2024年4月のタイプ別おすすめ 

アストンマーチンの手技が光るベビーカー『Silver Cross(シルバークロス) サーフ エディション アストンマーティン』

アストンマーチンの手技が光るベビーカー『Silver Cross(シルバークロス) サーフ エディション アストンマーティン』 画像

少し古い話題になりますが、今年の4月にあのシルバークロス社(英)からアストンマーチンモデルのベビーカーが登場していました。

アルファロメオモデルのベビーカー
BMWモデルのベビーカー、
などなど

ここ1~2年、同じ『CARつながり』で、ぞくぞくと有名自動車メーカーとのタイアップモデルが各社から発売されています。

今回紹介しているシルバークロスのアストンマーチンモデルは、いろんな記事を参考にしたところ、他のモデルと同様中国生産の、一部本国仕事が入っている(手縫い部分かな?)ように見えました。

日本での取り扱いは『日本育児(大阪)』。

同の通販サイトでもすでに販売開始されていて、ここで買うことができます。
残りあとわずかなのかな、、※世界限定800台、日本には10台のみ入荷だそうです。

より詳しくは、こちらの特設サイトで確認できますが、シルバークロスの『サーフ』モデルの中でもシャーシの素材やハンドクラフト箇所が多々散りばめられているのがその違いとか。

走行性能も高いらしく、リクライニングも4段階と、赤ちゃんにとってはまさしく最高の乗り心地を実現するアストン級の乗り心地の様子。

一つネックをあげるとすれば、W(横幅)が58cmなので日本の駅改札(55cm)の標準レーンを通過できない点でしょうか。

あとお値段が驚きの『315,000円』なのですが、キャリーコットも付いているし、素材感も納得の様子なのでリーズナブルと捉える方もいるでしょう。

ちなみに、今朝、日本育児さんへ電話して聞いてみました。
通販サイトでは在庫が△印だったので、どういう状況なのかの確認と、都内で実際にさわることのできる展示があるのかを確認するためでした。

結果、、

あと一台。。

全国的に展示販売はしていないそうです。

短足、アウトドアブランド好きの私には不似合いですが、

高級カーディーラーやセレクトショップ等ライフスタイルを提唱する
お店のディスプレイに上手にマッチするベビーカーって意外と選択肢が少ないので、
そんな中、シンプルで、いやらしさがない上に上質感漂う彼は(あえて男かと)、
インテリアとしても、機能性を愛する男(息子)の乗り物としても最高の一台になることでしょう。

欲しいと思った方は、急がれたし!!


目次

おすすめの関連商品

管理人による旬の買い方紹介

2024年4月現在の旬な買い方はズバリこれかなと思います。

新生児に最適(最高だけど高額)
都会的な暮らしに最適
  • ミオス → リベル/オルフェオ(4月リニューアル)に乗り換えまたはコヤと二台持ち
  • メリオ → リベル/オルフェオに乗り換え
郊外型の車中心生活に最適
  • リベル+ベビーシートでトラベルシステム
軽さ重視&バス利用に最適
  • 国内メーカーのベビーカー → リベル/オルフェオに乗り換え
乗り換えたいが第二子への引き継ぎに最適
  • いまならバタフライ

※二台持ちとせず乗り換えを基本としているのは、途中で一台目を売却して二台目の予算にあてることがコストとしても玄関スペースとしても節約になるためです。

他にも有名ブランド・無名ブランド、国外のみ販売の世界的ブランドもあるけれどこれが基本です。

  • 14万円(ファースト)→売却して7万円回収して→7万円のB形を買うことも
  • 7万円(ファースト)→売却して4万円回収して→3万円のB形を買うことも
  • 7万円かけてB形をA形仕様にして1台で済ませることも

いろいろ方法はあるけれど、お金の余裕や投資に対する考え方・合理性、そして子どもと叶えたい理想の生活などみんなそれぞれ微妙に違うから、コレが正解!っていうのを本を読んだり限られた店舗をめぐって探しきるのは至難の技。

「高い買い物なのに何回も失敗したら数万円の損じゃ効かないかも??」で不安な人にはママ友コミュニティが一番かもしれないけれど、人付き合いが難しかったり、初子ならそもそも必要なタイミングでコミュニティに参加できていない場合も多いから大変なんよね。

私は私でできることをやっていきます。

基本はトータル7万円で卒業するのが理想

どれか一台だけと言われればコレ👇
¥74,250 (2024/04/18 20:58:00時点 楽天市場調べ-詳細)
2024年のベスト評価

管理人について

管理人パパのアバター 管理人パパ ベビーカージャーナリスト

東京ベビーカーとは、2012年7月にめでたく第一子(2015年11月に第二子、2020年9月に第三子)を授かった40代パパが息抜きでたまに本気出して書く、パパ目線でのモノ選びを中心に紹介するブログ。国内・海外のベビーカーを100台以上押し比べた実績が評価されて、晋遊舎から出版の『ベビー用品完全ガイド』をはじめメディア出演多数。
» 誰に向けて書いているのか?

目次