メニュー
ページ
 ベビーカーのおすすめ商品 

【レビュー】バガブー ドンキー5の口コミ(メリット・デメリット)

【レビュー】バガブー ドンキー5の口コミ(メリット・デメリット)

この記事は購入相談実績100件以上、100台以上のベビーカーを押し比べた管理人パパ(ベビーカージャーナリスト)がお届けしています。

目次

増えていく家族のためのクルマ
育児という名のアドベンチャー

二人目ができたかな?
それとも、二人目、三人目を予定していて将来みんなを安全に運べるベビーカーを探しているかな?

ちょっと大きいけどおすすめのベビーカーがある。
それがオランダ発ブランドのバガブー ドンキー5

メリット
デメリット
  • 家族が増えても三人目まで運べる
  • 剛性が高く長く使える・乗れる
  • 大量の荷物と一緒に出かけられる
  • 幅が広くて対向する人をよけづらい
  • 重すぎて階段の持ち運びはほぼ無理
  • 保管に広い玄関スペースが必要
バガブー ドンキー5 だと細い歩道を走行の際、生け垣の枝が邪魔
細くて長い歩道で対向者と生け垣の枝には注意が必要
バガブー ドンキー5 の折り畳み後イメージ
折り畳んでも全然大きい(本当はもっと小さくなる↓)
バガブー ドンキー5 は後部座席を後ろにスライドさせれば横からでもクルマに積めた
パパのステップワゴンでは後部座席を後ろにスライドさせればなんとか積めた
RISU

階段さえなければ、、

管理人パパ

スケールする家族に最高の一台!

周りから聞いたことがあるかもしれないけど、子どもが増えると移動にかかる手間が一人だけの時と全然変わるから気をつけてな。

年子で二人目だと、一人目はまだ歩きもたどたどしい。
歩くスピードも遅いし、すぐ疲れるし、自分の興味関心で止まるから(笑)

徒歩20分で行ける場所も、歩かせるなら1時間はみとかなな!

確かに歩かせることも体力づくりで、社会勉強かもしれない。
けれど、検診とか人と会う待ち合わせの約束事に子どもを巻き込むなら、さっさと乗せて連れていける手段を用意しておいた方がストレスがないな。

このベビーカーは子どもは二人以上欲しいと決まっていたり、双子だったり、年子なんかで二人目、三人目が生まれた場合にもれなく安全に家族を運べるという点で良いベビーカー。

重くて、デカくて、無骨な印象だけど、お嫁さんを手伝ってあげる前提ならぜひ検討したらいい一台だよ。

育児って「子どもの面倒をみている」だけの意識でもあっという間に時間は過ぎていく。

でもその期間、いくら大変でも子どもに尽くすだけの人生にしないで欲しい。
子どもが居て嬉しい!楽しい!一緒に周りのいろんなモノやコトに感動して過ごせたらいいやろ?

そのためには、あまり無理はせんことや。

国内旅行や海外旅行で遠出も確かに楽しいけれど、4歳までの子どもの記憶にどこまで残っているかパパは疑問や。
だって、2歳でシンガポールに連れて行ってあげたこと覚えてないやろ?(笑)

周りがどこへ行った、連れて行ってもらった!という声に惑わされず、地元の小さくて深い世界に感動して、そこでいろんなものを育んで欲しい。

日常の中に見つける大冒険(アドベンチャー)。
そういうのを楽しめるクルマだとパパは思う。

ドンキー5の基本スペック

発売時期2022年2月15日
価格179,000円:モノ(一人乗り)
223,300円:デュオ(年子用)
240,900円:ツイン(双子用)
ブランドバガブー(オランダー)
タイプ両対面式(A型)
対象年齢新生児〜体重22kgまで
サイズ
幅×奥行×高さ
■モノ
展開時:60×85-106×111㎝
折畳時:60×52×90cm

■デュオ
展開時:74×85-106×111㎝
折畳時:74×52×90cm

■ツイン
展開時:60×85-106×111㎝
折畳時:60×52×90cm
重量12.3kg:モノ(一人乗り時)
14.9kg:デュオ・ツイン(二人乗り時)
荷物容量シート下荷物かご:10 kg/35リットル
サイドバスケット:10 kg/30リットル
ハンドル高86~106cm
リクライニング100°/150°/175°の3段階調節式
車輪サイズ前輪:25cm
後輪:30cm
サスペンション全輪搭載
カラーミッドナイトブラック
ミスティホワイト
サンライズレッド
付属レインカバー
トラベルシステム可(マキシコシのベビーシートに対応
取得安全基準EN
保証期間購入より2年間(延長保証登録にてプラス2年)
公式HPhttps://www.bugaboo.com/jp-ja/%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%BC/bugaboo-donkey-5/

一人乗りモデル(モノ)

二人乗りモデル(デュオ<年子>/ツイン<双子>)

三人乗りモデル(デュオ/ツイン)+コンフォートホイールボード

ドンキー5の特徴

【たくさん乗れる】一人乗りから最大三人乗りまで
バガブー ドンキー5 モノ
双子や年子、年の離れた兄弟も一緒に乗れる
バガブー ドンキー5の追加シート
二人乗り用シートをサイドバスケットと入れ替える
バガブー ドンキー5 のベルトを取り外した状態
年上兄弟がもう2歳半~4歳で大きければバンパーバーは取り外して使ってもいい
バガブー ドンキー5 デュオ
デュオ(二人乗り)モード
バガブー ドンキー5 追加シートにはサンキャノピーもバンパーバーも不要と考えた
シンプルに上の子も乗り降りしやすい
バガブー ドンキー5 の車輪イメージ
別売りのコンフォートホイールボードを装着すれば年の離れた兄弟の「疲れた、、」にも対応できる
【たくさん積める】遠出に・兄弟用の全部の荷物を預けられる収容力の高さ
バガブー ドンキー5 の荷物かご35リットル
バガブー ドンキー5 の荷物かご容量は35リットル
バガブー ドンキー5 のシート下かご容量35リットル/10kgまで
かごの開口部は広くて使いやすい
耐荷重10kgだからストライダーだって運べる
バガブー ドンキー5 のサイドバスケット開口部は大人の手のひら程度の横幅がある
10kg/30リットルまでのサイドバスケット
登園バックもすっぽりここに入る
バガブー ドンキー5 のサイドバスケット
バスケットごと取り外しOK!
ファスナーを締めて盗難&プライバシー対策
バガブー ドンキー5 にコンフォートホイールボードを装着
別売りのボードの上にスーパーの買い物かごも置ける
ボード上には子ども用の椅子を装着可能(3つ穴部分)
【大きくなっても使いやすい】人間工学デザイン
バガブー ドンキー5 のデュオ 幌を全開におろしたイメージ
(右)幌を全開におろしたイメージ
バガブー ドンキー5 の幌を最大におろすとプライバシーも確保
低い日差しも遮り日焼け防止、プライバシーも確保
バガブー ドンキー5 の横並びシートを後ろから
リクライニングはレバー操作で簡単(片手OK)
バガブー ドンキー5 の最大リクライニング角度は175°
起こすと100°で前を向いて姿勢よく座れる
倒すと175°でCカーブ型で寝やすい
バガブー ドンキー5 の幌裏にもロゴのあつらえが
幌の天井をめくるとメッシュののぞき窓が
バガブー ドンキー5 の幌天井にはのぞき窓がある
視認性高く、声も通りやすいからコミュニケーションしやすい
バガブー ドンキー5 ののぞき窓は横幅・奥行きともにクラス最大級で子どもを見やすい
横幅・長さともに十分すぎる大きさ
通気(ベンチレーション)の役割も兼ねる
バガブー ドンキー5 のレザー調ハンドルは質感高い
レザー調ハンドルは質感が高く肌触り良く持ちやすい
バガブー ドンキー5 のロゴがハンドルに巻きつけられたリストストラップにも
ハンドルにはリストストラップが付いている
うっかりの手放し事故を防げる
バガブー ドンキー5 のバンパーバー
両側から取り外しやすいバンパーバー

この高性能を活かすために「乗り倒してその便利さに感動できる」機会を多くつくりたい(例:ママ友と朝の散歩会)

ドンキー5はこんな人にぴったり

ごくごく近所で起きる日常に感動を見つけられる人

こんな不満・不安も解消してくれる
  • 子どもが大きくなって幌の天井に頭がつくからキャノピーがおろせない
  • 子どもの体重が増したせいか操舵感が悪くなって疲れる
  • 双子を妊娠!でもまだ第一子も幼くて移動が心配

ドンキー5のライバル

最大三人目の子どもまで運べるという価値ではコレかな。

ココダブルはもともと双子用として発売されたモデルだから、横並びのシートで子どもの体重差があると結構きついかもかもしれない。

その点ドンキー5は、DUOモードで対面&背面の向きを上手に組み合わせることで重心のバランスを取れる。

後から双子の場合のみ比較して検討したらいいわ。

その他を見渡すと、場合によってはこの三台もチェックしておくといい。

家族計画と予算次第ってとこやな。

ドンキー5の口コミを傾向分析

良い口コミ
悪い口コミ
  • 国内メーカーのものとは一線を画すデザインでとてもかっこいい
  • サイドバスケットは思っていたとおり非常にニーズにマッチした
  • 走行も小回りがきき、とても滑らかで大満足
  • 説明書が絵のみで組み立てに苦労
  • 大きすぎてクルマに積み込むには大きなトランクスペースが必要
  • 産後の回復中に持ち上げるには重すぎる
RISU

子どもには広々ゆったり乗れて、頑丈で、眺望の良い場所から楽しく乗れる一方で…

管理人パパ

それを叶えるために大きさと重さを犠牲にしている。ただ、普段の生活圏内に「階段の上り下りが滅多にない」&「玄関が大きい/ガレージがある」なら選べるぞ。

出典:Bugaboo Donkey 5 review: Is it really the best double pushchair?

出典元にも書かれているけど、これはベビーカー界のレンジローバー。趣味が合う人だけ素直に選ぼう

ドンキー5の動画レビュー

あえて長い距離歩いてエクササイズしたくなる
ドンキー5の再生リスト(動画一覧)

ドンキー5の関連商品

■ バガブー カップホルダー

ドンキー5に対応している公式カップホルダー

■ バガブー ブリージーシートライナー

ドンキーのシートクッションは業界最高性能だけど特に汗をかく季節に安心

バガブー ドンキー5 のシートにブリージーシートを片方だけ装着
ブリージーシートを片方だけ装着
(左)通常シート (右)ブリージーシートライナー
ドンキー5のシートクッション表面
ドンキー5の通常シート
バガブー ブリージーシートの3Dクッション 素材感
ブリージーシートライナーの3Dクッション 素材感
バガブー ドンキー5 にブリージーシートライナーを取り付けると足元は拳一個分程度カバーされない
足元は拳一個分程度カバーされずにショート
ここは靴の汚れがつくのでこれが正解

■ バガブー ウールシートライナー

冬場はウールが温かくていい

■ バガブー コンフォートホイールボード

モノ利用時に年の離れた二人目や、三人目の乗車にあると便利

管理人パパ

ドンキーを押しているとウキウキでどんどん歩きたくなるけど

RISU

長い時間おでかけしたくなるからこその・・・

管理人パパ

これが喉が渇くんよな(笑)
いい運動になるけど、ドリンクはやっぱり手元にある方が便利。

公式からオプション品は他にも様々出ているけれど、まずは自分と子どもの快適さを一つずつから

まとめ

バガブー ドンキー5 DUO
バガブー ドンキー5 DUO

ドンキーは先にも話したけど、ベビーカー界のレンジローバー。

これは好きな人は大好きだけど、大概の人にはTOO MUCH!な贅沢品だよな。

もちろんそこには高級品としてだけでない、実用性の高い機能が詰まっているわけだけど、それもオーナーの使い方次第。

ドンキーを使いこなすには?

うまく言えないけれど、なにかこう、ベビーカーに対して、(これから生まれてくる)子どもに対して、覚悟を決めた愛が求められる気がした。

上手く乗りこなすためには、何が一番大切か?の裏にある「何を捨てていくか?」に腹を決めなくてはいけない。

そこを徹底的に考え抜いた先にこれが見えたら。

それならきっと良い買い物や。

公式HP:https://www.bugaboo.com/jp-ja/%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%BC/bugaboo-donkey-5/

このベビーカーの総合評価
3.4
  • 押しやすさ
    (4)
  • 機能性
    (4)
  • 携帯性
    (2)
  • デザイン
    (4)
  • 価格
    (3)

バガブーの最安値·安心の購入術

ここがポイント

  • Amazon 公式ストアが存在するが、ポイント還元率も楽天市場より低く、ラインナップも少ない。また、公式ストア以外の出品については並行輸入品も多い。販売元の店舗評価を入念にチェックしたい
  • 2020年8月から楽天市場に『バガブー(Bugaboo)公式楽天市場店』がオープンしている。Amazonの公式ストアよりもポイント還元率は高い傾向にあるが、楽天市場内で競合するテナントとの比較では最安値をそれに譲るケースも多い。ただし、旧モデルなど公式ストアならではの在庫が豊富に見られるのが特長。少し古くてもできるだけ安く手に入れたい人は公式ストアのアウトレット・カテゴリーをチェック
  • 上記の各公式ストア以外の正規販売店で圧倒的にオススメは楽天市場でベビー・マタニティ部門の大賞を4年連続受賞しているナチュラルリビング ママ*ベビー。ポイント還元率の高さから最安値を付けることが多い

下記はいずれもショップレビュー検査済み店舗です。

私がお得&安全と考えるショップ

【レビュー】バガブー ドンキー5の口コミ(メリット・デメリット)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

運営者情報

東京ベビーカーとは、2012年7月にめでたく第一子(2015年11月に第二子、2020年9月に第三子)を授かった40代パパが息抜きでたまに本気出して書く、パパ目線でのモノ選びを中心に紹介するブログ。国内・海外のベビーカーを100台以上押し比べた実績が評価されて、晋遊舎から出版の『ベビー用品完全ガイド』にも以前出演させていただきました。
» 誰に向けて書いているの?

目次