メニュー
管理人パパ
ベビーカージャーナリスト
プロ・ベビーカーレビュアー。ベビーカーを10年間で100台以上押し比べてきた体験談を紹介。2022年からは年間100件の購入相談に応える。業界のトレンドや売り手の心理を先読みしたレビューが得意。雑誌のベビーカー特集監修等
ここにない答えを記事化リクエストする

アッパベビー ミヌ V2の後悔とおすすめポイント

【レビュー】アッパベビー ミヌ V2の口コミ(メリット・デメリット)
この記事の目次

コンパクトベビーカーでも段差につまづきたくない!
カテゴリー最強の走破性能を誇る、剛性派の一台

UPPAbaby(アッパベビー)は米国ボストン生まれのセレブ御用達のブランド。
とにかく走行性が良く、質実剛健さの評判が高い。
過去にはマーク・ザッカーバーグ氏に選ばれたこともある。

そんなブランドから発売されている唯一の三つ折りコンパクトベビーカー『MINU(ミヌ)』が2018年の登場から4年を経て2022年4月にリニューアルされたよ。

モデル名は『MINU V2(ミヌ ビィーツー)』。

公式サイト:https://uppababy.com/minu/

アッパベビー ミヌ V2を折りたたむとテーブル・チェアよりも全高は低い

ミヌ V2の価値を一言で表すと

長時間のお散歩も楽々な、とにかく徒歩移動が多い人のための巡航船(クルーザー)。
少しの段差だけでなく、結構大きい段差も越えていく。
その能力たるやエアバギーやバガブーブランドのベビーカーに次ぐ勢い!

産褥期明けたら、これ一台で卒業できるはずの超合金コンパクトベビーカー

それでは、ちょっと詳しく見ていこうか。

ミヌ V2の基本スペック

アッパベビー ミヌ
発売時期2022年4月19日
価格$449.99(Amazon.com*)
*個人輸入でおおよそ83,469円
ブランドアッパベビー(米国・ボストン)
タイプ背面式(B型)
対象年齢生後3ヵ月~22kgまで(4歳頃)
サイズ
幅×奥行×高さ
展開時:51.6×90×104cm
折畳時:51.6×29.2×58.4cm
重量7.66kg
荷物容量耐荷重最大4.5kgまで
ハンドル高104cm
リクライニング110°~175°
レッグレストあり(2段階)
バンパーバーあり(付属)
車輪サイズ前輪:12.7 cm
後輪:17.8 cm
サスペンション全輪
カラーシャーロット
エミリア
グレイソン
ジェイク
ステラ
グウェン
(2023)
ノア(2023)
付属-
トラベルシステム
取得安全基準ASTM F833-19/JPMA
保証期間ユーザー登録で3年間
公式HPhttps://uppababy.com/minu/

ミヌ V2はどこで買える?

UPPAbaby MINU V2開梱後

残念ながらUPPAbabyは国内に輸入販売代理店を持っておらず(代理店一覧)、国内で正規に買えるルートは無い。
並行輸入品とみられる商品は楽天市場にいくつかあるものの、為替差損も見越してかなり高額になっている印象を受ける(米国の価格の円換算+送料・手数料+5万円以上のプレミアムな利益、、)。

そして、米国公式サイトにもEC機能が備わっていない。

というわけで正規ルートで買えるのはサイトで紹介されている認定代理店の中から「National」欄にリストされているオンラインストアのみ!

リストの中から著名なブランドをピックアップすると以下の二社に。

見ていて楽しいのは圧倒的にノードストロームだけれども、このブランドに限っては海外発送に対応していないようなので、Amazon.comにアカウントを開設して個人輸入する方法が一番シンプルで速いだろうね。

というわけで、管理人パパは米国Amazon.comにアカウントを開設して(5分くらい。日本の住所を英語で入力して、カード番号を登録するだけ)、検証機を購入っと。。

UPPAbaby MINU V2開梱前
バガブー バタフライと同じぐらいの大きさの箱
UPPAbaby MINU V2の組み立て
開梱した状態でほぼ組み上がっている
30分かからず完了
UPPAbaby MINU V2はJPMA準拠
jpmaの認定を受けている

ミヌ V2の実機レビュー

アッパベビー ミヌ V2の後悔とおすすめポイント
全体的に漂うプロダクト感・・・
フロントバンパー位置は手前気味で前のめりにさせない
アッパベビー ミヌ V2のハンドルはレザー素材
ハンドルはレザー調ではなく天然皮革(full-grain leather)
アッパベビー ミヌ V2ののぞき窓は見やすい
幌天井ののぞき窓は見やすい!
アッパベビー ミヌ V2のシート背面ポケット
幌の背部には背面ポケットが!
アッパベビー ミヌ V2のリクライニングは無段階式調節紐
リクライニング調節は無段階調節紐で
アッパベビー ミヌ V2の背もたれはしっかりしている
リクライニングは110°までしっかり上がる
シート幅もゆったりめ
アッパベビー ミヌ V2の使いやすいハーネス
使いやすいシンプルなハーネス
アッパベビー ミヌ V2の間口の広い荷物カゴ
間口が広くて使いやすい荷物カゴ(4.5kgまで)
アッパベビー ミヌ V2の後輪サスペンション
メカニカル後輪サスペンション
アッパベビー ミヌ V2のタイヤはしっかりしている
タイヤの質もよし
アッパベビー ミヌ V2を折りたたんだ様子
折りたたんでみた
アッパベビー ミヌ V2のストラップ
ショルダーストラップはいざという時に便利
肩パッドが優しい…
アッパベビー ミヌ V2の撮影を終えて
ワシ、撮影おつかれさま

ミヌ V2の走行レビュー

アッパベビー ミヌ V2の荷物カゴは使いやすい
片手でスイスイ押せて、荷物カゴも使いやすい
足元にも余裕あり(リベルみたい)
アッパベビー ミヌ V2に搭乗の三男
はやく進め、、と、
アッパベビー ミヌ V2のシート幅は1歳後半が座っても指数本分は余裕あり
検証時は1歳9ヶ月
標準かやや大きめだけど、シート幅には指数本分の余裕あり
アッパベビー ミヌ V2の足置き場は適切
足置きが適切な位置にしっかりあるのが嬉しい
アッパベビー ミヌ V2のシート幅はゆったり
で、走らせて5分もせぬうちに・・・
アッパベビー ミヌ V2のフロントバンパーバーはハンドル素材・カラーにマッチしている
寝るわけです・・・
アッパベビー ミヌ V2に乗る息子(1歳9ヶ月)
あっ、起きた!!

ミヌ V2の走行インプレッション(動画)

すべての動画はこちら

ミヌ V2のデメリット(買う前に注意)

実際に購入して組み立てて、走らせて分かったデメリットが以下の3つ。

ハンドル位置はちょっと高め

ハンドルの高さは104cm。国内メーカーのものと比べるとそれなりに高く、腰痛持ちで高い位置が好みか身長165cm以上ぐらいからの方が持ちやすいかもしれない。ベビーゼン YOYO2(106cm)と比べると、それよりも低いはずなのにハンドルの形状がスクエアタイプ(YOYO2はラウンド(丸)型)なのでYOYO2よりも高く感じた。

コンパクトになるが決して軽くはない

質実剛健といったことから分かるように、長く乗れる剛性の高いものだけに軽くはできていない。7キロ台中盤は片手で持つと「おっこらせ」、肩がけして「よっこらせ」程度。運動習慣のある人におすすめかな。

折りたたんで肩がけするにはちょっと分厚いわ

折りたたみ後の厚みは約30cm。同じくショルダーストラップが付属するYOYO2(18cm)と比べると12cmの差、バタフライ(23cm)と比べても7cmの差。30cmの厚みは優秀だけれども、「肩に担ぐ」にはちょっとモコモコしすぎる。緊急事態(長い階段)用と考えれば気にならない。

走行性の良さと折りたたみ後のサイズ感がわかりやすい

ミヌ V2のメリット(ここが買い!のポイント)

  • 走行性の高さ(段差も砂利道も)
  • 片手での操舵性能の高さ
  • 広々サイズ感

ミヌ V2のライバル

UPPAbaby MINU V2とBABYZEN YOYO2
(左)MINU V2 (右)YOYO2

条件としては、「走ってよし」「曲がってよし」「担げてよし」のコンパクトベビーカーになるはず。
すると国内メーカーのモデルに見つけられない。
国内メーカーは特に三つ折りコンパクトベビーカーを展開してないからね。

すると選ばれしライバルはこの二台に。

ミヌ V2バタフライYOYO2
価格$449.99*
*個人輸入でおおよそ83,469円
60,500円69,300円
対象生後3ヵ月~22kgまで(4歳頃)生後6ヵ月~22kgまで(4歳頃)生後6ヵ月~22kgまで(4歳頃)
サイズ
幅×奥行×高さ
展開時:51.6×90×104cm
折畳時:51.6×29.2×58.4cm
展開時:45×92.5×102.5cm
折畳時:45×23×54cm
展開時:44×86×106cm
折畳時:44×18×52cm
バンパーバー付属なし(オプション)なし*
*非公式のものが販売されている
重量7.66kg7.3kg6.2kg
ポイント走行性No.1総合力No.1携帯性No.1

どれも本国での価格は似たりよったりだけど、日本に代理店がないアッパベビーのミヌ V2だけかなり割高な印象。
手に入れづらいということは「周りとかぶりにくい」ということ。

結局、どんな人にぴったりなのかというと・・・

ミヌ V2はこんな人にぴったり

  • 両親ともに高身長または、「ちょっとうちの子、成長早すぎでは・・・」な横もある子ども
  • 対面式にはこだわらないかわりに絶対に走行性には妥協したくない人(サイズ感で変わるから要注意)

ブランドで言うところのライバルはズバリ『Bugaboo(バガブー)』。
定評の高いブランドと勝負できる、米国系ブランドというわけ。

管理人パパ

西海岸の香りがするグーグルなんかにお勤めのインテリさんって印象。実際にFacebookのCEOが初子で利用していたブランドだからね。

RISU

Bugabooはヨーロッパ大陸、UPPAbabyはアメリカ大陸の代表みたいですね。

海外での評価は高い。しかしピンクゴールドでかためたいキラキラママたちには言語が通用しない。メカニカルで走りもいい。車好きパパには分かる渋さも、ママを口説き落とせるかがポイント。クルマ好きなママなら意気投合。きっと価値が分かるはず。
参考:Best Strollers of 2023 | Strolleria(英語)

この記事の目次