2024年4月のタイプ別おすすめ 

RECARO Easylifeがグッドデザイン賞を受賞!

RECARO Easylifeがグッドデザイン賞を受賞!

ドイツのシートメーカー RECARO(レカロ)から5月に発売が開始されていたベビーカーがこのたび2014年度のグッドデザイン賞を受賞したと知りました。

そのベビーカーとは、

レカロ イージーライフ

RECARO Easylifeは、生後6ヶ月で一人ずわりができるようになってから体重15キロぐらいまでをカバーするセカンドベビーカー。

この製品の最大の特徴が折りたたみ時のサイズでわずか59cm(高さ) x 48cm(幅) x 26cm(奥行き)と小さく、自立するところ。

どんなに簡単に畳める巷のB型ベビーカーでも、これほどコンパクトに、且つスタイリッシュに玄関を飾れる!?ベビーカーは稀有でしょう。

ベビーカーのスタイリッシュさと、持ち帰った玄関での佇まいの良さの両方を満たしてくれるベビーカー。

ベビーカーの”家”での立ち位置を考えさせてくれる、いい仕事しています。

ちなみに、

グッドデザイン賞の受賞対象は、『応募されたものの中』でしかないため、
これが2014年で一番グッドなデザインだったかどうかはわかりません。

あくまでも参考までにでした。

そして、気になる売れ行きですが、

ちょっとAmazonでも確認したところ、『背面ベビーカー・バギー の ベストセラー』カテゴリーでは65位ですね(2014/10/02 19:00現在)。

レカロのベビーカーをまだまだ知らないお母さんって、多いと思います。

ここは旦那が一枚噛んでこないとなかなか見つけ切らないものだと思いますが、以前にも取り上げたようになかなかいい仕事するメーカーだなという気はしています。

赤ちゃん本舗でも押したことがありますが、操舵性はなかなか良いです。

全体的によくまとまっているので、あとは『軽さ』という点で、他の日本メーカーとの比較になるはずですが、そこは圧倒的に負けているので、こちらの剛性の高さゆえの重さを、日本系のメーカーのギシギシきしむ感じのする軽さ優先のそれと比べて、どう判断するかが購入の決め手となりそうですね。

剛性と軽さは両立できない。あとは、何を優先する?

では!!


目次

おすすめの関連商品

管理人による旬の買い方紹介

2024年4月現在の旬な買い方はズバリこれかなと思います。

新生児に最適(最高だけど高額)
都会的な暮らしに最適
  • ミオス → リベル/オルフェオ(4月リニューアル)に乗り換えまたはコヤと二台持ち
  • メリオ → リベル/オルフェオに乗り換え
郊外型の車中心生活に最適
  • リベル+ベビーシートでトラベルシステム
軽さ重視&バス利用に最適
  • 国内メーカーのベビーカー → リベル/オルフェオに乗り換え
乗り換えたいが第二子への引き継ぎに最適
  • いまならバタフライ

※二台持ちとせず乗り換えを基本としているのは、途中で一台目を売却して二台目の予算にあてることがコストとしても玄関スペースとしても節約になるためです。

他にも有名ブランド・無名ブランド、国外のみ販売の世界的ブランドもあるけれどこれが基本です。

  • 14万円(ファースト)→売却して7万円回収して→7万円のB形を買うことも
  • 7万円(ファースト)→売却して4万円回収して→3万円のB形を買うことも
  • 7万円かけてB形をA形仕様にして1台で済ませることも

いろいろ方法はあるけれど、お金の余裕や投資に対する考え方・合理性、そして子どもと叶えたい理想の生活などみんなそれぞれ微妙に違うから、コレが正解!っていうのを本を読んだり限られた店舗をめぐって探しきるのは至難の技。

「高い買い物なのに何回も失敗したら数万円の損じゃ効かないかも??」で不安な人にはママ友コミュニティが一番かもしれないけれど、人付き合いが難しかったり、初子ならそもそも必要なタイミングでコミュニティに参加できていない場合も多いから大変なんよね。

私は私でできることをやっていきます。

基本はトータル7万円で卒業するのが理想

どれか一台だけと言われればコレ👇
¥74,250 (2024/04/18 20:58:00時点 楽天市場調べ-詳細)
2024年のベスト評価

管理人について

管理人パパのアバター 管理人パパ ベビーカージャーナリスト

東京ベビーカーとは、2012年7月にめでたく第一子(2015年11月に第二子、2020年9月に第三子)を授かった40代パパが息抜きでたまに本気出して書く、パパ目線でのモノ選びを中心に紹介するブログ。国内・海外のベビーカーを100台以上押し比べた実績が評価されて、晋遊舎から出版の『ベビー用品完全ガイド』をはじめメディア出演多数。
» 誰に向けて書いているのか?

目次