メニュー
ページ
 ベビーカーのおすすめ商品 

【レビュー】エアバギー ココブレーキEXの口コミ(メリット・デメリット)

エアバギー ココブレーキEXの個人レビュー

この記事は購入相談実績100件以上、100台以上のベビーカーを押し比べた管理人パパ(ベビーカージャーナリスト)がお届けしています。

目次

我が家が買った1台目のベビーカー。「買ってよかった!」が、当時よりも値上がりしていく価格に疑問が・・・

価格60,000円(コーラルオレンジ) + 税
62,000円(グラデーションカモ) + 税
63,000円(サファリ)+ 税
対象生後3ヶ月頃(お子様の首がすわってから)~3歳位まで
重量9.5kg
横幅53.5cm
ハンドル高98cm
リクライニング角度110°と135°の2段階調節
付属品レインカバー、ドリンクホルダー、エアポンプ、リストストラップ
公式サイトhttps://store.airbuggy.com/c/0000000312/10001258
https://www.airbuggy.com/stroller/brake-ex-gracamo/
https://www.airbuggy.com/stroller/brake-ex-safari/

解説

なにを隠そう、このサイトの管理人がはじめて手に入れたベビーカーがエアバギーのCOCOブレーキだった。

詳しい感想はこちらに綴ってきていた。

ヒトコトで表すと「欠点はあるが、最高の押し心地に包まれるベビーカー」。

たたむのも面倒だし、なによりも重く、階段は一苦労。
しかしそれを上回る押していての気持ちよさがある。

人が集まる場所では、多くの人とすれ違わないといけないが、「毎度ベビーカーを旋回させて避け続けるのは体力的にも心理的にもストレス」。

そんな時に、サクサク避けかわせるエアバギーは三輪ベビーカーの中でも一番の軽快さを誇っている。

当時は5万円(ブレーキ無しモデルは4万円台)だった価格は今では1万円以上値上がりし、高騰傾向が続いている。

日本の少子化(一人目にかけられるお金は逆に増える)の影響、そして中国・東アジア圏からの高級ベビーカー志向のお客様を見込んでの影響だろうか。

この丸みを帯びた素敵なフォルムは年々縮小され、より高価格帯のモデルのみカラーラインナップが充実していくマーケティング手法に嫌気を感じる。

買える余裕のある人には最高のベビーカーの一つ。
でも、そうでない人には本当に小憎いブランドではある。

個人的には、次の市場の活性化を期待して、エアバギーに代わる第二の日の丸ベビーカーを応援しつつあります。

トラベルシステムで使うなら

こちらは本国サイトで紹介されているブリタックスレーマーの最新モデル(BABY SAFE2 i-SIZE)。

英国王室御用達でジョージ王子も使用中とのことで一定の信頼感を寄せていいでしょう。メルセデス・ベンツやボルボ、フォルクスワーゲンなど欧州メーカーの純正チャイルドシートとしても採用が多いブランドです。

このベビーカーの満足度レビュー
3.5
  • 押しやすさ
    (5)
  • 機能性
    (4)
  • 携帯性
    (2)
  • デザイン
    (4.5)
  • 価格
    (2)

エアバギーの最安値·安心の購入術

ここがポイント

  • エアバギーの会社の利益率に貢献したい人はエアバギーの公式直営店で購入
  • エアバギーのサイト直営サービスとしてカラーオーダーサービスが2種類あり、旧モデル(新生児からは使えない)をカラーカスタムオーダーできる『BUILD(ビルド)』と、そして新モデル(新生児~)をベースにしたそれの『AIRBUGGY COLOURS』である。どちらも定価販売
  • エアバギーが最安値で買えるのは楽天市場の下記テナントになる
  • Amazonの公式ブランドストアには「異様に安くなっていてお得か!?」と思える商品もあるが型落ち商品が多い。対策としては「Amazon.co.jp での取り扱い開始日」することと出荷元・販売元が「Amazon.co.jp」になっていることを要確認
  • 最安値をポイント還元率も含めて考えると楽天市場内の公式直営店も含めた下記テナント間で比較して決めるといい

下記はいずれもショップレビュー検査済み店舗です。

私がお得&安全と考えるショップ

エアバギー ココブレーキEXの個人レビュー

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

運営者情報

東京ベビーカーとは、2012年7月にめでたく第一子(2015年11月に第二子、2020年9月に第三子)を授かった40代パパが息抜きでたまに本気出して書く、パパ目線でのモノ選びを中心に紹介するブログ。国内・海外のベビーカーを100台以上押し比べた実績が評価されて、晋遊舎から出版の『ベビー用品完全ガイド』にも以前出演させていただきました。
» 誰に向けて書いているの?

目次