100台を押し比べたパパの総合ランキング »

イージーウォーカー Harvey3(ハーヴィー3)の口コミ(メリット・デメリット)

イージーウォーカー Harvey3(ハーヴィー3)の口コミ(メリット・デメリット)
(2.8)

サイベックスのプリアムと競合か?『Harvey3(ハーヴィー3)』が新発売

管理人
管理人

見た目はサイベックス イージーS Twist2よりも一回り大きく、重くて、ゴツくて、日本未発売・・・
しかし、ハンドル高さ調整可能でセクシーでセレブな一台になっている。

オランダ生まれのベビーカーメーカー『easywalker(イージーウォーカー)』から両対面式ベビーカーが新発売。

発売時期は2021年3月下旬。
ちなみに、国内未発売で販売予定はない様子。

イージーウォーカー ハーヴィー3(Easywalker Harvey3)

価格719.99ユーロ(94,700円)
対象体重22kg(4歳頃)まで
重量11kg
横幅59cm
ハンドル高~111cm
トラベルシステム対応あり。マキシコシ、サイベックス
二人乗り対応オプションシート装着で可
公式サイトhttps://easywalker.com/en/harvey-3-strollers/

1分でワカル!本機の特徴について

  • ファブリック&ハンドルの質感が高い
  • 剛性が高く長期間の利用が見込まれる(4歳ごろまで)
  • 車輪は前輪が約20cm、後輪は27cmとかなり大型で段差乗り越えがスムーズ
  • 重量は11kgと重いが、サイベックスのプリアム(12kg)よりは軽い
  • 意外にも折りたたむとコンパクト(奥行きはそれなりにある)
管理人
管理人

サイベックス プリアムの重量が12.9kg。設計もいささか古い感じはいなめない。
新発売のこちらのハーヴィー3はプリアムと似たデザイン性を誇りながら、重量はそれよりも約2kg軽量。

私も都内でハーヴィーを見かけたのは1度だけだが、フレーム構造がとてもセクシーで見た目にもインパクト&高級感(シンプルな)があり、さりげないおしゃれが分かる人に薦めたい一台である。

ただし前述のとおり、重いし、それなりに全長もあるので、できれば押し手の身長は少なくとも165cm、できれば170cmからがバランスの良い見え方になるはずです。

プリアム(ライバル)との違い

サイベックス プリアム本機(ハーヴィー3)
定価134,000円94,700円
重量12.9kg11kg
横幅57.5cm59cm
対象年齢生後1ヶ月〜4歳ごろまで生後1ヶ月〜4歳ごろまで

ほぼ互角と言ってよい。
イージーウォーカーのHarvey3はバージョン3と銘打つだけあって、細かい改良が重ねられている。
最近発売ということもあり、設計が新しいメリットも教授できるだろう。

まぁ、しかし国内では未発売なのだけれど。

■ ライバルのCYBEX PRIAM(サイベックスの最上位機種)

レビュー記事はこちら→

どこで買える?

前述のとおり、日本未発売でまだ買えない。

国内におけるeasywalkerブランドの販売代理店はエアバギーを販売するGMPインターナショナルのはずであるが、本機発売の報はどこを見ても届いていない。

Haveyシリーズ自体が取り扱われたという話を聞かないので、マーケティングの理由で販売の予定がないのだろう。

どうしてもという場合は、本国の公式サイトに問い合わせるか、出張などで直接買い付けるようなことになる。

あとは、GMPインターナショナルに100通以上もの問い合わせ(クレーム?)が付けば、販売代理店も取り扱いを検討してくれることかと思う。

私から言わせれば、どんだけセレブだ。。であるが

デザイン性が気に入った人は?

イージーウォーカーブランドで国内での取り扱いがあるモデルもあるにはある。

この『Buggy XS』がそれである。

いわゆる新生児から使えるA型ベビーカー(背面式)であるが、シートクッションが心もとないのでB型として1歳すぎから使うのに適していそうだ。

参考:こちらの店舗さんの記事が詳しい

あとはクーパー miniとか好きな人にも。

ベビーカー選びの奥は深い。

このベビーカーの満足度レビュー
2.8
  • 押しやすさ
    (3)
  • 機能性
    (3)
  • 携帯性
    (3)
  • デザイン
    (3)
  • 価格
    (2)
error: