2024年4月のタイプ別おすすめ 

アップリカ vs グレコか?新型三輪ベビーカー

三輪ベビーカーが。

Aprica SMOOVE | アップリカ スムーヴ
https://www.aprica.jp/products/babycar/smooove/

aprica_smoove_sub2

aprica_smoove_sub4

aprica_smoove_sub3

国内メーカー(国産というわけではない)から発売の三輪ベビーカーといえば、『グレコ シティトレック』があったわけですが、アップリカとグレコは同じ会の取り扱いというだけあって、今回アップリカから発売の『スムーヴ』も前者に非常によく似ています。

個人的には、

  • レインカバーが最初から付属していなかったり
  • 踏み足台座がやっぱり小さかったり(ママの急ブレーキに踏ん張れない)
  • カラーバリエーションは4色と少なめ

だったりと、エアバギーが満たしてた上記の項目と比較すると物足りない感じはしますが、生後1ヶ月から使えること荷物カゴの出し入れのしやすさはこちらに分がある点もありそうです。

このモデル。

どちらかというと、競合はエアバギーというより、
同グループの『グレコシティトレック』なのかもしれませんね・・・

こっちが新発売のアップリカ スムーヴ

こっちが新発売のアップリカ スムーヴ

こっちが新発売のアップリカ スムーヴ

でもってこっちがグレコのシティトレック

むむ、似てる。。(;一_一)

アップリカがプレミアムブランドで、グレコがセカンドという位置づけなら、ビジュアルをもう少し離して欲しかったように思います。

ただ、

三輪ベビーカー市場でエアバギーを脅かすプレイヤーが増えてきているのは消費者として喜ばしいことです。

しかしまぁ、、クイニーザップなんかにも言えることですが、子どものフットレスト(足置き台)を飾り程度にしかつけていないベビーカーが多いのはどうか?と思います。

だって、自転車の後部座席に載せた子どもの足置きが無くて、運転している親が急ブレーキ踏んだらどうなるか・・・と一緒ですから。

子どもの踏ん張るチカラをもう少し考えてもらいと希望しています。

フットレストは子どもにとって唯一の『ブレーキ』ですから。

三輪の構造上、前がおちょぼ口になるのは仕方ないことなのかもしれませんがね。

最後は辛口でごめんなさいでした。

管理人による旬の買い方紹介

2024年4月現在の旬な買い方はズバリこれかなと思います。

新生児に最適(最高だけど高額)
都会的な暮らしに最適
  • ミオス → リベル/オルフェオ(4月リニューアル)に乗り換えまたはコヤと二台持ち
  • メリオ → リベル/オルフェオに乗り換え
郊外型の車中心生活に最適
  • リベル+ベビーシートでトラベルシステム
軽さ重視&バス利用に最適
  • 国内メーカーのベビーカー → リベル/オルフェオに乗り換え
乗り換えたいが第二子への引き継ぎに最適
  • いまならバタフライ

※二台持ちとせず乗り換えを基本としているのは、途中で一台目を売却して二台目の予算にあてることがコストとしても玄関スペースとしても節約になるためです。

他にも有名ブランド・無名ブランド、国外のみ販売の世界的ブランドもあるけれどこれが基本です。

  • 14万円(ファースト)→売却して7万円回収して→7万円のB形を買うことも
  • 7万円(ファースト)→売却して4万円回収して→3万円のB形を買うことも
  • 7万円かけてB形をA形仕様にして1台で済ませることも

いろいろ方法はあるけれど、お金の余裕や投資に対する考え方・合理性、そして子どもと叶えたい理想の生活などみんなそれぞれ微妙に違うから、コレが正解!っていうのを本を読んだり限られた店舗をめぐって探しきるのは至難の技。

「高い買い物なのに何回も失敗したら数万円の損じゃ効かないかも??」で不安な人にはママ友コミュニティが一番かもしれないけれど、人付き合いが難しかったり、初子ならそもそも必要なタイミングでコミュニティに参加できていない場合も多いから大変なんよね。

私は私でできることをやっていきます。

基本はトータル7万円で卒業するのが理想

どれか一台だけと言われればコレ👇
¥74,250 (2024/04/15 20:57:13時点 楽天市場調べ-詳細)
2024年のベスト評価

管理人について

管理人パパのアバター 管理人パパ ベビーカージャーナリスト

東京ベビーカーとは、2012年7月にめでたく第一子(2015年11月に第二子、2020年9月に第三子)を授かった40代パパが息抜きでたまに本気出して書く、パパ目線でのモノ選びを中心に紹介するブログ。国内・海外のベビーカーを100台以上押し比べた実績が評価されて、晋遊舎から出版の『ベビー用品完全ガイド』をはじめメディア出演多数。
» 誰に向けて書いているのか?

目次