メニュー
管理人パパ
ベビーカージャーナリスト
プロ・ベビーカーレビュアー。ベビーカーを10年間で100台以上押し比べてきた体験談を紹介。2022年からは年間100件の購入相談に応える。業界のトレンドや売り手の心理を先読みしたレビューが得意。雑誌のベビーカー特集監修等

アップリカ カルーンエアー メッシュ 2021年モデルの後悔とおすすめポイント

アップリカ カルーンエアー メッシュの口コミ(メリット・デメリット)
この記事の目次

ー 累計300件以上の購入相談実績を元に解説 ー

アップリカ史上最軽量(3.9kg)の両対面式ベビーカー
荷物カゴが使いやすいデザインに変更(2021年モデル)
ラクーナとの違いは「オート4輪」がないこと!

アップリカから発売のベビーカーの中では最軽量を誇る両対面式ベビーカー。
両対面式を謳うものの、オート4キャス機能の搭載がないラクーナの下位機種(廉価版)である。

とにかく軽い(3.9kg)のがウリであるが、

  • 対面式は出来た方が嬉しい!
  • 軽いベビーカーが欲しい!
  • そして3万円以内で!

を満たすために対面走行時の操舵性(曲がりやすさ)は損なわれている。
ファーストベビーカーは短期利用を前提として様子見をしたいママ・パパが、セカンドベビーカーも前提に考えるならばの一台目としてこのコスト感が正当性を帯びてくる。

■ アップリカ カルーンエアー メッシュ

価格35,200円
対象生後1カ月~36カ月(体重15kg以下)
重量3.9kg
横幅45.5cm
ハンドル高100cm
リクライニング角度113°~165°
公式サイトhttps://www.aprica.jp/products/babycar/detail/reversible_lw/karoonair_mesh/

解説

前モデル(カルーンエアー AC)の発売からはや一年。
モデル名も微妙に変えて再登場。

主な変更点は次の3つ。

  • シートクッションがメッシュシートになった
  • 荷物カゴの容量アップ(22.6L→25.3Lにアップ。前から出し入れしやすいデザインに)
  • リクライニング角度が前後に8°ほど広がった

これらが価格据え置きなので加わったことが嬉しい。

カルーンエアーの特長

  • 両対面式
  • 軽い(3.9kg)
  • ハイシート(52cm)

このサイトでは、一貫して述べているが、「ハイシート+軽量」というのは、子どもの体重が増すごとに走行性が落ちると考えている。

高い位置に重さ(ベビーの体重)が加わり、さらに対面式特有の長いハンドルは車体がふらつきやすく、いわゆるハンドルのきしみを感じる原因にもなっている。

ハイシート(座面高が50cm以上のものを言う)ブームは都会のアスファルト環境を想定した新たに作られたマーケットだと個人的には感じているので、ハイシートを選ぶべきかどうかについては、そこまで気にしなくて良いとは思う。

価格は実売価格3万円程度と長く乗るためには納得のお値段。
子どもがビッグベビーの場合は早めに剛性の高いセカンドベビーカーへの乗り換えをおすすめする。

カルーンエアー メッシュを選ぶメリット

  • お手頃価格で両対面式ベビーカーを手に入れられる
  • 軽い
  • 開閉が片手ワンタッチなので楽
  • 折りたたみ後は薄め(30cm)なので玄関で邪魔になりにくい
  • 夏涼しいメッシュタイプのシートクッション

カルーンエアー メッシュを選ぶデメリット

  • 両対面式とはいうもののオート4キャス対応でないため対面式時の走行性は半減する
  • ハイシート且つ軽量なので、子どもの体重が増してからは操舵感が悪くなる
  • 夏は涼しいが冬は寒い!?(背中のメッシュシートから冷たい空気が)かもしれない

ライバルとなるベビーカーは?

軽量で、オート4キャス機能を持たない両対面式ベビーカーがそれにあたります。

同じアップリカグループ企業の製品としては、

■ グレコ シティスターGB

次に、東南アジアで人気の高いコスパ・ベビーカーメーカー

■ ジョイー joie スマバギ

安定の国内メーカーからオート4キャスを省いた廉価モデルを一台

■ ピジョン カルナスライト

管理人VOICE(まとめ)

正直に言おう。
こちらをファーストベビーカーとして購入して、これ一台でベビーカー卒業までを苦労なく走り切る(押し切る)のは少し難しさがあるように思う。

軽量であることが、子の体重が増した時期に仇となって走行性を落とす可能性があることは先にも書いた。

幸い、こちらは低価格モデルだ。

「あれ?ちょっとウチの子、大きめかな・・・」「なんか押しづらくなってきたな・・・」を感じて慌ててセカンドベビーカーを買い直しても総額5万円でお釣りがくるだろう。

その時、オススメのベビーカーはバギータイプの背面式になる。

華奢に見えて意外に剛性は高い。
リクライニングもできない。
シート幅も狭い。

しかし、その見事にすっぽりハマったお尻と車体との密着感が、押し手の走行性の良さを感じるにつながっている。

さて、改めてこのベビーカーについて断言しよう。

これは、対面式の必要性を確信できないママ・パパが選びたくなる両対面式ベビーカーのコスパモデル市場で戦う製品だ。

もしくは、里帰りや入院中といった一時的な利用シーンで活躍もあるだろう。

中途半端といえばそうだけれども、将来のために予算を残しておきたい堅実派さんには良いのかもしれない。

アップリカの最安値·安心の購入術

ここがポイント

  • 2012年までは東京・代官山に直営店があったが今はなく、店舗での購入は「アカチャンホンポ」「ベビーザらス」「赤ちゃんデパート水谷」などで対応している(店舗情報
  • アップリカは長らく公式ストアを持たなかったが2022年7月よりアップリカ公認オンラインショップを公開。ただしポイント付与や割引などのキャンペーンがない受け皿ストアに留まっている(卸業務用サイトかな?)
  • アカチャンホンポやベビーザらスなどの店舗系ECサイトが大手ECモールと同等に値下がりするのは年に一度のブラックフライデーなどイベントでのみ。価格メリットが高いのは大手ECモールの楽天市場/Yahoo!ショッピング内のテナントかまたはAmazon.co.jp

下記はいずれもショップレビュー検査済み店舗

管理人がお得&安全と判断したショップ

この記事の目次