メニュー
管理人パパ
ベビーカージャーナリスト
プロ・ベビーカーレビュアー。ベビーカーを10年間で100台以上押し比べてきた体験談を紹介。2022年からは年間100件の購入相談に応える。業界のトレンドや売り手の心理を先読みしたレビューが得意。雑誌のベビーカー特集監修等

クイニー ZAPP FLEX(ザップ フレックス)の後悔とおすすめポイント

クイニー ZAPP FLEX(ザップ フレックス)の個人レビュー
この記事の目次

ー 累計300件以上の購入相談実績を元に解説 ー

対面・背面を切り替え可能な両面式三輪ベビーカー。対面式の三輪バギーとしては唯一無二の存在か。

クイニーはオランダ初のベビーカーブランド。
日本ではGMPインターナショナルが日本正規総代理店として販売している。

「ZAPP(ザップ)」シリーズから今回は対面式にもなるベビーカーが発売された。それがこの『ZAPP FLEX(ザップフレックス』。

注目は、生後6ヶ月から利用OKの簡易ベビーカーとして使うことを想定しながらも、コクーンシートを取り付ければ新生児から利用OKのファーストベビーカー・AB形ベビーカーとしてもながく使えるようになること。

良いと感じた点

  • 定価は50,000円ながら実売価格はコクーンがセットになっても3万円半ばで値ごろ感あり
  • フレームの剛性が高く走行安定性が高い(大きな段差以外)
  • ハンドル位置が高く(108cm)、背の高い人には押しやすい

気になった点

  • 折りたたみ時は自立せず、地面に倒れるタイプ
  • レインカバーは付属しない(純正は5,500円でオプション販売)
  • 58cmという横幅は改札の通り抜けにやや心配なサイズ(広幅改札のみ通過可)

ライバル車種たち

対面式にもなるフレキシブルなベビーカーということでライバルを挙げます。なお、トラベルシステム(ベビーシートを取り付けなど)まで範囲に含めてしまうと範囲が広くなりすぎるので、あくまでも対面式で走行性能の良いものという括りです。

車を保有しておらず、利用もあまりなく、ベビーシートを利用する予定のない人で対面式を求めるならば、ほぼこのZAPP FLEXで決まりだと思います。

対面式も背面式も楽しみたくて、ながく乗りたいと欲張りな方にはサイベックスのイージーS ツイストもおすすめです。


クイニー ザップ フレックス

価格50,000円 + 税
対象生後6ヶ月~
重量8.8kg
横幅58cm
ハンドル高108cm
リクライニング角度110°/150°/175°の3段階調節(推定)
公式サイトhttps://quinny.jp/stroller/zappflex/
この記事の目次