メニュー
ページ

カトージから発売のベッド柵(ベッドガード)で死亡事故が発生。リコール情報と使い方に注意しよう

この記事は100台ベビーカーを押し比べた管理人パパがお届けしています。

今月、痛ましい事故が置きたことを下記のニュースで知りました。

乳児挟まれ死亡、ベッド柵に「欠陥」 両親、ベビーメーカーを提訴 消費者庁も注意喚起(産経新聞) – Yahoo!ニュース
https://news.yahoo.co.jp/articles/be9c18ed0c28fceffd3c47608baec33e4d413ee0

製造・販売元を糾弾する気持ちも分かります。
一方でネット書き込みでは親の責任を問う声も。

どちらの責任か難しいところがあるのは、「安全に絶対などない」ということと、「どんな製品でも使い方による」ところが大きいからですよね。

便利なのは便利だから一概に悪いと言えない。
知っていることで防げる事故がある。

ベビーベッドに関係する事故。
意外に少なくないことを知っておいてもらいたいです。

0~1歳児のベッドからの転落事故に御注意ください!-頭部を負傷する事故に加え、窒息事故も報告されており、ベビーベッドの安全基準が見直されています- | 消費者庁
https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_safety/caution/caution_041/

ベビーベッドで死亡事故相次ぎリコール 米|日テレNEWS24
https://www.news24.jp/articles/2019/04/14/10428563.html

小さな子ども(特に乳児)にとっては、ちょっとした隙間も油断なりません。

親ができるのは、せいぜいリコールの多いメーカーを牽制し、その情報アップデートに目配せするぐらい。

「真実は何か?」 ニュースの本質を見極めて。

下記は要チェック。

リコール情報 : 製品安全ガイド
https://www.meti.go.jp/product_safety/recall/baby.html
https://www.meti.go.jp/product_safety/recall/baby_1.html

商品情報一覧|リコール情報サイト|消費者庁 https://www.recall.caa.go.jp/result/index.php

デザインで解決できるならそれを望みます。(例)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

東京ベビーカーとは、2012年7月にめでたく第一子(2015年11月に第二子、2020年9月に第三子)を授かった40代パパが息抜きでたまに本気出して書く、パパ目線でのモノ選びを中心に紹介するブログ。国内・海外のベビーカーを100台以上押し比べた実績が評価されて、晋遊舎から出版の『ベビー用品完全ガイド』にも以前出演させていただきました。
» 欲しいものリスト

評価の高い定番のベビーカー

■ A型両対面式で探すなら

¥69,300 (2021/10/22 14:48:15時点 楽天市場調べ-詳細)
↑ クリックで付与されるポイント数をチェック
《 楽天で最安値&高ショップ評価のお店 》

走行性良く、シート下カゴの収容力も抜群でハンドルの高さ可変で夫婦の身長差を気にしなくて良い総合力の高さが自慢
メリオのレビュー記事を読む

■ B型背面式で探すなら

¥25,300 (2021/10/22 14:56:28時点 楽天市場調べ-詳細)
↑ クリックで付与されるポイント数をチェック
《 楽天で最安値&高ショップ評価のお店 》

折りたたむとコンパクトで、展開しても平均身長・小柄ママにも丁度良いサイズ感。狭い玄関などでも場所を取らないので外出時に「今日ベビーカー持っていく?」と悩んだりせず我が家は車に積みっぱなしにしている。トラベルシステムにも対応
リベルのレビュー記事を読む

目次
閉じる