100台を押し比べたパパの総合ランキング »

サイベックス イージーS ツイスト2の口コミ(メリット・デメリット)

サイベックス イージーS ツイストの個人レビュー
(3.5)

2020年8月:最新モデル(Eezy S Twist 2)が発売予告されました。

サイベックスからイージーS Twist2(ツイスト2)が新発売。旧型モデルとの違いをチェック
サイベックスからイージーS Twist2(ツイスト2)が新発売。旧モデルとの違いをチェック

Eezy S Twist

価格55,000円 + 税
対象生後1カ月頃~4歳頃(17kgまで)
重量7.3kg
横幅45cm
ハンドル高103cm
公式サイトhttps://cybex-online.com/ja-jp/strollers/eezystwist
¥48,400 (2020/11/25 18:27:31時点 楽天市場調べ-詳細)
最安値店( ショップレビュー評価済み)

解説

サイベックスの両対面式になるベビーカーはこのモデルの他にMIOS(ミオス)があるが、あちらは重量8.7kg、価格も95,000円とこちらよりも随分と重くなる。MIOSは幼児期のフットステップやメッシュシートもあって確かに魅力的。

しかし、両対面式のベビーカーが欲しくて、あまり価格としてもデザインとしても「見栄を張った感のない、ママ友の間でも落ち着いたベビーカーの方が私にはぴったりかも?」という人にはとてもセンスの良さが発揮されているベビーカーだと思う。

イージーSについての詳しい情報はこちらのモデル紹介で詳しく書きました

そして、MIOSと比べて良いところもある。

シートを着脱させて背面式・対面式を切り替えるのではなく、シートを360°ぐるりと回転させてそれぞれを切り替えられるので、ベビーカーに乗せたままの食事などお出かけ先で「ちょっと変更!」という作業も楽。(子どもは一旦おろしてあげてから回転させます)

コンビの両対面式やピジョンのランフィなどと比べると確かに衝撃吸収性は互角かそれをやや下回るレベルになると思うけれど、全体的に高いレベルにあることは確か。フレームのきしみもこちらは微塵も感じない。

なにより、折りたたんだ後のコンパクトさでは圧勝だから、その点を評価して選ぶのもいい。

ドイツ発の質実剛健さを持ちながら、日本メーカーのお株を奪うコンパクト性能を併せ持つベビーカーは、とても素晴らしいが、

  • シート幅(45cm以下)
  • ハンドル高(103cm)

のサイズ感を考えると、

  • 押す人は身長160cm以上(180cm前後が一番押しやすい)
  • 2歳半過ぎてベビーカーに乗せているのは恥ずかしい

という親御さんにピッタリで、多少ターゲットは限定されると感じた。

ライバル車種たち

対面式の走行性にこだわりたくて、比較的クールめなベビーカーを探している人向けに以下をライバル候補に挙げておきます。

いずれも両対面式ベビーカーです。

セクシーなベビーカー:サイベックスのイージーSツイストプラス
日本では手に入らないCybexの最新モデル(EEZY S+/EEZY S Twist+)から海外ブランドにこだわる虚しさを知る
サイベックスからイージーS Twist2(ツイスト2)が新発売。旧型モデルとの違いをチェック
サイベックスからイージーS Twist2(ツイスト2)が新発売。旧モデルとの違いをチェック
このベビーカーの満足度レビュー
3.5
  • 押しやすさ
    (3.5)
  • 機能性
    (3.5)
  • 携帯性
    (3.5)
  • デザイン
    (3.5)
  • 価格
    (3.5)
error: