メニュー
ページ

リコール対象の『ピジョン ランフィRA8』の代車は『カルナス』。対応の後手感は残るが、どうか未来の施策に活かして欲しい

この記事は100台ベビーカーを押し比べた管理人パパがお届けしています。

目次

代車は2020年発売の『カルナス』。
意外な実力に「これでエエわ」の声が続出・・・

2021年4月16日。
突如リリースされたピジョンの各種ベビーカーのリコール問題。

【PDF】ベビーカー車体フレーム無償交換のお詫びとお知らせ
https://www.pigeon.co.jp/news/files/pdf/20210416.pdf

対象車種は

  • Runfee / ランフィ RA8
  • BASIS Runfee / ベイシス ランフィ RA8
  • Runfee Lino’n / ランフィ リノン RA8L(ランフィ リノン 2)

の 33,721 台が対象だった。

上記のピジョンで人気の両対面式モデルであるランフィか、ランフィをベースにしたモデルたちの発売日は2018年前半だった。

あれから、約3年が経っての問題発覚。

発売からすぐに購入した人の子どもは恐らく3歳ごろでベビーカー卒業間近。
発売から1年経ち型落ちモデルとしてお安く購入した人の子供は2歳ごろになる。

そして、リコール対応で「フレームだけ交換」と来た。

うん、「今さらそこバージョンアップしてあとどれぐらい乗るかよ・・・」といった印象。

もしかしたら、

もしかすると?の、

「弟ができる!妹ができる!」のタイミングと重なれば、ベビーカー復活となって朗報来たる!だったかもしれない。

しかし、日本の合計特殊出生率は1.36人だ。
弟、妹ができる家庭はそう多くない。

すると、フレーム部分だけの交換対応というのは、一定の誠意であったと評価できるけれども、
交換期間中の代車として提供されていたランフィの廉価バージョンの『カルナス』をそのまま差し上げたら良かったのではないだろうか?

せめて交換対象の人が選べたら良かったね。

でも、メーカーからすると、「意外にこれでええやん!」を広めたくなかったのかな。。

2020年6月発売の『カルナス』は、現在のところポイント還元分込で実質3万円台前半で手に入る。
そして、『ランフィ』もまた型落ち(今が2021年なら一年前の2020年モデル<RB0>)は3万円台後半だ。

¥39,800 (2021/10/21 23:06:08時点 楽天市場調べ-詳細)
↑ クリックで付与されるポイント数をチェック
《 楽天で最安値&高ショップ評価のお店 》

ランフィとカルナス。
凄く微妙な関係である。

なんだかんだ言って、ピジョンは熱心なファンに恵まれている会社だと思う。
我が家がいま使っている哺乳瓶もピジョンのものだ。

「乳首・哺乳瓶はピジョン」

これは鉄板だな。

でも、今回の3年経ったこの時期にピジョンとして提供さしあげられる代替商品というのは少ないのだな、、と知ることになった。セカンドベビーカーのビングルを替わりにもらえたとしても、それすらちょっと遅い気がするし、幼稚園年少さんになっていくこの時期に嬉しいモビリティカテゴリー商品は存在しない。

ならいっそのこと、介護用品市場への参入もあるピジョンだからこその、

おじいちゃん、おばあちゃんの買物カート・手押し車・シルバーカーとして生まれ変わらせる仕組みがあったら嬉しいよな。

ランフィを回収してもらって、そんな風に改修されて、ベビーカーをプレゼントしてくれたじいじ・ばあばの元に返されていく。

それこそ、「ありがとう。」だわ。

ピジョン 関連商品

実際に我が家でも使ってみて良かったモノとしてこちらの記事にまとめている。

ピジョンのベビーカー 賢い買い方

ここがポイント

  • 国内メーカーの中でもシングルタイヤ・ベビーカーが強みのピジョン
  • 押し試せる販売店は全国に多数あり、主には「アカチャンホンポ」と「ベビーザらス(トイザらス)」がある。その他、ベビー用品専門店や百貨店にも多数卸されているが、ノートRなど上位モデルが展示されているのはアカチャンホンポが多い(最寄りの販売店情報はこちら
  • 通販サイトに目を向けるとまずは「公式オンラインショップ」、そして「アカチャンホンポ」「ベビーザらス」などの販売店が運営するオンラインストア、そして楽天市場とAmazonがある
  • ポイント還元率が高く、実質の最安値を付けることが多いのは楽天市場の下記人気ショップ
  • ピジョンの公式オンラインショップはポイント還元が無いか、あっても低め。しかし、極稀に型落ち商品を在庫処分価格でタイムセールすることがあるので併せてチェックしておきたい

下記はいずれもショップレビュー検査済み店舗です。

私がお得&安全と考えるショップ

※『NetBabyWorld(ネットベビー)』という販売店の運営元は楽天自身です(2016年の爽快ドラッグ買収によりグループ傘下に)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

東京ベビーカーとは、2012年7月にめでたく第一子(2015年11月に第二子、2020年9月に第三子)を授かった40代パパが息抜きでたまに本気出して書く、パパ目線でのモノ選びを中心に紹介するブログ。国内・海外のベビーカーを100台以上押し比べた実績が評価されて、晋遊舎から出版の『ベビー用品完全ガイド』にも以前出演させていただきました。
» 欲しいものリスト

評価の高い定番のベビーカー

■ A型両対面式で探すなら

¥69,300 (2021/10/22 14:48:15時点 楽天市場調べ-詳細)
↑ クリックで付与されるポイント数をチェック
《 楽天で最安値&高ショップ評価のお店 》

走行性良く、シート下カゴの収容力も抜群でハンドルの高さ可変で夫婦の身長差を気にしなくて良い総合力の高さが自慢
メリオのレビュー記事を読む

■ B型背面式で探すなら

¥25,300 (2021/10/22 14:56:28時点 楽天市場調べ-詳細)
↑ クリックで付与されるポイント数をチェック
《 楽天で最安値&高ショップ評価のお店 》

折りたたむとコンパクトで、展開しても平均身長・小柄ママにも丁度良いサイズ感。狭い玄関などでも場所を取らないので外出時に「今日ベビーカー持っていく?」と悩んだりせず我が家は車に積みっぱなしにしている。トラベルシステムにも対応
リベルのレビュー記事を読む

目次
閉じる