100台を押し比べたパパの総合ランキング »

nuna(ヌナ) タボ キャビアの口コミ(メリット・デメリット)

ヌナのタボキャビア カトージ 展示品
(3.1)

重くて階段も大変!
折りたたんでも自立せず小さくもならない!
ただ、頑強で安定した乗り心地と広々したシートで長く乗れるというメリットが

¥74,799 (2020/11/28 15:34:40時点 楽天市場調べ-詳細)
最安値店( ショップレビュー評価済み)

オランダのベビーカーブランド「nuna(ヌナ)」。
ダッチブランド特有のシンプルながら高い機能性は、ヨーロッパの数々の賞を受賞しており、信頼に値する。

メーカーの公式サイトはこちら

先日の、Joieから発売されている私が史上最高と評したベビーカー『ツーリスト』をレビューしたのに加えて、下記のカトージの直営店でnuna(ヌナ)についても触ってきたのでついでにレビューしておきたい。

今回取り上げるのは、ハンドル高調整機能のついた『tavo caviar(タボ キャビア)』というモデル。

カトージ モザイクモール港北

〒224-0003
神奈川県横浜市都筑区中川中央1-31-1 モザイクモール 港北4F
https://www.katoji.co.jp/store-mosaicmall.html

特徴

tavo caviar(タボ キャビア)はトラベルシステムに対応している。

ポイントは、

  • オプションパーツなしでトラベルシステムに対応
  • しっかりしたシートライナーは取り外し可能で、夏場は取ればメッシュシートになる!
  • 11kgながらサスペンションが良く効き押し心地・安定感も◎

といったところ。

ライバル車種を挙げるとするならば、JoolzのHubや、STOKKEのスクート2CYBEXのPRIAM(プリアム)、そしてエアバギーといったところかな。

しっかりB型で、長期間使用でき、しかし改札幅はぎりぎりというラインの商品たち。

押してみた感想は本当にしっかりした作りで、きれいな筐体の黒色にサスペンション部だけにあしらわれたピンポイントの赤がとても大人の雰囲気。

価格はベビーカー単体だと55,000円前後で、スクート2よりは5,000円ほど安い。

さらに、RED DOT賞を受賞している同ブランドのベビーシート商品の『PIPA lite(ピパライト)』とのコンビネーション買いなら総額95,000円が80,000円前後と2つ買ってもエアバギー一台分あたりに落ち着くので、3輪にこだわらければ良い買い物になる人もいるだろう。

¥74,799 (2020/11/28 15:34:40時点 楽天市場調べ-詳細)
最安値店( ショップレビュー評価済み)
¥55,000 (2020/11/28 22:12:34時点 楽天市場調べ-詳細)
最安値店( ショップレビュー評価済み)

ちなみに、この上位機種(価格上)に『MIXX(ミックス)』というモデルもあるが、こちらは横幅60cmとバガブーのカメレオン級に大きいので都会での移動の多い人にはほとんど向いていないかもしれない。

nuna ヌナ リクライニングバギー pepp (ラズベリー) 41273
nuna(ヌナ)

価格55,000円 + 税
対象新生児~体重20kg(身長114cmまで)
重量11kg
横幅55cm
ハンドル高99cm・101.5cm・103.5cm・106cmで調整可能
公式サイトhttps://www.katoji-onlineshop.com/c/category/babycar/41863

押す人を選ぶ。
万人には適さないかもしれないが、クールな人にぴったりなベビーカーかもしれない。

¥74,799 (2020/11/28 15:34:40時点 楽天市場調べ-詳細)
最安値店( ショップレビュー評価済み)

このベビーカーの満足度レビュー
3.1
  • 押しやすさ
    (3.5)
  • 機能性
    (3.5)
  • 携帯性
    (2)
  • デザイン
    (3.5)
  • 価格
    (3)
error: