2024年5月のおすすめランキング 

【東京】エリア別のベビーカーブランド出現率マップ(六本木・自由が丘・麻布・白金・・・)

【東京】エリア別のベビーカーブランド出現率マップ

都内を練り歩くうちに、エリアによって「よく使われている(押されている)ベビーカー」に違いがあることに気が付きました。

おそらく、エリア別の世帯所得の違いも影響しているのだと思います。

Googleの画像検索APIやInstagramのGraph APIを使ってユーザーが実際に投稿で付けたタグやファイル名またはGoogleが自動認識したブランド名をトレースしてプログラム表示できるかと考えたのですが、意外な簡単な方法でそれを見ることができたので少しずつ紹介していきます。

ブランドのどれが正解で不正解などは気にしなくて良いと思います。ただ、デパートやブティックなど商業施設に入る場合は、町並みや身なりと一致させるような意識を求められる場所もあるでしょう。

実際、プレッシャーの強い、レベルの高い場所というものも存在します。

目次

六本木エリア

babyzen YOYO2

bugaboo Bee5

CYBEX MIOS

CYBEX MELIO

CYBEX EEZY S B2

¥36,800 (2024/05/30 02:23:32時点 楽天市場調べ-詳細)
イージーS2は廃盤。こちらは廉価なB型タイプの初代モデル(公式リンク

Inglesina QUID

自由が丘エリア

Quinny Yezz

クイニー ジャズ[Quinny Yezz]

J is for Jeep スポーツ リミテッド

babyzen YOYO2

アップリカ ラクーナクッション

エアバギー ココ ブレーキ EX

麻布・白金エリア

iCandy ラズベリー

iCandy Raspberryアイキャンディ ラズベリー

phil&teds go

¥41,800 (2024/05/30 02:05:33時点 楽天市場調べ-詳細)

CYBEX MIOS

CYBEX MELIO

ピジョン ランフィ

つづく

目次