メニュー
管理人パパ
ベビーカージャーナリスト
プロ・ベビーカーレビュアー。ベビーカーを10年間で100台以上押し比べてきた体験談を紹介。2022年からは年間100件の購入相談に応える。業界のトレンドや売り手の心理を先読みしたレビューが得意。雑誌のベビーカー特集監修等

グレコ シティトレック GBの後悔とおすすめポイント

[GRACO] シティトレック GB
この記事の目次

ー 累計300件以上の購入相談実績を元に解説 ー

エアバギーと違って片手・片肘で畳める。
買い物カゴもそのまま積めてお値段半額はお値打ち。
ベビーカー界のN-BOXか。

米国発のベビー用品ブランドが『GRACO(グレコ)』。
親会社はベビージョガー・ブランドなども所有する『ニューウェル・ブランズグループ』で、過去には国内メーカーの『アップリカ』を買収し、現在はアップリカも取り込んだ一大企業グループとなっています。

さて、そんな米国発世界に覇権を握る企業からの三輪ベビーカー『シティトレック GB

すぐれた特徴(メリット)

あらためてエアバギーと比較せずにシンプルにまとめます。

  • 値段が手頃(3万円台)
  • 片手でスイスイ押せる
  • 片手で折り畳める(最後ちょっともう片手か片肘必要ですが、、)
  • エアタイヤとサスペンションで段差やでこぼこ道に強い
  • スーパーの買い物かご相当がそのままシート下カゴに積める!

三輪ベビーカーの欠点としては、重心が後輪側に偏っていることもあり、ハンドルに荷物をかけすぎると後転してしまうリスクが高いことがありました。
それを補うためにはシート下カゴにわざと重量のあるものを置いたりと無駄がありました。

それがシティトレック GBの場合は、出発時にはお出かけ用の荷物をバックパックにたっぷり詰め込んで、それをシート下カゴに入れておく(走行の安定)、帰りの途でスーパーに寄ったなら、カゴの荷物をひょいと背中に背負って、今度は下カゴにスーパーの買い出し品を積んで帰れる。

そんな車でいうと、N-BOX(ホンダ)のような使える乗用車になっている印象です。

グレコ シティトレック GBの後悔とおすすめポイント
商品ページではこんな風に無茶積まれているが・・・本当なの??
グレコ シティトレック GBの後悔とおすすめポイント
商品ページではこんな風に無茶積まれているが・・・本当なの??
悪路に強いベビーカー部門
ごめんなさい。。本当でした・・・

ちなみに荷物カゴに積まれているカメラリュックはこちらです。

RISU

これならパパカメラマンも安心ですね(笑)

懸念点(デメリット)

ハンドル位置は足元空間の確保のためか若干高め(103cm~104cm程度に見えます。サイベックスのイージーS2ぐらいですね。)だと思います。

しかし、全長がエアバギーよりも6cmも短く、ベビーカーの鼻先の視認性は悪くないです。

「じゃあ、エアバギーと比べての走行性はどうなの?」が気になる人は多いはずです。
それに対する答えは、安定性はシティトレックの方が高い(前輪がダブルなので)ですが、直進性(押し出しの滑らかさ)はエアバギーに軍配があがります。(エアバギーを10とするなら8か8.5でしょう。)

シティトレック GBの走行レビュー

シティトレック GBの基本スペック

発売時期2021年9月29日
価格37,400円
ブランドグレコ(米国)
タイプ三輪(A形)
対象年齢生後1カ月~36カ月(体重15kg)まで
サイズ
幅×奥行×高さ
展開時:55.2×90.3×109.4cm
折畳時:55.2×36.8×85.5cm
重量8.8kg
荷物容量耐荷重最大5kgまで(33.3L)
ハンドル高103cm
座面高50cm
リクライニング113°~155°(無段階調節)
背もたれの長さ44.5cm*
*公式に発表されていないため独自に計測
レッグレスト固定
バンパーバーあり
車輪サイズ前輪:22.2cm
後輪:22.2cm
サスペンション全輪
カラーリーフグリーン
付属レインカバー
オプション
トラベルシステム不可
取得安全基準EN1888-2012準拠
保証期間購入後1年
公式HPhttps://www.gracobaby.jp/stroller/cititrek_gb

■ 本体

シティトレック GBはこんな人におすすめ

  • 近所にどうしても通らなければならない砂利道やでこぼこ道がある
  • エアバギーの押し心地に感動した経験がある。しかし、重く・高価で諦めていた
  • エアバギーの利用者の親から「フロントバンパーが取り外しにくい!」と不満を聞いていた
  • 新生児から乗せるにはエアバギーのシートクッションの薄さに不安を感じていた
  • 三輪ベビーカーはいろいろあるけれどエアバギーと同じエアタイヤだと嬉しい
  • 片手で畳める三輪ベビーカーを探していた
  • 荷物は割と多い方だ
  • 散歩に良く行く・行きたい
  • 出かけた帰りにはスーパーで買物もしたい
  • 玄関は大きくないので国内メーカーのベビーカーと同じ程度サイズだと嬉しい
  • 自宅は戸建てもしくはエレベーターのあるマンションか、エレベーターの無い2階までの集合住宅に住んでいる
管理人パパ

単に「買い物かごが積める三輪ベビーカー!」というだけがウリではありません。新生児から使えて、悪路にも強く、買い物にも便利、そしてなにより安い! これからの流れが変わりそうなニュースタンダードなベビーカーですね。

シティトレック GBの関連アイテム

シートを汚さないためや、月齢が浅い時期におすすめのベビーカークッションを挙げておきます。

《検証機》グレコ シティトレック GB
敷きやすさ
サイズ感
折り畳めるか
管理人パパ

シティトレックはスムーヴに比べてレッグレスト部分の長さが短い。それをこのマットは補完してくれる。サイズ感良し。

シティトレック GBと比較すべきライバル

ライバル候補は三輪ベビーカーカテゴリーの面々になるでしょう。

海外ブランドと比較するとこちら

スクロールできます
シティトレックGB ライトトラックス ライトトラックスエア
ブリタックス ビーアジャイル Britax B-AGILE 3
ビーアジャイル3
ビーモーション3 ミニ スイフト ラピッド3R 2021
ブランドグレコジョイージョイーブリタックスレーマーブリタックスレーマーマウンテンバギーマウンテンバギーハウク
発祥国米国イギリスイギリスドイツドイツニュージーランドニュージーランド^ドイツ
発売日2021年9月2015年4月2016年7月2016年4月2016年6月2017年5月2017年5月2019年1月
対象生後1カ月~36カ月(体重15kg)まで生後1カ月~36カ月(体重15kg)まで生後1カ月~36カ月(体重15kg)まで生後1日目~15kg(4歳頃)新生児~15kg(4歳頃)新生児〜20kg(5歳頃)新生児〜20kg(5歳頃)0ヶ月から25 kg(5歳頃)まで
サイズ
幅×奥行×高さ
展開時:55.2×90.3×109.4cm
折畳時:55.2×36.8×85.5cm
展開時:54×89×103cm
折畳時:54×30×81cm
展開時:53×91×103cm
折畳時:53×28.5×85cm
展開時:58×90×100cm
折畳時:58×71×38cm
展開時:58×100×105cm
折畳時:58×70×27cm
展開時:58×100×100cm
折畳時:58×25.5×72cm
展開時:58×100×100cm
折畳時:58×31×72cm
展開時:61×107×109cm
折畳時:61×39×88cm
重量8.8kg9.3kg10.1kg7.8kg11kg7.6kg9.1kg11.55kg
荷物容量5kgまで4.5kgまで4.5kgまで4kgまで4kgまで5kgまで5kgまで3kgまで
サスペンション全輪全輪全輪全輪全輪なしなしなし
トラベルシステム不可
価格¥37,400¥22,880¥33,880¥38,500¥49,500¥66,000¥90,200¥38,500
公式サイトGRACOJoieJoieBritaxBritaxMountain BuggyMountain BuggyHauck

国内ブランドと比較するとこちら

海外ブランドでは安価なジョイーがライバルで、その他はかなりニッチめな目的で選ぶことになるでしょう(他人と絶対にかぶりたくないとか)。

メインは国内ブランドの2つ。

エアバギーはオフロード・オンロード程よく使えて段差へも強い。
ドリンクホルダーがおしゃれのアクセントになっています。

スムーヴは折りたたみ後の自立姿がスリムでいいけど、段差へのアプローチは固め。
オンロード向きです。

シティトレック GBはなんといっても公園遊びを中心に考える人向け。
段差にも強く、スーパーの買い出し荷物も余裕で持って帰られる。
カゴにおもちゃを山ほど積んでお出かけできる。

決め手はコレ!(管理人VOICE)

三輪ベビーカーというと玄関での収納性の低さが問題だった。
いくら悪路の走行性が高くても、狭い玄関に「デーン!」と鎮座されては日々の出発・帰宅がうんざりするほど気分が重たくなってしまう。

その点、このシティトレック GBは畳んでも奥行きがわずか35cm程度(≒ラクーナ)と優秀だ。
これは一般的な国内メーカーの折り畳みサイズとほぼ変わらない。

玄関に遠慮なく畳んで置いておける三輪ベビーカー。

そして、たっぷりおもちゃやスコップを積んでの公園遊びや、帰りの買い出しが便利なベビーカー。

もはや、三輪ベビーカーだから走行性がいい、三輪だと恥ずかしい、三輪だと大きすぎる、などいろんな「けど、だけど」を超越した使い勝手の良さを盛り込んだ一台でしょう。

読者からの口コミ

レビュワー

MAさん

購入されたモデル名

グレコ シティトレックGB

このベビーカーを購入した理由
  • 家の周りに悪路が多いため、操舵性、走破性に優れた物が欲しかったから。特に購入相談をした際の、『段差にグイグイ突入できる』というメリットは大変魅力的だった。
  • 狭い玄関に置け、何とか2階まで階段で運べるサイズと重さだから。
このベビーカーの良かった点

【操舵性】動かしたい方向にストレスなく動かせる。バックもスムーズ。
【走破性】揺れがかなり少ない。段差に突っ込んだ時はやや揺れるがガクンとならない。
【走行音】どんな道でもガタン!とかガラガラという音がしない。スーツケースのガラガラ音が気になる自分としてはとてもポイントが高かった。
【大容量のカゴ 】 選考時は重視していなかったけれど、レジカゴがそのまま入るのはやはり便利だった。いろいろ詰めたマザーズバッグでもすっぽり。

このベビーカーで改善を期待する点

【肩ベルトの高さ調整】
シート内の固い板の穴から肩ベルトを出し入れしなければならないが、信じられないぐらい通しにくく(穴にほぼ余裕がないのにプラスチックのベルト調整具も通す必要がある)、固すぎてペンチで引っ張った。これだけは絶対に改善が必要と感じた。
【重さ】
3輪では軽い方だが、平均より少し力がある自分でも重たいと感じた。持ち上げての運搬は華奢・小柄な人はきついと思う。
折りたたみ:慣れが必要。ハンドルが下になるので、荷物フックをかけていると地面についてしまう。
【幌】
赤ちゃんの様子が見られると謳っているメッシュ窓が後方についているが、身長150台後半の自分がフルリクライニングした時に丁度見えるぐらいで、シートを起こすとハンドルとかぶってよく見えなくなる。身長170台後半の夫からは完全に死角になりどうやっても見えない。
【大容量のカゴ】
レジカゴを入れた場合、フルリクライニングしていると上部の隙間があまりできないため商品を滑りこませるようにしてカゴに入れることになる。シートを起こすにつれ使いやすくなる。

〈気になる点に対しての工夫〉
持ち運び→
自宅は2階・エレベーターなしのアパートのため、先に1階玄関にベビーカーだけ出しに行き、後から子どもを連れて行く(帰りは先に子どもだけ家に置きに行く)ようにしている。重い物を持ち慣れている人の場合階段程度の時間なら肩に掛けられなくもない(外側になるフットレストを持つと安定する)。ただ、この場合固いバンパーがダイレクトに肩に刺さる。ジェルトロンのショルダーパッドLを丁度バンパーに巻くことができるので、こうすると肩の痛みは幾分マシになる。もちろん両メーカー非推奨、自己責任ではある。子どもはポルバン(+ショルダー)に載せて左手で支え、右肩にベビーカーをかけ、買い物をした場合はレジカゴリュックを背負って階段を上がることは自分の場合一応できた(安全面からオススメはできない
が…)。

ハンドルの高さ→
身長150台後半だとハンドルはみぞおちとへその中間ぐらいの位置に来るため、やや高いと感じる。体に引きつけて押すと手首が上に曲がるためだんだん痛くなってくる。少し体から離して遠めに押すか、ハンドルの脇を持って押すかという工夫が必要。身長170台後半の場合は丁度良いよう。

このベビーカーと迷った他の候補
  • ベビーゼン YOYO2
  • エアバギー
  • サイベックス イージーS+ 2

ベビーゼンは一番迷ったがハンドルが高いのが普段使いとして気になった。サイベックスは特に気になる所はなかったが、最終的に悪路に強いを重視して安定のエアタイア・3輪(4輪でも大丈夫だったかもしれないが、家の周りで試す機会がないため賭けになるのが心配だった)にした。エアバギーはシティトレックより重くて厚いため選外に。

この記事の目次