メニュー
ページ

MIOSのライバルに伏兵『Vidiamo ベビーカー limo』を考える

この記事は100台ベビーカーを押し比べた管理人パパがお届けしています。

目次

一人目の妊娠中から二人目を考えている人で、且つサイベックスのMIOSに気持ちが傾いている人向けの『二人乗りにもなるベビーカー』

ベビーカーを押し比べてきて感じたことに、年子の可能性を見越したベビーカー選びもあるということ。

双子用ベビーカーだと大げさだし、前後2席がっちりと分割されたようなモデルだと一人目の育児中は操作性が悪くなる。

そう考えると、

後付できるモデルが今までの主流だった。

ここに一石を投じたのが、『Vidiamo(ヴィディアモ)のlimo(リモ)』だ。

海外のメーカー公式:https://www.vidiamo.com/

普段は一人乗りの「ちょっとだけ重め(エアバギー程度)のベビーカー」として、二人目が誕生したら車体全長を伸ばして二人乗りにできる優れものだ。

MIOSのライバルに伏兵『Vidiamo ベビーカー limo』を考える
MIOSのライバルに伏兵『Vidiamo ベビーカー limo』を考える

使用感レビューの声

¥54,780 (2021/10/17 23:42:16時点 楽天市場調べ-詳細)
↑ クリックで付与されるポイント数をチェック
《 楽天で最安値&高ショップ評価のお店 》

「一人目を立たせて、バギーボードを取り付ければいいのでは?」

と考える人もいると思うが、年子だと長時間はステップボードの上に立たせたままの移動は困難でしょう。

なぜMIOSのライバルと言えるのか?

二人乗りにもかかわらずMIOSと重量差は2kgほどしか変わらない。

ハンドルの高さをMIOSと同様に変えられる。

横幅はMIOS(50cm)と同等の49cmとコンパクト。

ヨーロッパ生まれ(フランス)のスタイリッシュなデザイン。

管理人から

管理人パパ
管理人パパ

いつも荷物の多い人にも向いていそう。例えば、二人目を予定していなくてもいつもタンデムモードにしておいて、マザーズバッグを後席に置いたり、スーパーの買物袋を置いたり、ちょっとしたキャリーワゴンとしても利用価値が高い。

後席にピクニックセットを積んで川沿いを優雅に散歩も。

サイベックスのベビーカー 賢い買い方

ここがポイント

  • 店舗での購入は公式サイトの『取扱店舗検索』にて住所を入力して最寄りのお店を探せばいい。2021年10月時点では直営店は表参道のフラッグシップストアのみである
  • 通販サイトは主に3タイプある。公式ストアAmazon内の公式ブランドストアおよび楽天市場の各小売販売店である
  • 公式ストアは定価販売。Amazonが最安値になるケースはプライムデーやブラックフライデー、サイバーマンデーといったごく限られた期間イベント的に値下がりする場合のみ。通常は楽天市場内の下記テナントが最安値を付けることが多い

下記はいずれもショップレビュー検査済み店舗です。

私がお得&安全と考えるショップ

※『NetBabyWorld(ネットベビー)』という販売店の運営元は楽天自身です(2016年の爽快ドラッグ買収によりグループ傘下に)

注目の両対面式ベビーカー

¥69,300 (2021/10/18 14:46:38時点 楽天市場調べ-詳細)
↑ クリックで付与されるポイント数をチェック
《 楽天で最安値&高ショップ評価のお店 》
¥69,300 (2021/10/18 14:46:38時点 楽天市場調べ-詳細)
↑ クリックで付与されるポイント数をチェック
《 楽天で最安値&高ショップ評価のお店 》

走行性良く、シート下カゴの収容力も抜群でハンドルの高さ可変で夫婦の身長差を気にしなくて良い総合力の高さが自慢。
メリオのレビュー記事はこちら >>

注目のB型ベビーカー

¥25,300 (2021/10/18 14:52:13時点 楽天市場調べ-詳細)
↑ クリックで付与されるポイント数をチェック
《 楽天で最安値&高ショップ評価のお店 》
¥25,300 (2021/10/18 14:51:12時点 楽天市場調べ-詳細)
↑ クリックで付与されるポイント数をチェック
《 楽天で最安値&高ショップ評価のお店 》

折りたたむとコンパクトで、展開しても平均身長・小柄ママにも丁度良いサイズ感。走行性も良い方。狭い玄関などでも場所を取らないので外出時に「今日ベビーカー持っていく?」と悩んだりせず我が家は車に積みっぱなしにしている。
リベルのレビュー記事はこちら >>

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

東京ベビーカーとは、2012年7月にめでたく第一子(2015年11月に第二子、2020年9月に第三子)を授かった40代パパが息抜きでたまに本気出して書く、パパ目線でのモノ選びを中心に紹介するブログ。国内・海外のベビーカーを100台以上押し比べた実績が評価されて、晋遊舎から出版の『ベビー用品完全ガイド』にも以前出演させていただきました。
» 欲しいものリスト

目次
閉じる