メニュー
ページ
 お買い物マラソンにエントリー 

自動運転ベビーカー『Ella』が2023年4月発売開始

自動運転ベビーカー『Ella』が2023年4月発売開始

この記事は購入相談実績100件以上、100台以上のベビーカーを押し比べた管理人パパがお届けしています。

いつ取り上げようか迷っていたけれど、情報がまとまってきたこのタイミングで。

タイトルのとおり自動走行するベビーカーが発売される。しかも今年中に。

詳細については下記の記事が詳しいので5分以上時間のある人は読んでみて。

要約すると…
  • カナダのスタートアップ企業が開発
  • 価格は50万円
  • 後輪が電動式になっていて走行アシストが効く
  • 坂道でうっかり手を話しても自動ブレーキが作動
  • 推奨していないが手放しでも走行する(自走
  • AIと360度カメラセンサー搭載で障害物を検知
  • NVIDIA(米)のJetsonプラットフォームで処理
  • 深セン出身のエンジニア
  • 2022年中に予約した人は4月に配達される予約サイト
  • 2023年今から予約の人は早くて7月の配達となる

とにかくどんな感じで動くの??が気になったはず。
代表的な動画を掲載しておく。

目次

管理人VOICE

スペックシートを見たところ重量は13.6kg。
軽くはない。重すぎる。

しかし、日本と欧米諸国を比較した場合「ベビーカーの使われ方」自体が違うことを割り引いて考えなければいけない。

  • バリアフリーが日本よりも進んでいて
  • しかし悪路は悪路としてしっかりあり
  • 車での移動が中心で
  • ベビーカー利用時は荷物もたくさんある

そんなときに頼れるのはゴツくて重くても、悪路にも信頼のおけるゴツいタイプ。

使われ方が違うので日本ではEllaの出で立ちに驚きしかないが、海外だときちんと市場の隙間はあるはず。

無理な挑戦ではないと感じた。

一方、ベビーカー電動化の波は数年前から来ており、現実的なモデルとしては人気ブランド『サイベックス』からも『E-PRIAM(イープリアム)*』があった。
*公式オンラインストアまたはフラッグシップストア(表参道店)のみで販売

日本だとまずこのモデルがどこまで売れているかが鍵になる。
多分、まだ着火していないはずだ。

しかし活路は意外なところにある。
ここ3年のうちにベビーカー市場には大きなパラダイムシフトが訪れるだろう。

有料note

自動運転ベビーカー『Ella』が2023年4月発売開始

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

運営者情報

東京ベビーカーとは、2012年7月にめでたく第一子(2015年11月に第二子、2020年9月に第三子)を授かった40代パパが息抜きでたまに本気出して書く、パパ目線でのモノ選びを中心に紹介するブログ。国内・海外のベビーカーを100台以上押し比べた実績が評価されて、晋遊舎から出版の『ベビー用品完全ガイド』にも以前出演させていただきました。
» 誰に向けて書いているの?

目次