メニュー

ベビーカーの人気ランキング

管理人パパ
ベビーカージャーナリスト
プロ・ベビーカーレビュアー。ベビーカーを10年間で100台以上押し比べてきた体験談を紹介。2022年からは年間100件の購入相談に応える。業界のトレンドや売り手の心理を先読みしたレビューが得意。雑誌のベビーカー特集監修等
おすすめのベビーカーをランキング

Joie スマバギ4WD ドリフトの後悔とおすすめポイント解説

Joie スマバギ4WD ドリフトの口コミ(メリット・デメリット)
目次

Joieからベビーカー『スマバギ4WD ドリフト』が新発売
最上位機種シグネチャーとの違いをチェック!

東南アジア・東アジアのみをターゲットした戦略モデルがある。

イギリス生まれのベビーカー&チャイルドシートメーカーの『Joie(ジョイー)』から両対面式ベビーカーが新発売である。

その名は『スマバギ4WD ドリフト』。
スマバギシリーズ最上位機種である「スマバギ4WD シグネチャー」を更に上回る機能性で発売されている。

発売日は2021年6月17日(2021年発売の最新ベビーカー一覧について詳しくはこちら。)

Joie スマバギ4WD ドリフト(Sma Baggi 4WD Drift)

価格49,800円(税込)
対象生後1カ月から36カ月(目安として15kgまで)
重量6.2kg
横幅46.5cm
ハンドル高99.5cm
リクライニング125°~170°の無段階調整(紐式)
付属レインカバー
公式サイトhttps://www.katoji.co.jp/products-detail_3704.html

1分でワカル!本機の特徴について

  • 駅改札も楽々の日本人サイズ(横幅46.5cm)
  • ワンタッチで両対面にできる
  • サスペンション機能が優秀
  • 真横にスライドするハンドルボタンあり
  • ベルトはマグネット式で楽々
  • インナークッションを外すとメッシュ生地で通気性が良い
  • レインカバーが付属
  • それでいて重量6.2kgに押さえて「軽め」である

100台押し比べてきた私が、一言でこのベビーカーの価値を申し上げると、

管理人パパ

国内メーカーなら、この価格より1.5万~2万円ほど高くなる機能性だよ。

ということである。

ただ、イギリス発ブランドといえど、本土イギリスのベビーカーラインナップには紹介されていない

なぜか?

それと、「真横スライド機能って、アップリカが開発したお家芸だったのでは?その機能がなぜJoieに?」

この2つの疑問の答えを勝手に勘ぐると、

東南アジア・東アジアだけをマーケットにした戦略的なモデルなのだろう。
Joieというブランド名を借りて、もしかしたらアップリカ・グレコを参加に収めるニューウェルズグループと同じ工場・OEM先を利用しているのかもしれない。

ただまぁ、例えそうだったとしても私たちが日本で「高機能なベビーカーが安く買える」ならそれでいい。

そういったところも分かった上で、買うタイミングを図りたいもの。

スマバギ4WD シグネチャー(現行品)との違い

シグネチャー新製品(ドリフト)
定価43,780円(税込)49,800円(税込)
重量5.8kg6.2kg
リクライニング125°~170°の無段階調整(紐式)125°~170°の無段階調整(紐式)
真横スライド機能なしあり
マグネットベルトなしあり
付属品レインカバー付属レインカバー付属

見た目はほとんど変わらない。
しかし、ちょっとした日常の使い勝手を良くする機能2つが追加されたことが大きい。

(左)フレックス (右)見切れているが通常シグネチャーモデル
タイヤの形状がわずかに違う印象

マグネットベルトと真横スライドだ。

「結局、どちらを買えばいいの?」に対しては、

どちらでも良いと思う。

試し押してきた印象としては、操舵感が重くなったような気がする。
タイヤの形状も微妙に厚め(カドがとれていない分、ごく若干幅広に)。

確かにマグネットベルトは便利だけれども、操舵性を重視するなら「旧モデルのフレックス表記なしのシグネチャー」で十分良さそうでした。

Joie スマバギ シグネチャー

その他、Joie社のベビーカー同士の比較については、下記の代理店カトージの公式動画がわかりやすい。

どんな人に向いているか?

  • 3万円以内で高機能な両対面式ベビーカーが欲しい
  • タイヤはシングルタイヤにこだわりはなく、ダブルタイヤでも構わない
  • ブランド志向としては「伊勢丹よりもイオン」派でコスパを最優先したい
  • ファーストベビーカーは必要十分なもので穏やかに過ごして、子が活発になればセカンドベビーカーも買いたい
  • (カトージ直営店が近所にある)※これはラッキーな人

ということです。

価格が下がってから買えるなら、バリューの高いベビーカーだと思う。

競合となるベビーカーは?

4万円未満の両対面式ベビーカーで比較的高機能なモデルがそれに当たる。

例えば、ピジョンの廉価版両対面式ベビーカーの『カルナス』や、

¥27,500 (2024/06/12 16:37:50時点 楽天市場調べ-詳細)

その上位モデルとなる『ランフィ』の型落ち(RB0)モデル、

あとは、その他国内メーカーの高級モデルの型落ち品たち、

最後は、人気海外ブランド(サイベックス)のちょっとクセのある両対面式ベビーカーなど、

ジョイーの最安値·安心の購入術

ここがポイント

  • Joieの国内総販売代理店はカトージが務めているが、ブランドショップは持たずカトージ直営店がそれに代わる役目を担っている
  • Joie公式サイトは日本語にローカライズされたものが存在するが形骸化しており通販機能も持たない。代わりに事実上の公式ストアとして直営の「カトージオンラインショップ」、大手モール内に公式ストア(katoji-online shop楽天市場店/KATOJIオンラインショップYahoo!店)が在るが価格訴求力は低め
  • 価格メリットが高いのは下記モール内の人気テナントたちかAmazon.co.jpになる

下記はいずれもショップレビュー検査済み店舗

管理人がお得&安全と判断したショップ

目次