メニュー

ベビーカーの人気ランキング

管理人パパ
ベビーカージャーナリスト
プロ・ベビーカーレビュアー。ベビーカーを10年間で100台以上押し比べてきた体験談を紹介。2022年からは年間100件の購入相談に応える。業界のトレンドや売り手の心理を先読みしたレビューが得意。雑誌のベビーカー特集監修等
おすすめのベビーカーをランキング

新生児から長く使えるA型ベビーカーの人気ランキング 2024年最新

ランキング画像

\ 乳児期(1歳まで)に特にうれしい /

A型ベビーカーのおすすめランキング

1位 サイベックス メリオ

評価したポイント

初子を授かったら「ハイシート」で「対面式」の構図に憧れる人は多い。素敵な光景だし、なにより赤ちゃんにとっても安心だろう。しかし、俗に言うA形は乳児期のサイズ感に特化したものの方が売れる。私の経験上、それでも段差で衝撃の少ない走破性の高いものがおすすめだがサイベックスならセカンドベビーカーとの2台持ちで「軽さも走行性も」を叶えられるので今はメリオを1位に挙げた。

\ 平らに寝かせられるコットが基本 /

より新生児向けのおすすめランキング

両対面式部門

1位 バガブー ドラゴンフライ

評価したポイント

日本小児科学会でも米国のそれに相当するAAPでも乳幼児突然死症候群のリスクを減らすために「新生児を平らな面で寝かせる」ことの有用性が示されている。月齢が浅いうちはリクライニングはできるだけフラットにが基本。この場合はコット利用がいい。カーシートよりもだ。この点でベビーカー開発の歴史の長い欧州ブランドが国内メーカーを圧倒するオプションを提供している。多くはコットを装着すると折り畳めなくなるのだがドラゴンフライはそれが可能だ。

¥35,599 (2024/06/12 15:35:27時点 楽天市場調べ-詳細)

コンパクト部門

1位 ストッケ YOYO2 + バシネット

評価したポイント

平らに寝かせるのが一番。とはいえお出かけの際はコンパクトになるものがよかったり、車での移動でまごつかないものがいい。その時、完全フラットを叶えるのが難しくなるがせめて子宮の中にいた時と同じ「Cカーブ」姿勢の角度を確保してあげたい。主にベビーシートと組み合わせて実現するそれをトラベルシステムと呼ぶがYOYO2ならフラット寝ができるコットでトラベルシステムが実現可能だ。

\ 対面・背面の切替タイプにあわせて選ぶ /

両対面式ベビーカーのランキング

ハンドル切替タイプ

1位 アップリカ ラクーナ クッション AG

評価したポイント

国内メーカーのお家芸であるハンドルで対面・背面を切り替えるタイプ。ここではオート4輪機能が付いた対面式でも背面式でも押し心地が変わらないものに限定してセレクトした。1位は2024年最新モデルのラクーナ クッション AG。2位以下は昨年や旧モデルのコスパ商品が占めた。予算に余裕を持ち、B型に備えたい。

シート切替タイプ

1位 マキシコシ レオナ2

評価したポイント

海外ブランドに多いシート付け替えで切り替えるタイプ。このタイプの最大のメリットは前輪と後輪の関係が固定されているため走行性を高めるためのフレーム設計が最適化されやすいこと。また両対面式というからには対面・両面のどちらからでも折り畳める必要性を求めた。次に折りたたみ後のコンパクトさと軽さと走行性といった価値のバラエティを用意した。レオナ2は折りたたみ後はコンパクトでありながらも走行性はパワフル。男性でも満足できるタイプになる。

数字で覚える失敗しないベビーカー選びの極意

失敗するA型ベビーカーの選び方

「ベビーカー選びって難しい。。」

このセリフがふと出るようになったら、とてもよく調べている証拠です。

あまたのメディアランキングや、メーカーのインスタはおろかユーザーの投稿、なんならハッシュタグ「#ベビーカー」だってフォローしているのでしょう。

そこで見えてくるのは、

「どれも良さそう。。」

「なのに失敗談もよく聞く。。」

ではありませんか?

心配性で慎重な人なら、いくつか店舗めぐりだった終えているでしょう。

けれど、店舗内の押し比べでは「うん、違いわかんないね!エヘッ(´ω`)ゞ」で終わりませんでしたか?(笑)

そこまで頑張って調べてきたアナタにとどめの一撃です。

以下の数字の意味がわかりますか?

私が意識している数字です。

「やってやろうじゃないの!」と腕試しをしたい方は、この数値が何の目安かを考えて右側の空白を埋めてみてください。

3cm
6kg
13cm
25cm(20cm)
30cm
59cm
95cm
105cm

答えはこちら

3cm通常ベビーカーが越えられない段差の高さ
6kgベビーカーの手運びで重さを感じる目安
13cm走りの良い車輪サイズはこれ以上
25cm(20cm)機内持ち込み可能な一辺の最小値
30cm折り畳んだ奥行きの幅の目安
59cm駅改札を通ることのできる幅の目安
95cm小柄な人が操作が難しくなる全長の目安
105cm小柄な人が操作が難しくなるハンドル高の目安

すみません。。

私の頭の中にあるアルゴリズムなので、分からなくて当たり前です。

「そんなの分かるかっ!」は承知のうえであえて紹介しました。

ですが、こういった計算をベビーカー選びの相談室では一人ひとりの生活環境を教えてもらいながら答えを導き出すためにしています。

そして、大切なのはこれらの数字だけではありません。

もうここを読んでいる人なら知っていると思いますが、自分にぴったりなベビーカーを選ぶためにはA型・B型・AB型の違い(下の段落へジャンプ)はもちろん、以下のようなベビーカー選びにまつわる因子分析がかかせません。

知っていないと特に一台目で失敗する!ベビーカー選びの影響因子リスト

ベビーカー選びで失敗しました~(T_T)という相談者の声を並べてみると、メーカーさんが謳う「良い部分」だけを信じすぎているように思います。

その良い部分をいくら豊富に知っていても「自分にとっての正解」を見つけることは難しいです。

私は断言します。

ベビーカー選びでは極論、この3つを満たすことが大前提です。

幸せなベビーカー選びの条件<3つの要素>

  • サイズ感(自分にあった適正なバランス)
  • 走行性(段差につまづく車なんて嫌だ!)
  • デザイン性(ほしいものが、ほしいわ。)

この3つが叶えられていれば、そこからがスタートです。

しかし、先はまだまだ長いですよ。

以下をじっくりと考えて、取捨選択していきましょう。

親の安心・快適に影響する因子

  • 折りたたみやすさ(片手/両手)
  • 走行性(押しやすい/曲がりやすい<片手/両手>/段差を乗り越えやすい/音が静か)
  • 重量(6kg以下だと軽い/10kg以上だと長い階段を諦める)
  • サイズ感<ボディバランス>(身長/腕や脚の長さ)
  • サイズ感<折り畳み後>(玄関スペース/車への収納先<座席足元/トランク>)
  • ショルダーストラップの有無(6kg以上だとあると助かる)
  • シートの高さ(ハイシート<お世話しやすい>/ローシート<子が自分で乗り降りしやすい>)
  • ハンドルの高さ(固定/高さ調節可能(回転型/伸縮型)
  • ハンドルの形状(スクエア型/ラウンド型/操作レバーの有無)
  • ハンドルブレーキの有無(くだり坂道への対策)
  • 幌天井ののぞき窓(あり/なし)
  • 収納エリアの大きさとアクセス(荷物かごの大きさ/背面ポケットの有無/間口の広さ)
  • 着脱パーツの操作性(フロントバー、ベルトハーネスの開閉の容易さ)
  • 接触エリアの洗濯表記(取り外して洗えるか)
  • 高級感(ハンドル、フロントバー、キャノピー、フレームの素材感/ホイールデザイン)
  • デザイン性(自分らしさ/テンション/コーディネートのしやすさ)
  • 公式オプションパーツの充実度(モデル専用/メーカー共通/消耗しやすい交換パーツの単品販売)
  • メーカーの対応(アフターサポートの満足度/保証期間の長さ)
ワンポイント

近場で長時間の散歩を楽しめる時期と機動力が必要になる時期は異なる

子の安心・快適に影響する因子

  • シート構造(ハンモック式/チェア型/姿勢への影響)
  • リクライニング角度調節機能(あり/なし)
  • リクライニング角度調節方式(レバー型/無段階調節紐)
  • 幌の深さ(日焼け防止/飛沫感染予防/プライバシー)
  • 通気性の有無(シート構造/シートマット)
  • クッション性能(肌触り/ホールド感<低月齢時の安心感>/痛くならない<座面の固さ>)
  • フロントバーの有無(つかまって状態を起こせる<大きくなると邪魔>)
  • 足置き場の有無(急ブレーキで踏ん張れる)
  • フットレストの有無(大きい赤ちゃんが脚を伸ばして寝られる)
  • 発育に追随できる拡張性(シートバックレストの高さ/座面奥行き)
ワンポイント

何かが足りなくても買い足せば解決できることもある。ただし構造的に固定される部分の見極めは慎重に!

環境因子

  • お世話が必要な兄弟の有無(二人乗り対応/バギーボードの取り付け)
  • 利用する交通手段と頻度(電車/バス/自家用車/タクシー/飛行機/船)
  • 周辺の道路事情(歩道幅/歩道形状/車道と歩道の境界ラインの有無/砂利道/坂道)
  • 通園先でのベビーカー保管事情(置いたままOK/NG)
  • 社交ステータス(ビジネスへの影響/ベビーカーマウント対策)
ワンポイント

普通に考えたらベスト!も状況によっては正しくならず。悪いところに目をつむるか、バランスを取るか見極めを

RISU

なにかの罰ゲームですかこれ!
難しすぎるでリス(笑)

管理人パパ

僕も10年前に量販店の売り場をみて「こんなはずはない!」と徹底調査に乗り出したのが運の尽き。。沼は深い。

RISU

で、わかったことは?

管理人パパ

「自分で調べる労力よりも、中立な専門家がいるならその人に5,000円払っても失敗するより安いわ!」ということ。

RISU

はは~ん (≖ᴗ≖ );

結局何を買えばいいのか? A型ベビーカーのおすすめ7選

先程書いたとおり影響因子は多い。

一概に「○○なタイプのアナタにはこれ!」と言いきれないところがある。

しかしそれを承知の上でなら以下が参考になるはずです。タイプ別に選んでみました。(実際に屋外で検証しています)

  1. セカンドまでのつなぎ役
  2. 長く使える両対面式
  3. 軽さで選ぶNo.1ベビーカー
  4. 機動力で選ぶNo.1ベビーカー
  5. 悪路に強いベビーカーA型三輪ベビーカー
  6. モノの魅力溢れまくりのA型両対面式
  7. 人差し指でスイスイ押せる最高性能
RISU

ちなみに、管理人パパが自ら検証&撮影しています♪
YouTube動画もあるので笑ってやってください。

管理人パパ

こら

セカンドまでのつなぎ役

カタチはラクーナにそっくり。
でも価格は半分…

(左)グレコ シティスター GB (右)アップリカ ラクーナ クッション
選ぶと失敗・後悔する
  • ベビーカーは1台で卒業したい
  • ビッグベビーが予想される
  • 悪路の走破性が高いものがよい
RISU

これらの条件に当てはまらなければ良い選択になりえます。

■ グレコ シティスター GB

米国発ブランドの『Graco』。しかし国内で発売されているモデルは実質アップリカのセカンド的扱い。これは親会社(外資)の影響によるものだ。シティスターのカタチはほぼ上位モデルのラクーナと同じ。足回りで付加価値の高い機能(オート4輪)は省かれており、対面式時の走行性は難がある。しかしその他の機能は充実。抱っこ紐メインで考えている人や、高級B型を本命に考えている人の乗り継ぎ用ファーストベビーカーとして選ぶ価値あり。

ブランドGraco(米国)
タイプ両対面式
対象年齢生後1カ月~36カ月(体重約15kg)まで
サイズ
幅×奥行×高さ
展開時:約46×約93×101㎝
折畳時:約46×約37×87cm
重量4.3kg
ハンドル95cm~105cm(回転型)
リクライニング117°~150°
付属
保証期間購入後1年
公式HPhttps://www.gracobaby.jp/stroller/citistar_gb

グレコ シティスターGBをレビュー

管理人パパ

この場合、セカンドにおすすめなのはリベル

長く使える両対面式

サイベックス ミオスでもメリオでもない
ちょうど真ん中のモデルがあったがな…

【実機レビュー】マキシコシ レオナの後悔とおすすめポイント解説
マキシコシ レオナ(2022年発売)
選ぶと失敗・後悔する
  • ハイシートが絶対!な人
  • 生活エリアが砂利道だらけ
  • 重い荷物をシート下カゴに詰め込みたい
RISU

これらの条件に当てはまらなければ良い選択になりえます。

■ MaxiCosi LEONA

オランダ発のチャイルドシートブランド『MaxiCosi』。取り扱い代理店はGMPインターナショナル(エアバギー)であるが、本部厳選のベビーカーがこのレオナになる。日本人にも取り回しやすいサイズ感ながら、剛性は高く大きくなっても乗れるのが最大の特長。メリオよりも段差に強いが、やや重い。しかし、ミオスよりは軽くコンパクト。

ブランドMaxiCosi(オランダ)
タイプ両対面式
対象年齢新生児から体重22kg
サイズ
幅×奥行×高さ
展開時:45×77×103㎝
折畳時:45×32×55cm
重量7.9kg
ハンドル103cm
リクライニング102°~158°の間で3段階調節
付属
保証期間購入後4年
公式HPhttps://www.maxicosi.jp/leona/

マキシコシ レオナをレビュー

■ トラベルシステム構築セット

軽さで選ぶNo.1!

軽さを基準に選んでいくと
絶対残る「優等生」!

サイベックス メリオを撮影
サイベックス メリオ カーボン(2020/2021/2022)
選ぶと失敗・後悔する
  • 段差にガンガン突っ込みたい人
  • ビッグベビーが確定している
  • 非純正のバギーボードをくっつけて将来は二人乗りも目論んでいる
RISU

これらの条件に当てはまらなければ良い選択になりえます。

■ CYBEX MELIO Carbon

ドイツ発ブランドの『CYBEX』。国内メーカーのようにシートクッションで衝撃を吸収するよりも構造(サスペンション)でそれを叶える能力に定評がある。メリオはシート下カゴも大きく、操舵性能も良いが軽い反面、大きな段差への衝突には弱いところがある。とは言え、新生児から使える両対面式。乳児期に明らかに越えられない段差に突っ込まなければ見栄えも良くバランスの良いモデル。

ブランドCYBEX(ドイツ)
タイプ両対面式
対象年齢生後1か月~3歳(~15kg)
サイズ
幅×奥行×高さ
展開時:49×82-91×96.5-107㎝
折畳時:49×54×69cm
重量5.8kg
ハンドル96.5cm~107cmの間で3段階(回転型)
リクライニング107°-139°-166°の3段階
付属
保証期間購入後2年
公式HPhttps://cybex-online.com/ja-jp/strollers/melio-carbon3-jp

サイベックス メリオをレビュー

管理人パパ

サイベックスのラインナップでは珍しい毎年更新されるモデル。型落ちでも性能十分なので、ここで節約してセカンドベビーカー予算を確保するのも正解。

■ CYBEX MELIO 2021(旧モデル)

機動力ならNo.1!

「いや、高すぎて誰も買えないやろ!」
けれど最高の押し心地。重くて軽い!?の不思議

[BABYZEN] YOYO2
ベビーゼン YOYO2(2020年発売)
選ぶと失敗・後悔する
  • ハイシートが絶対!な人
  • ズボラな人
RISU

これらの条件に当てはまらなければ良い選択になりえます。

■ BABYZEN YOYO2 0+6+

フランス発ブランドの『BABYZEN』。開発のルーツはRECARO(ドイツ)にあった。ブランドはこの『ヨーヨー』と呼ばれるコンパクトベビーカー1モデルで勝負しており、その性能の高さから世界中にファンが多い。もともとはB型ベビーカーとして立ち上がったモデルだが、新生児用オプション『0+(生後6ヶ月まで使えるコット)』を取り付ければA型ベビーカーとして機能。装着したままでもコンパクトに折り畳めるので移動の多い人にぴったり。

ブランドBABYZEN(フランス)
タイプ両対面式
対象年齢新生児から体重22kg
サイズ
幅×奥行×高さ
展開時:44×86×106㎝
折畳時:44×18×52~56cm
重量(0+利用時) 6.6kg
(6+利用時) 6.2kg
ハンドル106cm
リクライニング(0+利用時) 170°
(6+利用時) 110°~140°
付属
保証期間購入後2年
公式HPhttps://www.babyzen.com/jp/ja/yoyo2-stroller-birth

ベビーゼン ヨーヨー2をレビュー

管理人パパ

素敵なんだけどSTOKKEに買収されて、来年はリニューアルの見込み高し!今年6月にはライバルブランドから競合モデル発売予定。

悪路なら俺に任せろ!

第二子は乗せた。第一子はどうする?
この虫かごとボールも持っていくのか!?

[GRACO] シティトレック GB
グレコ シティトレック GB(2020年発売)
選ぶと失敗・後悔する
  • 手が小さい人
  • ワイルドには程遠い華奢な人
  • 長くて急な坂道の走行がマストな人
RISU

これらの条件に当てはまらなければ良い選択になりえます。

■ グレコ シティトレック GB

米国発ブランドの『Graco』から発売の三輪ベビーカー。名称に「トレック」と付くとおり山道や河原など険しい環境にもガンガン進んでいける。おまけにシート下荷物かごはスーパーの買物カゴだって入る大きさ。ただし、大きなエアタイヤをがっちり4つも付けているわけで重い。重さを了解した上で、その他の安心を優先したい人に。

ブランドGraco(米国)
タイプ三輪
対象年齢生後1カ月~36カ月(体重約15kg)まで
サイズ
幅×奥行×高さ
展開時:約55×約90×約109㎝
折畳時:約55×約37×約86cm
重量8.8kg
ハンドル103cm
リクライニング113°~155°
付属レインカバー
保証期間購入後1年
公式HPhttps://www.gracobaby.jp/stroller/cititrek_gb

グレコ シティトレック GBをレビュー

管理人パパ

重いがガンガンいけるタイプの最大のメリットは二人乗りにしても走行性を落とさない点。バギーボードで第一子を運ぶのにも向いている。また、手の小さい人や華奢な人には上位ブランドの『スムーヴ』がある。

モノの魅力に溢れた玉座

産後なのにあくせくどこへ行く?
好きな地元でゆっくり子育てに

[Bugaboo] Bee6
バガブー ビー6(2020年発売)
選ぶと失敗・後悔する
  • 片手で5秒以内に折り畳めないと困る
  • 電車・バス・タクシーなど公共交通機関の利用・乗り継ぎが多い
  • 生活圏内に階段の利用が避けられない
  • 長くて急な坂道の走行がマストな人
RISU

これらの条件に当てはまらなければ良い選択になりえます。

■ Bugaboo Bee6

もともとは車輪開発にルーツを持つオランダ発高級ベビーカーブランド『Bugaboo』。そのコンパクトベビーカーがこの「ビー6」で、サイズ感は日本人にも使いやすいが、なにせ高身長大国オランダの人が言うコンパクト。信用ならないのは重さに表れている。しかし、それ以外はパーフェクト!細部の質感はどれも高く、男性なら「俺はぜったいにこっち!」とベビーカーを知れば知るほど唸るだろう。パートナーに期待できる仲良し家族なら選んでヨシ。

ブランドBugaboo(オランダ)
タイプ両対面式
対象年齢生後1カ月~36カ月(体重約15kg)まで
サイズ
幅×奥行×高さ
展開時:53×51×91.5-109㎝
折畳時:47×36×90cm
重量9.4kg
ハンドル91cm~109cm(伸縮型)
リクライニング95°/135°/155°の3段階調節
付属レインカバー
保証期間購入後2年+延長保証2年
公式HPhttps://www.bugaboo.com/jp-ja/%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%BC/%E3%83%90%E3%82%AC%E3%83%96%E3%83%BC-%E3%83%93%E3%83%BC-6/

バガブー ビー6をレビュー

RISU

ベビーカーに人間工学デザインをもたらしました。

管理人パパ

ハンドルの高さ調整は伸縮するテレスコープ型。パートナーとの身長差が大きい場合にも最適です。

走行性能の最高峰

「いや、高すぎて誰も買えないやろ!」
けれど最高の押し心地。重くて軽い!?の不思議

[Bugaboo] フォックス3
バガブー フォックス3(2021年発売)
選ぶと失敗・後悔する
  • 玄関が狭い
  • 片手で5秒以内に折り畳めないと困る
  • 車で持ち運びたいがラッゲージスペースが狭い
  • 電車・バス・タクシーなど公共交通機関の利用・乗り継ぎが多い
  • 生活圏内に階段の利用が避けられない
  • 生活圏内に長い坂道がある
RISU

これらの条件に当てはまらなければ良い選択になりえます。

■ Bugaboo Fox3

もともとは車輪開発にルーツを持つオランダ発高級ベビーカーブランド『Bugaboo』。その最高峰モデルがこのFox(二人乗りならDonkey)になる。本体重量は10kg超えで重いが、階段の上り下りが必須の環境を割けられるならこれほど押していて気分の良いベビーカーはない。

ブランドBugaboo(オランダ)
タイプ両対面式
対象年齢新生児から体重22kg
サイズ
幅×奥行×高さ
展開時:60×92×115㎝
折畳時:88×46×88cm
重量12.2kg
ハンドル88cm~108cm(伸縮型)
リクライニング100°/150°/175°の3段階調節式
付属レインカバー

キャリーコット
保証期間購入後3年+延長保証1年
公式HPhttps://www.bugaboo.com/jp-ja/%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%BC/%E3%83%90%E3%82%AC%E3%83%96%E3%83%BC-%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9-3/

バガブー フォックス3をレビュー

■ その他のベビーカーの売れ筋ランキング

なお参考までに、楽天市場とAmazonの売れ筋ランキングは以下のリンクから確認できます。

運営者

管理人パパ

執筆

ベビーカージャーナリスト

プロ・ベビーカーレビュアー。ベビーカーを10年間で100台以上押し比べてきた体験談を紹介。年間100件の購入相談に応える。ECディレクター/エンジニアの経験から業界のトレンドや売り手の心理を先読みしたレビューが得意。雑誌の監修等の仕事も受ける。三児のパパ

RISU

見習い

初産の妻のためにベビーカーを勉強中のリス♂

とあるリス園の出身。妻メーサが少し早めの里帰り出産で実家へ帰ってしまったため時間ができたのでベビーカー調査に乗り出した。羽振りよく代官山を練り歩いていたところ隊長(管理人パパ)と出逢い、話を聞くうちに感銘を受け弟子入り。メーサが大好き。