メニュー

ベビーカーの人気ランキング

管理人パパ
ベビーカージャーナリスト
プロ・ベビーカーレビュアー。ベビーカーを10年間で100台以上押し比べてきた体験談を紹介。2022年からは年間100件の購入相談に応える。業界のトレンドや売り手の心理を先読みしたレビューが得意。雑誌のベビーカー特集監修等
おすすめのベビーカーをランキング

売上順・売れ筋ベビーカーランキング 2023-2024年新

ランキング画像

\ 元ECディレクターが独自手法で実態調査 /

売上・売れ筋≒人気ランキング

国内市場売上順

1位 サイベックス リベル

評価したポイント

仮説思考で多変量解析の手法を用いて算出した。説明変数は第1子出生時の母の平均年齢(厚生労働省)、年代別ECモール利用者比率(ECモール利用実態調査)、ECサイトのレビュー記入率、日本におけるベビーカー販売台数(経済産業省)など。EC化率を仮に35%と高めに置いたが、ブランドやモデルごとにECと店舗販売のオムニ割合に補正係数を乗算して調節した。市場規模は280億円(年間販売台数65万台×平均購入単価4.2万円)と試算した。

国内EC市場売上順

1位 サイベックス リベル

評価したポイント

EC売上に特化したバージョンがこちら。市井の30代女性のECモール利用率をベビーカーブランドのモール別参加率とレビュー数を元に補正し、以下のとおりと算段した。ベビーカー商品のモール別売上割合:「Amazon(20%)」「楽天(65%)」「Yahoo(10%)」「その他(5%)」。EC売上規模は100億円程度と見立てている。

■ その他のベビーカーの売れ筋ランキング

なお参考までに、楽天市場とAmazonの売れ筋ランキングは以下のリンクから確認できます。

運営者

管理人パパ

執筆

ベビーカージャーナリスト

プロ・ベビーカーレビュアー。ベビーカーを10年間で100台以上押し比べてきた体験談を紹介。年間100件の購入相談に応える。ECディレクター/エンジニアの経験から業界のトレンドや売り手の心理を先読みしたレビューが得意。雑誌の監修等の仕事も受ける。三児のパパ

RISU

見習い

初産の妻のためにベビーカーを勉強中のリス♂

とあるリス園の出身。妻メーサが少し早めの里帰り出産で実家へ帰ってしまったため時間ができたのでベビーカー調査に乗り出した。羽振りよく代官山を練り歩いていたところ隊長(管理人パパ)と出逢い、話を聞くうちに感銘を受け弟子入り。メーサが大好き。