メニュー
ページ

『リトル・ママフェスタ』に行ってきました!

この記事は購入相談実績90件以上、100台以上のベビーカーを押し比べた管理人パパ(ベビーカージャーナリスト)がお届けしています。

『リトル・ママフェスタ』に行ってきました!メイン画像

ご無沙汰しておりました。

いや~、2ヶ月もブログをほったらかしてました。

ちょっと息子のベビーカー利用率が下がるとこのざまです。
かなりのリハビリが必要かと思います。

さて、気負わずにどんどん書いていこうと思いますが、
先日、池袋のサンシャインシティで開催されていた『リトル・ママフェスタ』をぷらっと見てきました。

みなさん、ところで『リトル・ママ』って聞いたことないでしょう?

実は、東京・関東圏内ではかなり強力なママ・サークルサイトを運営されていて、
ママ・コミュニティの広報ツールとしては日本最大級の様子です。

リトル・ママ東京版|子育てサークル・幼稚園・保育園情報検索サイト
https://tokyo.l-ma.jp/

なんでも話をうかがうと、都内各地のサークルに対して、実際にライターを派遣して取材を行い、実にリアルな情報を『無料』で掲載しているというから驚きです。。

コンテンツありきの運営スタイルにすごく共感が持てます。

そんな運営スタイルが気に入って、なにかその都内のママコミュニティの現場感を感じられないかと、無理やり仕事にして、現場を視察してきたのでした。

リトル・ママフェスタ 2014 東京 フラダンスサークルだよ

リトル・ママフェスタ 2014 東京 ハイハイレース。。

っと、どんどんベビーカーの話からは離れていきますね。。

都内は地方とくらべてママ・サークルの活動が活発だと聞きます。

なかには、サークルメンバー数が1000名を越える大所帯もあるとか・・・

もはや、いっぱしの会社というかメディア!

会場では大きな気付きがあったことは言うまでもありません。

で、会場を見ていて思うことがありました。

ベビーカーブログ的には、結局

「住むとこ変われば、ベビーカーも変わる!」

ということを言いたいです。

付き合うママ友や、地域性によって、求められる(選ぶべき)ベビーカーも随分変わるもんだと。

それで、

なんだか、会場のベビーカーを見渡してみると、すっごく良い意味で平均的。。

リトル・ママフェスタ 東京ではおしゃれなベビーカーも多かったです!

情報誌のベビーカー売り上げ・人気ランキングを見事に再現したかのようなメーカー比率にびっくりしたわけですが、場所を移して学芸大学周辺に戻ってみると、これがまた見事にベビーカーの様子が違う(海外モノ多し)という。

平均をアテにしてはいけないし、

また、巷のベビーカー人気ランキングなんて、全然参考にならないのかも!?と感じた一日でした。

見事にベビーカーの話題に戻して、今日は終わりにします。


目次

おすすめの関連商品

目安箱に投稿してみませんか?

当サイトでは真実のレビューにこだわって活動していますが、本当の使い勝手は実際に使っている方にお聞きできるのが一番だと考えています。

子どもを思う親の気持ち。それがしっかりとあなたの調査時間に現れていたと思います。
お疲れさまでした。

ベビーカー購入で迷われた点、決め手になった情報など是非後輩となるママ・パパのために教えていただけませんか?

特にマイナーなモデル、海外でしか販売されていないモデルを求めています。

管理人パパ
ベビーカージャーナリスト
東京ベビーカーとは、2012年7月にめでたく第一子(2015年11月に第二子、2020年9月に第三子)を授かった40代Web設計屋が息抜きでたまに本気出して書く、パパ目線でのモノ選びを中心に紹介するブログ。国内・海外のベビーカーを100台以上押し比べた実績が評価されて、晋遊舎から出版の『ベビー用品完全ガイド』にも出演。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる