100台を押し比べたパパの総合ランキング »

フィル&テッズ Dot(ドット) V6 2019 モデルの口コミ(メリット・デメリット)

フィル&テッズ Dot(ドット) V6 2019 モデルの個人レビュー
(3.2)

¥71,500 (2020/09/18 11:47:20時点 楽天市場調べ-詳細)
最安値(ポイント還元含む)× ショップレビュー評価済み店舗
価格65,000円 + 税
対象新生児〜20kgまで (5歳頃)
重量11kg
横幅58cm
ハンドル高87~115cm
公式サイトhttps://philandteds.com/products/dot-buggy

解説

ある時、街を歩いていると、フィル&テッズのグリーンモデルに出会いました。

そのクールさと言ったら、とんでも無くかっこよかったです。

いままで、フィル&テッズというと、「二人乗りでしょ?デカイでしょ!?」と敬遠してきたのですが、なかなかどっこい、今では一人乗りラインナップも充実しているみたいです。

その中の代表的な一台が今年リニューアルされた『DOT(ドット) V6 2019モデル』。

販売価格6万円台の一人乗りで、拡幅の改札を通過できるサイズの横幅(58cm)仕様だから電車での移動もOK。

さらに、セカンドシート(別売 3万円)を取り付ければ、二人乗りベビーカーに変身するという優れもの。

最初はまだまだ「子どもは何人か?」がはっきり決まっていなくても、 「まさかの年子♪」というケースもあるでしょう。

約1歳違えど、まだまだ一人で歩かせるのは難しい時期。

「二人乗せるためにベビーカーを二台買えば済む」という問題ではありません。

一台で二人乗せられるベビーカー。

そんなベビーカーを買い直すケースの方がほとんどかと思います。

そんなまさかの自体にもなんとかできて、かつ一人乗りベビーカーとしても使い勝手の良いベビーカー、それがこのフィルアンドテッズのDot V6なのでした。

ちなみに、セカンドシートをメインシートと取り替えれば、なんと対面式ベビーカーに早変わり。

なかなかうまく考えられているベビーカーです。

販売元のグレイベアはフィルアンドテッズの日本総代理店です。

都内であれば、代官山と麻布十番に2店舗あるので、以前紹介したベビーカー巡りのルート情報を使って回ってみるのも手です。

将来を見通せる方に、意外なダークホースの紹介でした。

¥71,500 (2020/09/18 11:47:20時点 楽天市場調べ-詳細)
最安値(ポイント還元含む)× ショップレビュー評価済み店舗

¥103,400 (2020/09/18 12:56:23時点 楽天市場調べ-詳細)
最安値(ポイント還元含む)× ショップレビュー評価済み店舗
このベビーカーの満足度レビュー
3.2
  • 押しやすさ
    (3.5)
  • 機能性
    (3)
  • 携帯性
    (2.5)
  • デザイン
    (3.5)
  • 価格
    (3.5)
error: