【お礼あり】ベビーカーの使い勝手 情報募集中!

ベビーカーの通販サイトランキング

《このページは3分で読めます。》

今日はベビーカーの通販サイトランキングを考える。

実はこれが一番難しい。。

メーカーの立場を考えると、今後消費者としてもAmazonの利用を避けたいと思っているし、それ以外となると幅広くブランドを取り扱う量販サイトは少ない。

まずはじめに。

私たちは通販サイトに何をもとめるのか?

それが、「ベビーカーの基本知識(A型とかB型とかって何?)」ならば、AllAboutあたりの記事が参考になるし、「ベビーカーの買い方やブランド説明(バガブーとは?といった)」ならはこのサイトを参考にしてもらえれば嬉しい。

そして、

ある程度知識が溜まり、候補となるブランドが絞れて来たら、「それをどこで買うかが問題」になるが、東京なら取り扱い店舗を訪ねれば済む話が、残念ながら地方には有名ブランド取り扱い店舗の数は少ない。

特に海外ブランドとなるとぐっとその選択肢は狭まる。

そこで通販サイトの出番なのだけれども、「仕入れました⇒売りました」の右から左へのサイトとそれ以外の区別をどのように見分けられるか?

ポイントは以下の5つ。

  • 運営会社の信頼性
  • サイトの使いやすさ
  • ブランドラインナップ
  • 配送料
  • 実質最安値の多さ

1位:blossom39

運営株式会社azas (本社:東京)
取り扱いブランドバガブー、マクラーレン、サイベックス、ベビーゼン、ストッケ、ベビージョガー、イングリッシーナ、ドゥーナ、ジービー、シービーエックス、ベビーホーム、コンビ、アップリカ、マキシコシ、ABCデザイン、フィルアンドテッズ、ホイールブレード
通販サイトhttps://www.blossom39.com/

ここ数年でずいぶんと取り扱いブランド数が増えた印象。独自の保険システムなど取り組みも熱心。一度代官山の店舗を訪ねさせていただいたことがある。おしゃれ。

サイトを見ると、こちらに「メーカーの保証年数」を記した比較表があった。
この視点は親の目線でとても有意義なもの。運営にポリシーを感じる。

2位:イオンの通販サイト『 キッズリパブリック 』

運営イオンリテール株式会社(本社:千葉)
取り扱いブランドペグペレーゴ、サイベックス、エアバギー、ピジョン、ジョイ―、カトージ、J is for Jeep(ジープ)、日本育児、アップリカ、グレコ、コンビ、パーリ、クイニー、
通販サイトhttps://shops.aeonsquare.net/shop/category/category.aspx?category=17140601

小売り業界の巨人AEON(イオン)グループが運営しているさっぱりとした作りの通販サイト。 ブランド別の検索ができないのは非常にもったいないと思うが、取り扱いブランド数も多く、汎用的なブランドがきちんと配置されている。

Amazonは日々価格が変動するので買い時の判断が難しくて嫌だ!という私みたいな変わった人に向いているかも。

3位:ヨドバシカメラ『 ヨドバシ.com 』

運営株式会社ヨドバシカメラ(本社:東京)
取り扱いブランドアップリカ、コンビ、クイニー、エアバギー、リッチェル、グッドベビー、ピジョン、エンドー、マイクラライト、ストッケ、サイベックス、シービーエックス、カーメイト、日本育児、ラング巣ジャパン、コサット、シンセーインターナショナル、J is for JEEP(ジープ)
通販サイトhttps://www.yodobashi.com/category/141001/141002/141077/141078/

すべての商品が価格を問わず送料無料というのが凄いところ。ただ、ヨドバシカメラの通販サイトは品ぞろえが多いように見えるだけで、実際は「お取り寄せ(在庫なし)」の商品が多く肩透かしを食らうことが多い。それが使いにくさになり、ランクを落としている。

ポイント還元率を考えると他通販サイトと比較して最安値となる場合も多く、ブランドが決まっている場合は一度はチェックしたいサイト。 Amazonと国内通販サイトの一騎打ちは熱い。

4位:マタニティ・ベビー用品通販の『 ベビーザらス 』

運営日本トイザらス株式会社(本社:神奈川)
取り扱いブランドエアバギー、ベビーホッパー、マイクラライト、クイニー、gb(ジービー)、 オービットベビー 、アップリカ、ジョイ―、エールベベ、グレコ、コサット、コンビ、 J is for JEEP(ジープ) 、日本育児、ピジョン、ベビーザらス、ベビージョガー、ペグ・ペレーゴ、リッチェル、レカロ
通販サイトhttps://www.toysrus.co.jp/c002010042/

キャラクターものに強み。ベビーザらス限定モデルを提供しているメーカーも多いので、ここでしか買えない可愛いベビーカーがあることは事実。

最初、私も子どもを授かってから店舗へ行き、見比べている中で圧倒的な品数から、「これが世界のベビーカーのすべてか~」と思っていたものの、実はそうではないと気付いたのは間もなくだった。

5位:T-REX公式ベビー用品サイト『カミングショップ』

運営株式会社カミング(本社:大阪)
取り扱いブランドベビーゼン、J is for JEEP(ジープ)
通販サイトhttps://www.coming-shop.co.jp/

株式会社ティーレックスの通販用の会社という位置づけだろうか。アイデア商品をたくさんインポートしているT-REXの公式通販サイトである。

ベビーカーブランドの取り扱いこそ少ないが、バンボやバギーボード(エアバギーなどに取り付けられるステップボード)ブランドのLascal(ラスカル)の取り扱いがあるなど、ベビーカーのアクセサリーで楽しいものを見つけやすい。

以上、ベビーカーを100台押し比べてきたパパ目線で選んだ通販サイトのベスト5だった。

一応選び抜いてはみたものの、この市場では圧倒的に強いサイトは無く、どこも送料無料やポイント還元施策などあるものの、競争が激しくAmazonに支払うシャバ代や値上げが続く配送業者に利益を奪われてかなり苦しい印象。

どこのメーカーも効率良く売りさばきたいのが本音だと思うけれども、決定的な「この通販サイトから買いたい!」と思わせるようなサイトは生まれにくいと思われる。

また、現段階では価格やブランド商品を様々な角度から比較検索できるGoogle ショッピングの機能もまだまだ弱いので、ここは今後さらなるイノベーションで、買いやすさの本質そのものの価値変容が起きてくるのではないかと予想する。

【番外編】最安値を探す検証をしてみた

Amazonで三輪ベビーカーのベストセラーとして君臨していた(2019.06.02)、上記のベビーカーを上にあげたサイトで探して価格比較してみた。

商品名:JOIE社 Litetrax(ライトトラックス)

正規販売代理店(カトージ) 19,246円(税込)
キッズリパブリック(イオン)21,384円(税込) -106ポイント
ベビーザらス21,598円(税込)  -107ポイント
Amazon 19,800円(税込) -1,980ポイント

ということで、結局のところAmazonを個人的にはあれだけ嫌ってはいるものの最後に伝えておかなければいけないのは、

Amazonで買えるもの(ラインナップされている商品)であれば、Amazonが最安値なんじゃないか?を念頭に見比べ、Amazonプライムの実質配送会社が不安な場合のみメーカー直販サイトと比較して決めればいい。

ということ。

結局、こだわって考え抜いた先にあるものがAmazonにあればいいけれども、AmazonはAmazonというブランド、買いやすいシステムにあやかりたいまだこれからのブランドにとってのチャンス・マーケットなので、本当に欲しいブランドがそこにあることを期待するのは時間の無駄だとは最後に付け加えておきたい。

やっぱり、メーカー直販で買いましょう。
ただし、どんな会社(販売代理店)か心配な場合はサポート窓口を見つけて電話してみよう!

が本当の結論でした。

ちゃんちゃん。