム
取得安全基準SG
保証期間購入後1年
公式HPhttps://www.joie-baby.jp/c/babycar/41983

■ 本体

■ オプション

Joie(ジョイー)
¥4,500 (2024/06/24 21:17:14時点 Amazon調べ-詳細)
カトージ
¥2,178 (2024/06/24 21:06:40時点 Amazon調べ-詳細)

■ トラベルシステム

ライトトラックス 3 DLXと無印の違い

違いは以下の5つ。

  • タイヤの仕様がバージョンアップ
  • メッシュシート搭載&洗えるインナークッション付き
  • シート背面にメッシュポケット搭載
  • ドリンクホルダー&小物入れ付属
  • 座面高が2cmアップ(44cm→46cm)
管理人パパ

その結果、価格がぐっと上がったのは気になるけれど

重いけれどタフな走行性を約束してくれる強みはそのままにデザインの細部がバージョンアップ。

その結果、値上がりしてしまったけれどもこのクオリティが実質3万円程度で手に入るなら価値あり。

他の軽量系バギーをセカンドベビーカーとして2台持ちができれば幸せになれそう。

RISU

その点では無印ライトトラックスでもいいと言えますか?

管理人パパ

そうだね。もう在庫が薄いかもしれないけれどね。特にインナークッション(ベビーカーマット)を本体付属のものではなく自分で好きに選びたい人(例:エアバギー製)ならそれもありだと思うよ

目指せ!5万円以内でベビーカー卒業

ジョイーの最安値·安心の購入術

ここがポイント

  • Joieの国内総販売代理店はカトージが務めているが、ブランドショップは持たずカトージ直営店がそれに代わる役目を担っている
  • Joie公式サイトは日本語にローカライズされたものが存在するが形骸化しており通販機能も持たない。代わりに事実上の公式ストアとして直営の「カトージオンラインショップ」、大手モール内に公式ストア(katoji-online shop楽天市場店/KATOJIオンラインショップYahoo!店)が在るが価格訴求力は低め
  • 価格メリットが高いのは下記モール内の人気テナントたちかAmazon.co.jpになる

下記はいずれもショップレビュー検査済み店舗

管理人がお得&安全と判断したショップ

この記事の目次