メニュー
ページ

コスパ良く意外に目立たないのにおしゃれ感が残るベビーカー『Joie(ジョイ―) ツーリスト』

この記事は100台ベビーカーを押し比べた管理人パパがお届けしています。

いつだったかもう忘れてしまったけどJoie(ジョイ―)のことをこき下ろした気がする。

エアバギーのライバルか!と思われた3輪バギーの押し辛さったら半端なかった。

一方、このイギリスのベビーブランドの4輪バギー(エアスキップ)の方は雑誌でも高く評価したし、ランキングでも上位に位置付けている。

その、ジョイ―からトラベルシステムに対応した軽量バギーが登場する。

商品名は『Joie ベビーカー ツーリスト』。

・片手ワンタッチで折りたためて
・全重量が5kg台と軽量
・トラベルシステムに対応しており
・生後1ヶ月から使えて
・収納かごもしっかり容量

そして気になる価格も輸入元の正規代理店 カトージのオンラインショップから買えばAmazonよりも安く、ぎりぎり税込み1万円台だ。

まるで宣伝マンのようだが、なかなかバランスの良いベビーカーだと思う。

目次

どんな人におススメか?

・目立ちすぎるベビーカーは苦手
・だけどダサいのは嫌
・移動が多く軽量なものがいい
・車を運転しての移動もある
・価格は安さよりもコスパだと思う

東京ベビーカーDBはどう考えるか?

イギリスブランドなのに日本市場を直接ターゲットにしたかのような日本の都会での使い勝手にマッチしたベビーカーだと思う。
なのに価格に無理がないのは結構素晴らしいこと。
操舵性がどうか?は試せていないが、今後そのあたりのレビューが溜まってくれば安心して買えるのではないか。

結論

目立たないカラーリング。しかし、どこか男性的でもあり、以前これはカッコいい!とおすすめしたbabyhomeのEmotionやVIDAにも似たデザイン。
コスパも良さそうなので、3輪バギーにこだわらないのなら一度カトージに電話して「どこで試せるか?」を聞いてからぜひ試しに行きたい。
近くになければ、Amazonでこのブランドの他の商品レビュー評価を読んで参考にしながら思い切るしかないか。

日本のベビーカーはこのように、もっとデザインの良いものが売れるべきだと思う。

¥17,000 (2021/10/18 16:18:58時点 楽天市場調べ-詳細)
↑ クリックで付与されるポイント数をチェック
《 楽天で最安値&高ショップ評価のお店 》

Joie(ジョイー)のベビーカー 賢い買い方

ここがポイント

下記はいずれもショップレビュー検査済み店舗です。

私がお得&安全と考えるショップ

※『NetBabyWorld(ネットベビー)』という販売店の運営元は楽天自身です(2016年の爽快ドラッグ買収によりグループ傘下に)

注目の両対面式ベビーカー

¥69,300 (2021/10/18 14:46:38時点 楽天市場調べ-詳細)
↑ クリックで付与されるポイント数をチェック
《 楽天で最安値&高ショップ評価のお店 》
¥69,300 (2021/10/18 14:46:38時点 楽天市場調べ-詳細)
↑ クリックで付与されるポイント数をチェック
《 楽天で最安値&高ショップ評価のお店 》

走行性良く、シート下カゴの収容力も抜群でハンドルの高さ可変で夫婦の身長差を気にしなくて良い総合力の高さが自慢。
メリオのレビュー記事はこちら >>

注目のB型ベビーカー

¥25,300 (2021/10/18 14:52:13時点 楽天市場調べ-詳細)
↑ クリックで付与されるポイント数をチェック
《 楽天で最安値&高ショップ評価のお店 》
¥25,300 (2021/10/18 14:51:12時点 楽天市場調べ-詳細)
↑ クリックで付与されるポイント数をチェック
《 楽天で最安値&高ショップ評価のお店 》

折りたたむとコンパクトで、展開しても平均身長・小柄ママにも丁度良いサイズ感。走行性も良い方。狭い玄関などでも場所を取らないので外出時に「今日ベビーカー持っていく?」と悩んだりせず我が家は車に積みっぱなしにしている。
リベルのレビュー記事はこちら >>

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

東京ベビーカーとは、2012年7月にめでたく第一子(2015年11月に第二子、2020年9月に第三子)を授かった40代パパが息抜きでたまに本気出して書く、パパ目線でのモノ選びを中心に紹介するブログ。国内・海外のベビーカーを100台以上押し比べた実績が評価されて、晋遊舎から出版の『ベビー用品完全ガイド』にも以前出演させていただきました。
» 欲しいものリスト

目次
閉じる