メニュー
ページ
 ベビーカーのおすすめ商品 

応急手当普及員になりました。情けは人の為ならず

この記事は購入相談実績100件以上、100台以上のベビーカーを押し比べた管理人パパ(ベビーカージャーナリスト)がお届けしています。

去年の4月のことですが、救命講習を経て『応急手当普及員』に昇格した。

以前から、上級救命講習を受けており、ある程度のことは知っていたつもりだが、日にちも経ってうろ覚えなところもあったので一つ上のレベルで挑戦。

以前の講座までの「その場面に対応できる」から、求められるスキルが「教えることができる」という普及員のポジションのそれに変わり、プレゼンがあるなど戸惑うこともあったけど、受講してあらためて良かったと思っている。

私は母を医療過誤(心臓麻痺)で亡くしていることをどこかで書いたかと思うが、こういった『救う』ための講座受講は、当時なにもできなかった母への罪滅ぼしの意味もある。

なぜ気づいてあげられなかったか、なぜ助けてあげられなかったか。

来年で10年経ったことになるが、今もそのシーンを鮮明に覚えているということは、たぶんこれから10年もきっと忘れることはないんだろう。

もう助けられない。

なんて、思ってはいない。

助けてあげるのは、今度は家族だ。

妻であり、子どもであり、親戚、友人であり、そして身の回りの5mに居る人達。

『あかの他人』と思うことはたやすいけれども、きっと

きっと私、の家族を助けてあげられるタイミングと場所にいるその人は、『あかの他人』なんだろうとやっぱり思う。

その人に助けてくれることを期待できないかもしれないが、私が誰かの家族で、大切な人かもしれないその『あかの他人』を助ける準備をしておくことで、いつか回り回って救われる日が来るのではないか。

助けてもらう前に、まず助けよう。

そういったことで、今の自分を少し許せる気がしている。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

運営者情報

東京ベビーカーとは、2012年7月にめでたく第一子(2015年11月に第二子、2020年9月に第三子)を授かった40代パパが息抜きでたまに本気出して書く、パパ目線でのモノ選びを中心に紹介するブログ。国内・海外のベビーカーを100台以上押し比べた実績が評価されて、晋遊舎から出版の『ベビー用品完全ガイド』にも以前出演させていただきました。
» 誰に向けて書いているの?

目次