メニュー
ページ
 ベビーカーのおすすめ商品 

【レビュー】アップリカ ルーチェの口コミ(メリット・デメリット)

【実機レビュー】アップリカ ルーチェの口コミ(メリット・デメリット)

この記事は購入相談実績100件以上、100台以上のベビーカーを押し比べた管理人パパ(ベビーカージャーナリスト)がお届けしています。

目次

サイベックス メリオの対抗モデルか?
アップリカの今後の両対面式を占う一台

アップリカのベビーカーラインナップに新モデルが追加された。
モデル名は『Aprica Luce(アップリカ ルーチェ)』。

ルーチェとは「輝き」という意味だが、それに相応しくない他社追随モデルに相当する。
追随しているのは国内で人気の高い軽い両対面式ベビーカーの『サイベックス メリオ』。

両者を見比べて、しっかり吟味して決めるがいい。

結論:こんな人は買ってヨシ!
  • 国内メーカー志向である
  • ベビーシートも抱っこ紐も、そしてもちろんベビーカーもApricaで揃えたい
  • 片手で持てる軽い両対面式ベビーカーで探している

■ アップリカ ルーチェ

発売日2022年2月25日
価格69,300円
79,200円(プレミアム)
対象生後1カ月~36カ月 (体重15kg以下)
重量5.9kg
横幅53.9cm
ハンドル高98cm/101cm/104cm程度の印象
*公式サイトで公表されていません
リクライニング角度115°〜171°の間で無段階調節
サスペンション全輪(前後)
保証期間3年
公式サイトhttps://www.aprica.jp/products/babycar/detail/luce/luce/

1分でわかるルーチェの特徴

アップリカ ルーチェのカラーバリエーションは3色
一般モデルは全3色。プレミアムは上記に加えてサクラ色が追加
(公式リリースより)
  • アップリカ初の全輪シングルタイヤの両対面式
  • 対面切り替えはハンドルではなくシート付け替えで
  • 黒船サイベックス(メリオ)の対抗モデル
  • メリオよりも足元広々
    前後のタイヤ配置→メリオ:逆台形 ルーチェ:台形(後輪側にゆとり)
  • メリオよりもリクライニングレンジが一つ多い(メリオ:3段階 ルーチェ:4段階)
  • シートはしっかり起こせて、しっかり寝かせられてフワフワ
  • ストレートフレーム構造で体重が軽いうち押しやすい
  • 業界随一!57リットル大容量の荷物カゴ
  • 乗せ降ろせが楽なマグネットベルト搭載
  • 寝かせたままでクルマの乗降もOK!トラベルシステム対応
  • 開閉は片手だけ!は無理でした、、
    公式サイトでもここに触れられていません
ベビーカーの前側から見た荷物カゴの開口部
(これは私の知る限り最強クラスの大きさ)

管理人パパが試した感想

まずこれは両対面式ベビーカーである。
さっきも言ったようにシングルタイヤの!!

アップリカ ルーチェの車輪
ピジョン ランフィっぽさがある
管理人パパ

なんや!できるんやんか!!シングルタイヤ♪

ほんとこう思う。

どうやら国内メーカーが得意なハンドル切り替え型の両対面式ベビーカーというのはダブルタイヤであることが構造上求められているみたい。

昨年コンビから発売の『スゴカルminimo』も、ハンドル切り替えを諦めて、海外では主流のシート付け替え型の両対面式に変えた途端にシングルタイヤで登場したし(こちらもコンビ史上初!)。。

本当にユーザーが「ハンドル切り替えの便利さ > 段差につまづきやすい」を求めていたのか?!
ここにきて分かってきたみたい。

デザインの印象

アップリカ ルーチェのフェイクレザーハンドル
アップリカはこの明るい茶色が好きだよね

遠目でも高級感があり、アップリカの高級ラインのオプティアに近い質感。
ハンドルとフロントバーは最近主流のフェイクレザー。
シート幅も割とゆとりがある印象を受けた。

アップリカ ルーチェ
クッションはシート全幅ではなくセンターより

見た目はできるだけシャープに、シンプルに見せたいという意図を感じた。

シートクッションに目を向けると、やはりお得意のふわふわ・さらさら系で上手くまとめられている。

アップリカ ルーチェのクッションは分厚くてさらさら
ボリューム感もあり通気性も高そう

ここの通気性は心配なさそうだ。

通気性が高そうなシート背面構造
シートのリクライニングは上部のトリガーを引いて行う

次はサイズ感について。

シートをフラットに近づけたときの全長はアップリカの中では最大の93cm。
ラクーナやオプティアが83/84cmなので約10cm長い。

これは最近アップリカが気にして取り組んでいるように見える「シートのハイバック化」の影響もあるはずだ。
子どもが成長するにつれて座高も伸びる。
長く使いたいのに幌の天井に頭が付くなんてことにならないように、長さに余裕をもたせているようだ。

走行・操舵性能の印象

アップリカ ルーチェはストレートフレームで押しやすい
体重が増した頃(2~3歳)これが吉とでるか
*店内での走行動画はさすがに控えました

全長が伸びた分、曲がりやすさに影響が出ないか心配だったけれど、店内をぐるっと回ってみた感想は特に問題なし
前輪が浮ついた感じもしない。

あくまでも店内のツルツルの床で試しただけだが走行性能はピジョンのランフィにきっと似ているだろう。

折りたたみやすさ・持ち運びやすさの印象

アップリカ ルーチェを折り畳んだ
ストラップが付いてるけどこちらのセンターフレームを持たせるで良かったのでは…

折り畳むと全高は75cm弱と小さくなる。
奥行き幅をぎゅっと圧縮すると35cmほどに。

折り畳み後の姿はそこそこコンパクト。
5.9kgと軽量だし、取っ手も付いているので持ち運びやすい。

一方、折りたたみやすさ・展開のしやすさに関してはちょっと課題があると感じた。

100台以上ベビーカーを押し較べてきた私でも、なかなか新感覚な畳み方。
慣れるまでに少し時間が必要かと見た。

アップリカ ルーチェを折り畳むとハンドルが地面に接地してしまう
(左)折り畳むとハンドルが地面に接地
ハンドルに凸型バンパーが付いている理由

比較すべきライバルはどれ?

まずベビーカーを詳しく調べている人なら誰でも思うであろう「サイベックス メリオに似ているよね!?」は別の記事で徹底解説することにしたい。

よってここでは、Apricaの両対面式ラインナップとの比較と他社シングルタイヤのそれとの比較をする。

アップリカの両対面式ベビーカーと比較

まず、アップリカの両対面式ベビーカーは以下の5つのモデルで構成されていると知っておいて欲しい。
ランク(格付け)は以下の番号順となる。

  1. オプティア クッション グレイス
  2. ラクーナ クッション(フリー)
  3. ルンルン
  4. カルーンエアー

カバーしているマーケットを考えるとこの表のようになる。

オプティアラクーナルンルンカルーン
価格7万円台6万円台5万円台3万円台
ポジション過保護なぐらい新生児の幸せを追求した高級機軽いのに機能モリモリの定番モデル段差乗り越え強化で考えた後出しモデル対面式の走行性を犠牲にして軽さ重視
強み質感の高さバランスの良さ段差乗り越え軽さ

で、今回のルーチェの登場。

ルーチェはこの表の中ではオプティアと並列、ラクーナの上位にあたる位置にくる。

では、オプティアと較べた場合、「あえてルーチェ」を選ぶ理由は?

これは難しい。

何が難しいかって?

そもそもメーカーとしてオプティアとルーチェが7万円台の高級ベビーカー市場の売上を食い合うようなことを想定したくないだろう。

むしろ、この高級ベビーカー市場におけるアップリカのポジション・存在感を保ちたいがゆえの苦肉の策としての登場だと見ている。

というのは、ここ数年(2年ほど)で楽天市場Amazonに見るベビーカーの売れ筋ランキングの面々が大きく変わっている

海外ブランドが(といってもPRやマーケティングは日本支部の敏腕担当者たちだけど)展開するプロモーションの影響で国内メーカーの存在感が薄れてきているのだった。

奪われた席を取り返す!

そんな刺客として送り出されたのがこのルーチェということだと思ってる。

RISU

隊長!!
やっぱり脱線してますよ(笑)
こらえてたけどやっぱり出てきちゃいましたよ~

管理人パパ

あっ、そうかそうか、、
オプティアとの比較もちゃんと伝えないとな(汗)

オプティアと比較した印象

オプティアは、特に走行性がどのベビーカーよりも優れている!とかそういうものはないです。はい。
しかし、まるでベビーベッドのような安心感がそこにあります。

再生リスト
(右上のメニューで動画を切り替え)

押すとガラガラ~♪という古典的な音もします。
ただ振動はシートに到達するまでに上手く吸収してくれているようで子どもは意外にもスヤスヤと寝てくれたり。

ただし!
ここがポイントですが、子どもの月齢が6ヶ月~8ヶ月を超え、腰が座って、なんならベビーカーも前のめりに攻めた座り方を取りはじめるとこのベッドとして役割はもう卒業を迎えます。

一番美味しい時期は1歳ぐらい(乳児期)まで。

そこから先は、周りに見る「手軽な」や「小さく折り畳める」や「上体をじゃっきり起こせる(ルーチェのようなリクライニング角度)」を羨ましく思うでしょう。

ルーチェの多段階式リクライングは便利

その点で、ルーチェはオプティアの後をしっかりカバーできる機能を持ち合わせています。

ルーチェはもちろん生後1ヶ月から使えるA型ベビーカーですが、オプティアと比べるとより後半(生後6ヶ月~)に美味しいベビーカーと言えます。

選び分けのポイントは、

  • 折りたたみやすさで選ぶならオプティア
  • 1歳以降の前のめり(姿勢)に応えたいならルーチェ

でいきましょう。

他社のシングルタイヤ(両対面式)と比較

コンビ スゴカルminimoと比較

スゴカルminimoの利点は、「ミニモ」というだけあって小ぶり=小柄な方でも操作しやすいところです。
ルーチェより800gも軽量で、全長は10cmも短い(ラクーナと同じ)。
折りたたみ方法も従来型で取り回しやすいです。

ルーチェと較べた場合のマイナスポイントはシートのリクライニング角度が若干緩く、ルーチェほどシートが起きてくれません(ルーチェ:115° ミニモ:125°)。

軽さを取るか、リクライニング角度を取るかが判断の分かれ道です。

ピジョン ランフィRB2と比較

2022年3月4日発売のピジョン ランフィの最新作『RB2』。
重量は5.6kgでちょうどルーチェとスゴカルmimimoの間ぐらい。

ピジョンの両対面式ベビーカーの定番機で全体的に質は良いです。
ただその分、価格も高い?ので私は毎年「最新にこだわらず型落ちを狙え」を推奨しています。
型落ちだと1~2万円落ちるのが恒例です。

¥61,600 (2022/10/03 07:58:58時点 楽天市場調べ-詳細)

両者との違いは通常モデルにはハンドル高さ調整機能がありません。

毎年それがあるタイプとしてアカチャンホンポから『ランフィリノン』という販売店限定モデルが出ている(毎年3月~4月に発売)ので、こことの比較をすべきでしょう。

ルーチェと較べた場合のマイナスポイントはこちらもシートのリクライニング角度が若干緩く、ルーチェほどシートが起きてくれません(ルーチェ:115°ランフィ:100°)。

おそらく「あれ?逆では!?」と思われたはず。

カタログ状はランフィの方が上体を起こせるはずなのですが、私の実測ではそこまでありませんでした。

これは測り方の違いなのかもしれませんが通常、ルーチェのような多段階式リクライニングと較べてランフィやスゴカルminimoといった多くの国内メーカーが採用している紐による無段階式リクライニングでは実際の角度がカタログより10°~20°ほど甘くなる傾向にあります。

なんにせよランフィは日本人が使いやすい真ん中を攻めているモデル。
斬新さは無い代わりに無理もない。
開閉も簡単です。

ここは慣れた操作性か、リクライニング角度を取るかが判断の分かれ道です。

ルーチェはこんな人におすすめ

アップリカ ルーチェのフットブレーキ部分
フットブレーキの位置は右側より

まとめます。

ルーチェの特徴は以上でなんとなくわかってもらえたかと思います。

私はこれを「アップリカのラフすぎる大冒険」と捉えています。

ベビーカー業界の黒船に真っ向勝負を挑んだ意気込みを僕は買っています。

ただ、今回だけはちょっと似せすぎ(寄せすぎ)た印象が拭えません。

サイベックスの製品開発担当者にコンセプトがあり、性能を追求した結果、今のメリオの形になった背景を知らずんば、「形だけメリオに似ていたとしてもなにか使い勝手としてしっくり来ずに、逆にメリオに塩を送ってしまった。」ことになっていないか…

私は心配です。

それはアップリカが面白くないと、競争が起きずに日本のベビーカー市場がつまらないものになってしまうからです。

10年前は大人気だったエアバギー、それと拮抗する形でおもしろいベビーカーをたくさん出してきたアップリカ。

改良の上手いメーカーですが、モデル数を絞っての尖った作り込みは苦手のように感じます。

私が知る限り、なかには私も満足しているベビーカーもあります。

例えば、三輪ベビーカーのスムーブプレシャス

そう。メリオのライバルはメリオに似た何かではなく、スムーヴだと思うんですよね。

スムーヴを作り込んで欲しい。

スムーヴに色気を足してやって欲しい。

管理人パパ

アカン、ついつい熱くなってルーチェを忘れがちに・・・

RISU

だからっつーの(笑)

ということで、わたし何を話していたんでしょうか。。

ルーチェ。

多分、心の底では意気込みを称賛しながらも、メリオとの差を感じさせてしまった悪手だったのでは?という想いがあるんでしょうね。

メリオに似ている。

ということで、もう別に直接比較記事を用意するのはやめておこう(あげよう)と思い直しました。
十分伝わったでしょう。

こんな風にしてくれたら管理人パパはうれぴい

(左)アップリカ ルーチェ (右)サイベックス メリオ カーボン 2022
もうどっちがどっちか分かるよね?

さて、私考えました。

もちろん、ルーチェはメリオのライバルとして試してみる価値があると思っていますが、ここまで似ていると「これが絶対におすすめ!の人」を挙げるのが難しくなってしまいます。

みんなメーカーが思っているほど、アップリカのマグネットベルトの便利さに気づいていなければ評価もしていないからね。。

ということで、もうここまで来たら「こんな風にしたら売れるのでは!?」という終わりのはじまりから考えてみます。

こんなことするのはじめてですけどね(笑)

さて、何を考えているかと言うと、

アップリカとして、いっそのことこのモデルを今後の製品開発に活かす戦略的フィードバックモデルと位置づけて、スムーヴと抱合せ販売してみたら面白いのではないかと思っています。

どういうことかと言うと、

7万円で『Aprica Stroller Combo Pack』というサービスを提供する。

コンボ内容
  • アップリカ ルーチェ(A型両対面式)
  • アップリカ スムーヴ(A型三輪)

どちらか1台を先に試してもらい、3~6ヶ月以内であればもう一方のベビーカーに乗り換え注文が可能。
乗り継いでも最初の支払いの7万円(税込)だけでOK。
なんならB型ベビーカー(マジカルエアー)も+5,000円で別途オプション提供可なんかも。

RISU

よけいなお世話すぎる~~~(笑)

管理人パパ

だよな(苦笑)

でも、まぁ、なんというか、わたし最近思うんですよ。

SDGsを盾に、もうモノよりも利用価値・便利だった時間を売ってくれたほうが幸せになれるんじゃないかと。

ルーチェは、このような奉仕型サービスの中でとにかく「利用者の声をたくさん集めたいがためのサンプル(フィードバック募集マシーン)」として使い、それを今後のアップリカがサービス型企業に変わるためのモックアップとして働かせれば面白いんじゃないかと勝手な想像でした。

来店後記

アカチャンホンポの店舗ではたくさん試させていただきました。

ベビーカーフックなどの取り揃えも豊富で、リッタグリッタやベビーホッパーなど人気商品もばっちりおさえられてました。

皆さん、是非ルーチェをアカチャンホンポへ押し試しに行きましょう!

三男(1y3m)にお土産
三男(1y3m)にお土産を買ったよ
このベビーカーの総合評価
3
  • 押しやすさ
    (3)
  • 機能性
    (3)
  • 携帯性
    (3)
  • デザイン
    (3.5)
  • 価格
    (2.5)

アップリカの最安値·安心の購入術

ここがポイント

  • 以前(2012年)は東京(代官山)に直営店があったが今はなく、店舗での購入は「ベビーザらス」「赤ちゃんデパート水谷」「アカチャンホンポ」などが対応している(店舗情報
  • アップリカの公式サイトは通販機能を持たず、ネット通販は上述のオンライン店舗または楽天市場やAmazonがメインとなる
  • ポイント還元率では楽天市場が、型落ち商品ならAmazonが最安値をつけることが多い
  • 楽天市場内のテナントには新製品に強いお店と、型落ち製品に強いお店の2タイプがあるので上手に見極めたい
  • 新製品は「楽天24 ベビー館」が、旧製品は「ORANGE-BABY」が品揃え豊富で安い
  • ラクーナの「ビッテ」などアカチャンホンポ限定モデルは「アカチャンホンポ」でのみ販売

下記はいずれもショップレビュー検査済み店舗です。

私がお得&安全と考えるショップ

【実機レビュー】アップリカ ルーチェの口コミ(メリット・デメリット)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

運営者情報

東京ベビーカーとは、2012年7月にめでたく第一子(2015年11月に第二子、2020年9月に第三子)を授かった40代パパが息抜きでたまに本気出して書く、パパ目線でのモノ選びを中心に紹介するブログ。国内・海外のベビーカーを100台以上押し比べた実績が評価されて、晋遊舎から出版の『ベビー用品完全ガイド』にも以前出演させていただきました。
» 誰に向けて書いているの?

目次