2024年4月のタイプ別おすすめ 

Joieのベビーカーが「安すぎる…」のではない!日本のベビーカーが「高すぎる!」のだ。

ドイツのAmazonのベビーカー売れ筋ランキング

ということです。

あまり本当のことを書くと消されてしまうので大きな声では言えませんが、

「日本だけじゃないですか?こんなに高いベビーカーを買わないといけないと思っている民族は?」

下記はドイツのAmazonのベビーカー売れ筋ランキングです。

ドイツのAmazonのベビーカー売れ筋ランキング
クリックでリンク先へ

Amazon.de Bestseller: Die beliebtesten Artikel in Buggys https://www.amazon.de/gp/bestsellers/baby/3968955031/

そして、こちらが日本のベストセラー

日本のAmazonでベビーカーのベストセラー
クリックでリンク先へ

Amazon.co.jp 売れ筋ランキング: 両対面ベビーカー の中で最も人気のある商品
https://www.amazon.co.jp/gp/bestsellers/baby/2740580051

ということで、

管理人
管理人パパ

ベビーカー(特にファースト)に5万円ぐらい出すのが普通だよね?という風潮、どこから生まれてきたものなのか・・・

国内メーカーのマーケティング担当者により付加価値と思って塗り重ねられた機能追加の終着地点が、「押し心地が悪いからと、本当に比較検討するママには総スカンを食らってしまう名ばかりの高級品」を生んでしまっているが、

もう元の価格には戻れない雰囲気さえ感じます。

5万円以上だして買ってもらうのをあきらめてください。
国内メーカーさん。

だって、私たちはベビーカー業界のユニクロ(Joie)をもう知ってしまっているのですから。

Joieのベビーカーでも儲けは出せます。
ただし、高級な社員は抱えられないでしょう。

Joieはベビーカーだけでは儲けられず、ベビーシートにまで手を出してもらってこそのビジネスです。

そんな体当たりのメーカーと価格競争はできないとは思いますが、YouTubeの世の中です。早晩市場崩壊は雪崩のごとく勢いではじまるでしょう。

あと、日本では10万円級のbabyzenのYOYOも、ドイツでは420ユーロで5万円ちょっとですよ。

なにを馬鹿にされて(もしくは無知なだけ)いるのか日本人よ。

それで、アナタにも言いたい。

私がおすすめしているような、Joieのエアスキップ メッシュを見て、

「安い・・・」
「こんなに安くて第一子に失礼じゃないか・・・」
「親が見ている手前もあるし・・・」
「ママ友の間でバカにされないか・・・」

なんて考えが浮かぶようであれば、

そもそもがおかしいかもよ?

を伝えたかったのです。

ましてや「私たちは、大人用のクロスバイクやロードバイク」を買っているのではないですよ。

赤ちゃんの乳母車です!

自転車乗りからしたら、同じような値段で売られているエントリーモデルのクロスバイクと少なくとも同じ価値では無いはずだと思ってしまいます。

いや、折りたたみ性能・構造なんかにしっかりとしたデザインが入っているのだと思うけれども、海外ブランドのそれらは「エンジニアリング魂が創業のルーツにある会社がほとんど」です。

バガブーにしても、ベビーゼンにしても、中国に買われちゃったけれどサイベックスであっても。

それらと価格は伍していながら、どうして操舵性がそんな感じから私が見てきた7年前から進歩しないのよ・・・

エアバギーも、値上げを微妙に重ねているのを見てきているし、

いい加減、その値段おかしいと思うわよ!(急にオンナ、、)

声を大にして、結びの言葉とさせていただきます。

ちっさ!

管理人による旬の買い方紹介

2024年4月現在の旬な買い方はズバリこれかなと思います。

新生児に最適(最高だけど高額)
都会的な暮らしに最適
  • ミオス → リベル/オルフェオ(4月リニューアル)に乗り換えまたはコヤと二台持ち
  • メリオ → リベル/オルフェオに乗り換え
郊外型の車中心生活に最適
  • リベル+ベビーシートでトラベルシステム
軽さ重視&バス利用に最適
  • 国内メーカーのベビーカー → リベル/オルフェオに乗り換え
乗り換えたいが第二子への引き継ぎに最適
  • いまならバタフライ

※二台持ちとせず乗り換えを基本としているのは、途中で一台目を売却して二台目の予算にあてることがコストとしても玄関スペースとしても節約になるためです。

他にも有名ブランド・無名ブランド、国外のみ販売の世界的ブランドもあるけれどこれが基本です。

  • 14万円(ファースト)→売却して7万円回収して→7万円のB形を買うことも
  • 7万円(ファースト)→売却して4万円回収して→3万円のB形を買うことも
  • 7万円かけてB形をA形仕様にして1台で済ませることも

いろいろ方法はあるけれど、お金の余裕や投資に対する考え方・合理性、そして子どもと叶えたい理想の生活などみんなそれぞれ微妙に違うから、コレが正解!っていうのを本を読んだり限られた店舗をめぐって探しきるのは至難の技。

「高い買い物なのに何回も失敗したら数万円の損じゃ効かないかも??」で不安な人にはママ友コミュニティが一番かもしれないけれど、人付き合いが難しかったり、初子ならそもそも必要なタイミングでコミュニティに参加できていない場合も多いから大変なんよね。

私は私でできることをやっていきます。

基本はトータル7万円で卒業するのが理想

どれか一台だけと言われればコレ👇
¥74,250 (2024/04/15 20:57:13時点 楽天市場調べ-詳細)
2024年のベスト評価

管理人について

管理人パパのアバター 管理人パパ ベビーカージャーナリスト

東京ベビーカーとは、2012年7月にめでたく第一子(2015年11月に第二子、2020年9月に第三子)を授かった40代パパが息抜きでたまに本気出して書く、パパ目線でのモノ選びを中心に紹介するブログ。国内・海外のベビーカーを100台以上押し比べた実績が評価されて、晋遊舎から出版の『ベビー用品完全ガイド』をはじめメディア出演多数。
» 誰に向けて書いているのか?

目次