メニュー
ページ

コスパで選びたいジュニアシートはグレコとカーメイト。運転の粗い人にはCybexやあのブランドも。

この記事は購入相談実績90件以上、100台以上のベビーカーを押し比べた管理人パパ(ベビーカージャーナリスト)がお届けしています。

ブランド説明ページを更新したので、久しぶりにGRACO(グレコ)について書こうと思たけれど、ベビーカーでは特に書くべきことが見当たらなかったので、ジュニアシートについて書くことにした。

目次

3歳からのジュニアシート(チャイルドシート)選び

はコスパで決めた。

うちの場合は。

我が家は以前、トヨタのシエンタに乗っていて、チャイルドシートからジュニアシートに乗せ換える3歳を迎えていろいろ検討していた。

ただ、その時は、ベビーカー選びに夢中になった自分とは到底思えないぐらいあっさりと「コスパ重視でAmazonで売れていてレビューの高いものにしてしまおう。」と即ポチって決めたのであった…

なんというか、

子どもへの愛が冷めたのではなくて、

たぶん、このカテゴリー(ジュニアシート)にあまりワクワクしなかったんだろうな。

なので、実用性で決めました。

我が家が購入した商品はこちら。

GRACO(グレコ) ジュニアプラス メトロポリタンGR
https://www.gracobaby.jp/juniorseat/junior_plus

と、ここまで書いて、念のためAmazonの購入履歴を調べてみたら、実は違っていた・・・

今のいままでグレコを購入したと思い込んでいたみたい。

実際はこちら。

カーメイト エールベベ サラットハイバックジュニア
http://www.carmate.co.jp/products/detail.php?product_id=5062

Amazonや価格.comあたりでジュニアシートのランキングを調べてみると、1万円以下のカテゴリーでは、下記の3つが人気の様子。

グレコのジュニアプラス(☆ 4.3)
カーメイト エールベベ サラットハイバックジュニア(☆4.3)
Joie エレベート ツートンブラック(☆3.6)

実際はグレコとカーメイトの一騎打ちだと思うが、通気性とデザイン性の面で私はカーメイトにしたのだと思う

JOIEのジュニアシートもデザインとしては魅力的だけども、5点式というところがレビューで賛否両論あるみたいなので、怖くて手を出せなかったか。

今回は以上。

紹介していた商品はこちら


本格的にデザインと機能にこだわるなら

私の運転はかなりソフトだが、きびきび動きたい運転手には下記のBritaxやCYBEXぐらい手厚いサポートがあったほうが安心かと思う。

最後は急カーブでグレコの話題から離れていってしまった。

グレコの最安値·安心の購入術

ここがポイント

  • GRACO(グレコ)は米国ノースカロライナを拠点とするベビー用品ブランド
  • 現在は米国企業大手ニューウェルのグループブランドとして、2008年に同社に買収されたアップリカ(日本)と同じくその傘下にある
  • グレコ公式サイトには公式オンラインショップがなく、ネット通販は下記の楽天テナントまたはAmazonが対応している

下記はいずれもショップレビュー検査済み店舗です。

私がお得&安全と考えるショップ

※『NetBabyWorld(ネットベビー)』という販売店の運営元は楽天自身です(2016年の爽快ドラッグ買収によりグループ傘下に)

目安箱に投稿してみませんか?

当サイトでは真実のレビューにこだわって活動していますが、本当の使い勝手は実際に使っている方にお聞きできるのが一番だと考えています。

子どもを思う親の気持ち。それがしっかりとあなたの調査時間に現れていたと思います。
お疲れさまでした。

ベビーカー購入で迷われた点、決め手になった情報など是非後輩となるママ・パパのために教えていただけませんか?

特にマイナーなモデル、海外でしか販売されていないモデルを求めています。

管理人パパ
ベビーカージャーナリスト
東京ベビーカーとは、2012年7月にめでたく第一子(2015年11月に第二子、2020年9月に第三子)を授かった40代Web設計屋が息抜きでたまに本気出して書く、パパ目線でのモノ選びを中心に紹介するブログ。国内・海外のベビーカーを100台以上押し比べた実績が評価されて、晋遊舎から出版の『ベビー用品完全ガイド』にも出演。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる