2024年5月のおすすめランキング 

ピジョン パルスキップの後悔とおすすめポイント解説

ピジョン palskip(パルスキップ)の個人レビュー
価格59,000円 + 税
対象生後1ヵ月〜36ヵ月まで
重量7.1kg
横幅55cm
ハンドル高101cm
リクライニング角度110°~170°
公式サイトhttps://pigeon-htravel.com/palskip/
目次

解説

ピジョンがはじめて出した三輪ベビーカー。
それが、このパルスキップ。

2019年5月に販売開始とまだ日が浅いので、街中で見かけることも少ないと思うが、これが気になっている人は、

で、エアバギーと比べてどう??

だと思う。

エアバギーと比べて優れている点

  • 2キロほど軽い。なんとか肩がけできるレベル
  • 取り外して丸洗いできるインナーシート
  • 地上54cmのハイポジションシート

エアバギーと比べて劣っている点

これはあくまでも個人的な感想。

  • 走行安定性はエアバギーの方がある
  • ハンドルのきしみが気になる
  • ブレーキ操作がフットブレーキのみで下りの坂道が不安

価格はエアバギーよりも3万円前後安いだろうか?

それはそれでメリットなんだと思うけれども、

このパルスキップはあまりにも初代エアバギーと似ているので、会う人に会う人に

「エアバギーにしたんだ~」

と言われ続け、「実はこれピジョンの・・・」と言い訳するのに疲れるかもしれない。

型落ちモデルのお手頃価格でエアバギーを手に入れるか?

それとも、今年発売のこの新作3輪バギーを手に入れるか?

意外な理由で、意外なメリット・デメリットがあるので気をつけたい。

余計な気を使うコストは、案外安くない。

目次