メニュー
ページ

何もかもデカイぜ!ABCデザインの3-Tec PLUS

この記事は100台ベビーカーを押し比べた管理人パパがお届けしています。

何もかもデカイぜ!ABCデザインの3-Tec PLUS

あなたの住む街に石畳はありますか?
その性能を十分に発揮できる日本を探したくなる!!

ABCデザインは、ドイツ生まれのベビーカーメーカー。

斬新でスタイリッシュなデザインが特徴で、質実剛健のドイツメーカーらしく、2007年には工業デザイン界において世界的にも権威のある『IFデザイン賞』を獲得するなど、デザイン・機能の両面で評価の高いメーカーだそうです。

ドイツ国内では、ベビーカーの売上No.1と聞いています。

そんなブランドから、今回紹介するのは、『ABCデザイン 3-Tec PLUS』

日本国内では、今年(2015年)の3月1日に正式に発売開始されてました。

私も晋遊舎さん主催のベビーカー押し比べ検証会でいろいろ触ってきたのですが、とにかくデケ~!!のヒトコトにつきます。

なんというか、大きく感じるだけなのかもしれません。

実際は、エアバギー・ココ ブレーキモデルより二回り大きく、Bagabooのカメレオンよりも若干大きいイメージ。

ただ、サスペンションはかなり良いみたいで、わざわざ自動車ばりのごっつい『コイルスプリング式サスペンション』を実装しているあたりは、本当に子どもの視点に立った機能性で際立った存在を目指している風に感じました。

おかげさまでか、重量も12キロ近くとなり、私が知っているベビーカーの中でも最重量級クラスなのですが、「乗り心地も、フレーム剛性もいっさい妥協せん!」を追求した結果なのでしょう。。

電車の一般改札(55cm)も通れない車体幅(59cm)だし、片手での持ち運びは難しいでしょう。

しかし、車やロードバイクを選ぶように、その機能美をじっくり吟味したい方にはピントのあう一台になるかもしれません。

お父さんがベビーカー購入の主導権を握れる家庭に、そして家の周りが激しい凸凹道に囲まれたアナタにおすすめできるかもな一台でした。

では!

楽天スーパーセールの買い方

2021年最後の楽天スーパーセールが開催中(12月4日(金)20:00〜12月11日(土)01:59)。
管理人パパが選んだ「今が安い!&価格相応の価値あるベビーカー」を記事にまとめました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

東京ベビーカーとは、2012年7月にめでたく第一子(2015年11月に第二子、2020年9月に第三子)を授かった40代パパが息抜きでたまに本気出して書く、パパ目線でのモノ選びを中心に紹介するブログ。国内・海外のベビーカーを100台以上押し比べた実績が評価されて、晋遊舎から出版の『ベビー用品完全ガイド』にも以前出演させていただきました。
» 欲しいものリスト

評価の高い定番のベビーカー

■ A型両対面式で探すなら

¥55,440 (2021/12/08 15:15:31時点 楽天市場調べ-詳細)
《 厳選 》↑ 最安値 or 高ショップ評価のお店

走行性良く、シート下カゴの収容力も抜群でハンドルの高さ可変で夫婦の身長差を気にしなくて良い総合力の高さが自慢
メリオのレビュー記事を読む

■ B型背面式で探すなら

¥25,300 (2021/12/08 15:17:16時点 楽天市場調べ-詳細)
《 厳選 》↑ 最安値 or 高ショップ評価のお店

折りたたむとコンパクトで、展開しても平均身長・小柄ママにも丁度良いサイズ感。狭い玄関などでも場所を取らないので外出時に「今日ベビーカー持っていく?」と悩んだりせず我が家は車に積みっぱなしにしている。トラベルシステムにも対応
リベルのレビュー記事を読む

目次
閉じる