2024年4月のタイプ別おすすめ 

Silver Cross[シルバークロス]のベビーカー

Silver Cross[シルバークロス]のベビーカー

Silver Cross[シルバークロス]のベビーカー

http://en.wikipedia.org/wiki/File:Silver_Cross_Wayfarer_2013.jpg

昨日は家族で動物園に出かけました。

そこで感じたことがあったのですが、今日はそれも絡めてベビーカー・ブランドのご紹介を。

Silver Cross[シルバークロス](イギリス)
https://www.silvercrossbaby.jp/products/detail/6

1877年、英国北部が発祥のベビー用品ブランド。
代表的な製品は英国王室はじめ、モナコやベルギーなどヨーロッパのロイヤルファミリーに支持されてきたベビーカーですが、ベビーベッドやチャイルドシートも人気です。

王室などで利用されてきたクラシカルなデザインは、他社とは圧倒的に違うベビーと過ごす時間を提案してくれます。

http://www.silvercrossbaby.com/Classic-Prams/

http://www.silvercrossbaby.com/Classic-Prams/

ちなみにこちらは、すべて職人による手作りで、年間生産台数700台の限定だとか。

最近では、近代的なデザインのものもラインナップされ、また自動車メーカー(アストンマーチン)とのコラボモデルでも話題になりました。

それで、動物園へ出掛けた話ですが、

ベビーカーがもう邪魔だなと感じたんです、、

息子も1歳9ヶ月。

息子を抱っこしながらゾーたん観賞

もうなにがなんでも歩きたいらしく、大人しく乗ってくれることのほうがマレ。。

しかも、丘陵地帯につくられた園だったので、アップダウンが激しく、なかなか押し続けるのも大変です。

どうせ抱っこから降りないんだし、ベビーカー持ってこなくてよかったかも、、とも思いましたが、やっぱり一日中動物園にいると、絶対に子どもは疲れて寝るもんです。

そうなったら、やっぱり必要になります。

でも、ある程度重さもある今のベビーカーは、寝かせるためだけのベビーカーとしてはちょっとオーバースペック気味で不便、、

やっぱり、軽いB型ベビーカーを買い直したいな・・・

そんな風に感じていたところ、少し調べてこのメーカーのモデルを見直すことになりました。

Silver Cross MICRO[シルバークロス マイクロ]

あの、BabyProさんとこに詳しい製品レビューが掲載されていますね。

また、その他ブランドの競合モデルとの比較についてもこちらに詳しいです。

読んでみると、「へぇ~~」と納得。

5キロの重さは軽いか重いかでいうと微妙なラインですが、間違いなく我が家のエアバギーに比べれば軽い方です。

リクライニングが無いので、今回の『寝かせられる軽いベビーカーが欲しい』というニーズにはあと一歩ですが、そもそもフルフラットで寝かせることにそんなに意味があるか、ちゃんと調べてから結論を出そうと思います。

◆イギリス発祥のブランドだが、メインは中国製造

◆日本のメーカー商品よりハンドル位置が高い

◆フレーム剛性が高く、ふらつきが少ない

ブランド紹介にブログ目線を混ぜてしまって若干わかりにくくなっていますが、国内メーカーとは設計思想や規格が根本的に違うところにこういった海外メーカーの魅力があります。

今はどこも中国製造で、価格帯も高級希少モデルを選ばない限りは各社横並びの様子なので、自分の体格とベビーカーが必要な場面や時期によって上手に選び分けられるといいですね。

最近ではこういった↓トラベルシステムも出ているみたいだし、最近じわじわと人気のバガブーや、国内で人気急上昇中のエアバギーの対抗馬として密かに注目しています。

販売店は『日本育児』らしいですが、結構僕ら世代にも受け入れられるポイントがたくさんあるので、もっと頑張ってもらいたいと願っています。

Wayfarer Pram & Pushchair Carrycot and Travel System – Silver Cross
https://www.silvercrossbaby.com/our-products/prams-and-strollers/wayfarer/platinum/

管理人による旬の買い方紹介

2024年4月現在の旬な買い方はズバリこれかなと思います。

新生児に最適(最高だけど高額)
都会的な暮らしに最適
  • ミオス → リベル/オルフェオ(4月リニューアル)に乗り換えまたはコヤと二台持ち
  • メリオ → リベル/オルフェオに乗り換え
郊外型の車中心生活に最適
  • リベル+ベビーシートでトラベルシステム
軽さ重視&バス利用に最適
  • 国内メーカーのベビーカー → リベル/オルフェオに乗り換え
乗り換えたいが第二子への引き継ぎに最適
  • いまならバタフライ

※二台持ちとせず乗り換えを基本としているのは、途中で一台目を売却して二台目の予算にあてることがコストとしても玄関スペースとしても節約になるためです。

他にも有名ブランド・無名ブランド、国外のみ販売の世界的ブランドもあるけれどこれが基本です。

  • 14万円(ファースト)→売却して7万円回収して→7万円のB形を買うことも
  • 7万円(ファースト)→売却して4万円回収して→3万円のB形を買うことも
  • 7万円かけてB形をA形仕様にして1台で済ませることも

いろいろ方法はあるけれど、お金の余裕や投資に対する考え方・合理性、そして子どもと叶えたい理想の生活などみんなそれぞれ微妙に違うから、コレが正解!っていうのを本を読んだり限られた店舗をめぐって探しきるのは至難の技。

「高い買い物なのに何回も失敗したら数万円の損じゃ効かないかも??」で不安な人にはママ友コミュニティが一番かもしれないけれど、人付き合いが難しかったり、初子ならそもそも必要なタイミングでコミュニティに参加できていない場合も多いから大変なんよね。

私は私でできることをやっていきます。

基本はトータル7万円で卒業するのが理想

どれか一台だけと言われればコレ👇
¥74,250 (2024/04/18 20:58:00時点 楽天市場調べ-詳細)
2024年のベスト評価

管理人について

管理人パパのアバター 管理人パパ ベビーカージャーナリスト

東京ベビーカーとは、2012年7月にめでたく第一子(2015年11月に第二子、2020年9月に第三子)を授かった40代パパが息抜きでたまに本気出して書く、パパ目線でのモノ選びを中心に紹介するブログ。国内・海外のベビーカーを100台以上押し比べた実績が評価されて、晋遊舎から出版の『ベビー用品完全ガイド』をはじめメディア出演多数。
» 誰に向けて書いているのか?

目次