メニュー
ページ
 ベビーカーのおすすめ商品 

【レビュー】ピジョン パタンの口コミ(メリット・デメリット)

ピジョン PATTAN(パタン)の個人レビュー

この記事は購入相談実績100件以上、100台以上のベビーカーを押し比べた管理人パパ(ベビーカージャーナリスト)がお届けしています。

目次

対面式は必要ない!
新生児から使える軽いベビーカーがいい!
では、販売しなくなった理由とは?

発売は2016年4月15日。
ピジョンから新生児から使える背面式ベビーカーが登場しました。

その名は『PATTAN(パタン)』。

2016年度のグッドデザイン賞を受賞していますが、評判が悪く今は廃盤になっているようです。

特徴は?

  • 片手で畳めて、肩がけして運べる
  • 軽量4.7kg
  • 生後1ヵ月から3歳まで長く使える
  • 洗濯機で洗えるシート
  • 座面高53cmのハイポジションシート
  • 角度調整可能な足乗せバー(フットレスト)装備

こんな人に向いていると思う

  • 対面式にこだわらない
  • 生後1ヵ月から使いたい
  • 軽くてコンパクトなベビーカーがいい
  • バスや電車の移動も結構多い

都会をイメージしたユーザー層でした。

ではどうして廃盤になったか?

廃盤になったのは「売れなかった」からだと思いますが、何故にこれだけのウリ文句を持ってしても売れなかったのかを推測します。

  • 車輪・シートともにサスペンションが無く走行性が悪い(生後1ヵ月 にこれはキツイ!)
  • サンキャノピー帆が浅くて低い日差しを避けられない

シンプルな理由ですが、生後間もない時期から使えるベビーカーとしては明らかにサスペンションが弱かったのでしょう。

結果、段差にもつまづいた時の衝撃も大きく、赤ちゃんにとって穏やかなベビーカーではなかったということですね。

悪いレビュー評価が付きまくる前に廃盤にしてしまう戦略はメーカーとしてはアリだと思いました。

生後1ヵ月から使いたいピジョン好きには?

ピジョンの中ではランフィの方をおすすめします。
背面ベビーカーとして使うことも可能です。

生後7ヶ月まで待てるピジョン好きには?

ピジョンの中ではビングルをおすすめします。
車輪にボールベアリングやサスペンションが搭載され、PATTANと比べて格段に良い走行性になっています。


価格30,000円 + 税
対象生後1ヵ月~36ヵ月まで
重量4.7kg
横幅48.2cm
ハンドル高98cm
リクライニング角度115°~165°
公式サイトhttps://pigeon-htravel.com/pattan/

ライバルについて 私の考え方

背面式に割り切った使い方で同じような重量(4.6kg)、ハンドル高(9.8kg)、使い勝手で選ぶなら、エアスキップメッシュ シグネチャーの方を激しくおすすめします。

公式ページ:https://www.katoji.co.jp/products-detail_2714.html

このベビーカーの満足度レビュー
3
  • 押しやすさ
    (2.5)
  • 機能性
    (3)
  • 携帯性
    (3.5)
  • デザイン
    (3)
  • 価格
    (3)

ピジョンの最安値·安心の購入術

ここがポイント

  • 国内メーカーの中でもシングルタイヤ・ベビーカーが強みのピジョン
  • 押し試せる販売店は全国に多数あり、主には「アカチャンホンポ」と「ベビーザらス(トイザらス)」がある。その他、ベビー用品専門店や百貨店にも多数卸されているが、ノートRなど上位モデルが展示されているのはアカチャンホンポが多い(最寄りの販売店情報はこちら
  • 通販サイトに目を向けるとまずは「公式オンラインショップ」、そして「アカチャンホンポ」「ベビーザらス」などの販売店が運営するオンラインストア、そして楽天市場とAmazonがある
  • ポイント還元率が高く、実質の最安値を付けることが多いのは楽天市場の下記人気ショップ
  • ピジョンの公式オンラインショップはポイント還元が無いか、あっても低め。しかし、極稀に型落ち商品を在庫処分価格でタイムセールすることがあるので併せてチェックしておきたい

下記はいずれもショップレビュー検査済み店舗です。

私がお得&安全と考えるショップ

ピジョン PATTAN(パタン)の個人レビュー

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

運営者情報

東京ベビーカーとは、2012年7月にめでたく第一子(2015年11月に第二子、2020年9月に第三子)を授かった40代パパが息抜きでたまに本気出して書く、パパ目線でのモノ選びを中心に紹介するブログ。国内・海外のベビーカーを100台以上押し比べた実績が評価されて、晋遊舎から出版の『ベビー用品完全ガイド』にも以前出演させていただきました。
» 誰に向けて書いているの?

目次