2024年2月のタイプ別おすすめ 

【オランダ発】TRIV NEXT(トリヴ ネクスト)が新発売!

オランダ初ブランド『nuna(ヌナ)』から両対面式ベビーカーのTRIV NEXT(とリヴ ネクスト)が新発売!
追記:国内でも販売開始されました

トリヴの後継モデル『トリヴ ネクスト』が発売されました!

トラベルシステムに力を入れているオランダ発のベビー用品ブランド『ヌナ』。
両対面式ベビーカーのシグネチャーモデル「TRIV(トリヴ)」のリニューアルモデルが発売されました。

ただし海外先行発売で、国内での販売開始時期は明確にされていません。
おそらく11月から年末にかけて国内でも取り扱いが始まるのではないかと見ています。

日本語訳

イタリアのファッションデザイナー Georgette Polizzi(ジョーゼット・ポリッツィ)さんとのコラボレーションモデルも発売されています。

店頭などで続々セール開催中

カトージ直営店でのアウトレットセールなど、続々と現行モデルの在庫圧縮がはじまっています。

目次

現行モデル(TRIV)の立ち位置

トラベルシステムに対応しているA型両対面式ベビーカーです。
価格は8万円強ですから、高級ベビーカーに分類されます。

重量は9.75kgと約10kgですから持ち運びは軽々とはいきません。
しかし、ミニバンなら心配なく積みこめます。

  • ハイシート
  • 多段階リクライニング
  • シート幅52cmと広々

車利用が多く、高級志向で、サイベックスやバガブーなどメジャーブランドと被りたくないユーザーに支持されています。

ベビーカー 両対面式 TRIV ( トリヴ [チェリー/エリス])
管理人パパ

nunaはオランダ生まれのブランド。やや大きめの両親(オランダサイズ)の子ども向きといった印象。バガブーが競合にあたる。

現行モデル(TRIV)と新モデル(TRIV NEXT)の違い

TRIVTRIV NEXT
発売時期2019年11月14日2022年10月1日(国内未発売)
価格85,800円$699.95
国内での価格予想は106,740円
サイズ
幅×奥行×高さ
展開時:52×81×109cm
折畳時:52×32×65cm
展開時:57.5×85×109cm
折畳時:57.5×31.5×69cm
車輪サイズ前輪:約18 cm
後輪:約19 cm
前輪:約18 cm(7インチ)
後輪:約23 cm(9インチ)
車輪配置逆台形型配置(安定性重視)台形型配置(操舵性重視)
ブレーキシステムペタルをダウン/アップペダルをダウンのみで切り替え
幼児用フットステップなしあり
ハンドル形状スクエア型ラウンド型
シート背面ポケットスリット式ジッパー式
幌の取り外しできないできる

一番の違いは車輪の配置が大きく変わったこと。
これまでの安定性重視の逆台形型(前輪間が後輪間の幅よりも広いタイプ)から操舵性重視の台形型(後輪幅が前輪幅よりも広い)に替わっている。

おそらく前モデル(TRIV)の操舵性についてユーザーからの不満が多かったものだと思う。
後輪幅を広げると足元スペースにゆとりができるので更に嬉しい。

そして後輪自体のサイズも15%大型化し、7インチ→9インチ(22cm)に。
エアバギーのタイヤサイズが8インチ(20cm)なのでいかに大きくなったかがわかるだろう。

その他では、ベビーカー卒業間近な幼児期にあると自分で乗り降りできて嬉しいフットステップ(足置き場)が設けられたことも大きい。

ユーザーからの声にきちんと耳を傾け、細かいところをチューニングしてきた印象を受けた。

トリヴ ネクストのデメリット

これは発売されたとして押し試すまでもないことだけれども、スペック表を見ただけでデメリットも明らかに見えた。

それはベビーカーの横幅が従来の52cmから57.5cmに大きく間延びしたことだ。
これは今回の「操舵性の向上」につなげるための後輪幅の再設計が影響を及ぼしたと見える。

海外だと横幅60cm以上の駅改札幅が主流だろうから問題ない。しかし日本のメジャーは55cmだ。
電車移動には気を遣わなければならないタイプになってしまった。

管理人パパ

車いす用の改札も用意されているから、たまにの電車利用ならそっちを通ればいいだけサ。

それでもトリヴ ネクストを選ぶメリット

たしかに横幅が55cmを超えてきたとしても、困るのは「電車を頻繁に利用する人」や、「通路幅の狭いマイクロバス利用者」だけなのかもしれない。

トリヴはもともとトラベルシステム対応をウリにしたベビーカーであり、カーシートも併せて製造・販売するメーカーの強みとしては『郊外型の車利用の多い層』をターゲットにしているように見える。

そんな車社会を生きるクールな家族にはデメリット部分は関係なくなる。

逆に世界一平均身長の高い国のオランダ発ブランドというだけあって、シートのサイズ感は広め。
この余裕が成長の早い子どもやジャンボベビーにはありがたくもあるだろう。

RISU

日本での販売開始が待たれます!

管理人による旬の買い方紹介

2024年2月現在の旬な買い方はズバリこれかなと思います。

新生児に最適(最高だけど高額)
都会的な暮らしに最適
郊外型の車中心生活に最適
  • リベル+ベビーシートでトラベルシステム
軽さ重視&バス利用に最適
  • 国内メーカーのベビーカー → リベル/オルフェオに乗り換え
乗り換えたいが第二子への引き継ぎに最適
  • いまならバタフライ

※二台持ちとせず乗り換えを基本としているのは、途中で一台目を売却して二台目の予算にあてることがコストとしても玄関スペースとしても節約になるためです。

他にも有名ブランド・無名ブランド、国外のみ販売の世界的ブランドもあるけれどこれが基本です。

  • 14万円(ファースト)→売却して7万円回収して→7万円のB形を買うことも
  • 7万円(ファースト)→売却して4万円回収して→3万円のB形を買うことも
  • 7万円かけてB形をA形仕様にして1台で済ませることも

いろいろ方法はあるけれど、お金の余裕や投資に対する考え方・合理性、そして子どもと叶えたい理想の生活などみんなそれぞれ微妙に違うから、コレが正解!っていうのを本を読んだり限られた店舗をめぐって探しきるのは至難の技。

「高い買い物なのに何回も失敗したら数万円の損じゃ効かないかも??」で不安な人にはママ友コミュニティが一番かもしれないけれど、人付き合いが難しかったり、初子ならそもそも必要なタイミングでコミュニティに参加できていない場合も多いから大変なんよね。

私は私でできることをやっていきます。

基本はトータル7万円で卒業するのが理想

どれか一台だけと言われればコレ👇
¥69,520 (2024/03/04 20:49:00時点 楽天市場調べ-詳細)
2023年のベスト評価

管理人について

管理人パパのアバター 管理人パパ ベビーカージャーナリスト

東京ベビーカーとは、2012年7月にめでたく第一子(2015年11月に第二子、2020年9月に第三子)を授かった40代パパが息抜きでたまに本気出して書く、パパ目線でのモノ選びを中心に紹介するブログ。国内・海外のベビーカーを100台以上押し比べた実績が評価されて、晋遊舎から出版の『ベビー用品完全ガイド』をはじめメディア出演多数。
» 誰に向けて書いているのか?

目次