2024年4月のタイプ別おすすめ 

電車のベビーカーを見極める力を!

電車でのベビーカーのマナー
電車でのベビーカーのマナー

電車内でのベビーカー使用に配慮を呼びかけるポスター=24日、新宿駅、長島一浩さん撮影
出典:http://www.asahi.com/edu/kosodate/news/TKY201208250290.html

最近、巷では「電車でベビーカーが幅を利かせるのはどうなのか?」といた論争が目立ちますね。

私も親になる前は、正直「ベビーカーって邪魔だな。昔の人は折り畳んで乗っていたように思うけど。」と、正直畳まないで乗車される親御さんを見て、少しマナー違反のように感じていました。

ただ、親になってこの考え完全に変わりました。

子どもを持つと、視点がかなり変わるんです。

他の親御さんの行動もかなり見えるようになりました。

「なぜ、そうしているのか?」

「何に困っているのか?」

電車の中で、不思議と親子連れを観察している自分がいます。

さて、畳まないで乗車したい理由としてよく多いのが、「ベビーカーで揺られて子どもが寝入ってしまい、気持よく寝ているのに起こしたくないから。」ではないでしょうか。

これ、とってもよくわかります。

子どもが電車の中でぐずりはじめると内心ママとパパは恐縮してしまいます。
正直周りの目もどうしても気にしてしまいます。

「ワーワー」泣いちゃう赤ちゃんを、泣かせたまんまでいいと思っている親はいないはずです。

泣いたときはミルクが欲しかったり、ねんねしたかったり、いろいろあるわけですが、電車の中でできることってすっごく限られています。

だから、もし乗車前に寝入ってくれているのなら、「起こさない手はない!!」ということです。

もちろん、ベビーカーを折り畳まないで乗車したい理由は上記の他にもたくさんあるでしょう。

  • 荷物で手が一杯。さらに子どもを抱えてとなるととてもとても、、(手がふさがっている)
  • 腰痛を抱えており、子どもを抱っこできない状況(ママの体調)
  • 子どもに席を譲ってもらう交渉もできるべくもなく、ここで座らせてあげたい(子どものため)

などなど。

ここに結論はないと思うのですが、あえてつけるとするならば、

  • ベビーカーを折り畳んで乗車できる環境にある場合は面倒くさくてもそうすべき(特に満員電車)
  • 周りの人はベビーカーを折り畳まないで乗車する親御さんの状況を察する想像力と思いやりを
  • ベビーカーを槍のように突き出して、まわりをさも「どけっ!」と言わんばかりの乱暴な扱いをしている親御さんにはひと言マナーの指摘を

で十分だと思います。

要するに、周りの『思いやり』と、操る側に不出来なところがあった場合の『注意をする勇気』。
これに尽きますね。

ちなみに、うちのエアバギーココ。
折り畳んでもあんまり小さくもならないんですよね。

「恐縮、恐縮、、」うちも例外ではありません。

するとやっぱり車が欲しくなるわけです。

電車でのお出かけにママはかなり疲れています。
体力的にも、満員電車の中で肩身の狭い思いをするストレスからも。

「電車に乗るな!」

「タクシーつかえ!」

は、少しでも将来逆の立場になるかもしれないことを想像すると、やっぱり言ってはいけないですよね。

どれもこれも、操る親御さんのマナー次第というところもありますが、どうか周りの目としては『見極める力』を持って、接してもらいたいと思います。


目次

おすすめの関連商品

アガツマ(AGATSUMA)
¥6,500 (2024/04/16 08:51:09時点 Amazon調べ-詳細)

管理人による旬の買い方紹介

2024年4月現在の旬な買い方はズバリこれかなと思います。

新生児に最適(最高だけど高額)
都会的な暮らしに最適
  • ミオス → リベル/オルフェオ(4月リニューアル)に乗り換えまたはコヤと二台持ち
  • メリオ → リベル/オルフェオに乗り換え
郊外型の車中心生活に最適
  • リベル+ベビーシートでトラベルシステム
軽さ重視&バス利用に最適
  • 国内メーカーのベビーカー → リベル/オルフェオに乗り換え
乗り換えたいが第二子への引き継ぎに最適
  • いまならバタフライ

※二台持ちとせず乗り換えを基本としているのは、途中で一台目を売却して二台目の予算にあてることがコストとしても玄関スペースとしても節約になるためです。

他にも有名ブランド・無名ブランド、国外のみ販売の世界的ブランドもあるけれどこれが基本です。

  • 14万円(ファースト)→売却して7万円回収して→7万円のB形を買うことも
  • 7万円(ファースト)→売却して4万円回収して→3万円のB形を買うことも
  • 7万円かけてB形をA形仕様にして1台で済ませることも

いろいろ方法はあるけれど、お金の余裕や投資に対する考え方・合理性、そして子どもと叶えたい理想の生活などみんなそれぞれ微妙に違うから、コレが正解!っていうのを本を読んだり限られた店舗をめぐって探しきるのは至難の技。

「高い買い物なのに何回も失敗したら数万円の損じゃ効かないかも??」で不安な人にはママ友コミュニティが一番かもしれないけれど、人付き合いが難しかったり、初子ならそもそも必要なタイミングでコミュニティに参加できていない場合も多いから大変なんよね。

私は私でできることをやっていきます。

基本はトータル7万円で卒業するのが理想

どれか一台だけと言われればコレ👇
¥74,250 (2024/04/15 20:57:13時点 楽天市場調べ-詳細)
2024年のベスト評価

管理人について

管理人パパのアバター 管理人パパ ベビーカージャーナリスト

東京ベビーカーとは、2012年7月にめでたく第一子(2015年11月に第二子、2020年9月に第三子)を授かった40代パパが息抜きでたまに本気出して書く、パパ目線でのモノ選びを中心に紹介するブログ。国内・海外のベビーカーを100台以上押し比べた実績が評価されて、晋遊舎から出版の『ベビー用品完全ガイド』をはじめメディア出演多数。
» 誰に向けて書いているのか?

目次