メニュー

ベビーカーの人気ランキング

管理人パパ
ベビーカージャーナリスト
プロ・ベビーカーレビュアー。ベビーカーを10年間で100台以上押し比べてきた体験談を紹介。2022年からは年間100件の購入相談に応える。業界のトレンドや売り手の心理を先読みしたレビューが得意。雑誌のベビーカー特集監修等
おすすめのベビーカーをランキング

エアバギー テクノファイン クール マットの後悔とおすすめポイント解説

テクノファイン クール マット

35℃以上の猛暑日💦
ファンからの風が温風に変わったら…

気象庁のサイトによると最高気温が35℃以上の日を猛暑日と呼ぶそうだ。

本来、赤ちゃんは「夏は室温26~28度(出典:花王)」がうたわれているわけだから猛暑日に子どもを連れ出すなんてはなから危険なことだろう。

おまけに親と連れ立って歩く幼児さんの身長は地表から50cm程度(=ベビーカーの座面高あたり)。

そこでは大人が感じている暑さよりも2~3℃高いと言われているし(熱中症環境保健マニュアル 2022)、ベビーカーの室内はさらにの可能性もある。

と、さんざんにビビらせてしまったわけだけど要するに、

  • 猛暑日はファン付きクーラーシートで送風だけでは足りない
  • 小型扇風機は深部体温を下げられず外気温が高いと熱中症リスク
  • どうしても連れ出さないといけないなら保冷対策をしっかりと

出典:※ハンディファンは危険?安全な暑さ対策のコツ・正しい使い方

というわけだ。

これまでも私は夏用のベビーカーシートや保冷アイテムを取り上げてきた。

けれどベビーカーのモデルも使用環境も様々な状況を想定してベストを提案するのは難しいと感じていた。

ベビーカーが違えば付けやすさ(敷きやすさ)が大きく変わる可能性があるから。

だから、エアラブもいいんだけど外気温が35℃を超えると熱風を送っても仕方がないと感じていたし、丹平製薬の売れ筋商品(カンガルーの保温・保冷やわらかシート)も使ったことがあるが紐吊りタイプでシートに取り付けられないベビーカーも多く、全能では無いと感じていた。

そんなわけで、ずっと解決できる商品を待ち望みながら毎夏を過ごしてきた。

で、今年それがついに見つかる。

これ。

目次

テクノファイン クール マットを選んで後悔する人

保冷剤すら「荷物になる、かさばる…」と思う人ぐらい

この商品が、というよりも保冷剤が必要ない人もいるはず。常に温度に敏感で28℃以上の外出を控えられるような人だ。昔Bangkokに住んでいたイメージでいうと高級百貨店に車で乗り付けて、食事してさっと帰っていく家族(大企業の駐在員)レベルだろう。

テクノファイン クール マットで後悔しないためのポイントは、保冷剤の管理がちゃんとできるかどうか。エアコンが効きすぎているような百貨店や美術館では冷えすぎるのでサッと取り外したい。

エアバギー テクノファイン クール マット
総合評価
( 4 )
メリット
  • 【長く冷やせる】保冷剤が溶けづらい
  • 【溶けても使える】マット自体が吸湿・速乾素材
  • 【取り付けやすい】ショルダーベルトに「パチン、パチン」で終わり
デメリット
  • 【値段が高い】Amazonやニトリで買える手頃価格のものと較べて2倍以上
こんな人にはいい
  • 【そもそも】ベビーカー本体シートの通気能力が弱いから改善したい
  • 【そもそも】ベビーカー本体シートのクッション性自体を増したいと考えていた
  • 【幼児想定】動物園やテーマパーク。長い一日をぐずらず快適に過ごして欲しい

発売が2024年5月と後発だけあって考え抜かれている

テクノファイン クール マットのおすすめポイント解説

インサーマル構造

昨年発売の「2WAYクールマット」と較べて中材が熱伝導率の低い素材で覆われており進化しているようだ。

先の商品が、

「35度以下の気温で15度以下を、3時間キープします。」

だったのに対して、今回は

「35度以下の気温で5度以下を、4時間キープします。」

はこういう部分のバージョンアップに由来していると感じた。

取り付けやすくカバー面積が広い

ぱっと見では冷たそうに見えない
縫製はしっかりなのに生地は薄めを意識して造られていた

取り付けはショルダーベルトの背カン部分にパチンと挟むだけ。

保冷剤の重みと裏地のメッシュ素材が作用して、いい具合にズレずに敷ける。

管理人パパ

寝入ったあとには冷えすぎないようにパッと抜けるのもいい。

3点式・5点式ベルトへの対応は?

大丈夫。このマットはベルトループ形状に縛られないタイプなので3点式・5点式のどちらにも敷ける。

テクノファイン クール マットの基本スペック

発売時期2024年5月19日
価格5,940円
ブランドエアバギー(日本)
サイズ本体:縦全長37cm、横29cm

保冷剤:縦10.5cm、横14.5cm
素材【表地】ポリエステル62%/綿38%
【中材】ポリエステル100%
【裏地】ポリエステル100%
【保冷剤ジェル】水、 増粘剤、不凍液
重量315g
対応機種エアバギー製品のベビーカー

他社ベビーカーOK(肩ベルトのあるベビーカー)
※ベビーカーによっては取り付けできないものも
付属品保冷剤ジェル(日本製)×2点
お手入れ方法30度以下でネットに入れて非常に弱めの洗濯機または手洗い
※保冷剤は洗濯できません。
公式HPhttps://www.airbuggy.com/option/technofine-cool-mat/

ライバルと比較

夏用ベビーカーシート&ファン付きシート&保冷マットの代表格と比較した。

【楽天市場】マット・シート・クッション | 人気ランキング1位~(売れ筋商品https://ranking.rakuten.co.jp/daily/213943/

Amazon.co.jp 売れ筋ランキング: ベビーカーシート・クッション の中で最も人気のある商品です
https://www.amazon.co.jp/gp/bestsellers/baby/10395289051

管理人パパ

個人的に楽天市場のランキング信憑度は5割。さんざん掴まされてきたから。メーカーが確かでないものは除外派だ。

■ 夏用ベビーカーシートの最高と比べて

テクノファイン クール マットは深部体温を下げる効果で上回る。

管理人パパ

単純に通気性の高いマットとしての性能はシーコアストローラーマットが上回る。

■ ファン付きシートの最高と比べて

テクノファイン クール マットは電源要らずなので充電忘れや付属品の心配がいらない。

管理人パパ

35℃以上の外気から取り込んで吹き付ける風が「温風」に変わったと感じたら電源OFFにしたい。吸気口にアイスボックスぶら下げたらいいかもしれない。

■ 他社保冷マットの売れ筋商品と比べて

テクノファイン クール マットは「取り付けやすさ」と「保冷時間の長さ(溶けにくさ)」および「保冷面積の広さ」で上回る。

管理人パパ

乳児期のベビーシート(チャイルドシート)に取り付けるなら逆に面積の小さい丹平製薬の不利が有利にはたらくかもしれない。

以上の3枚とテクノファイン クール マットを比較した。

テクノファインシーコアマットエアラブ4カンガルー
価格5,940円9,460円13,800円3,278円
取り付けスナップボタン3点式/5点式3点式/5点式紐ループ
特殊効果35℃以下の気温で
5℃以下を4時間
通気性
クッション性
送風28℃以下を
5時時間
デメリット保冷マットにしては高価冷却商品ではない35℃以上では風温度に注意&バッテリーの携帯が必要紐をベルトループに通せないベビーカーでは取り付けづらい
深部体温
URL公式公式公式公式

どれもそれぞれのジャンルで評価の高い商品。

使い分けたり同時に利用したり臨機応変に考えたい。

エアバギーの最安値·安心の購入術

ここがポイント

  • 店舗での購入は公式サイトから直営店と取り扱い店舗に分けて探すことができる。直営店は全国に5店舗展開(東京2店、名古屋1店、大阪1店、福岡1店)。取り扱い店舗は全国に多数
  • 店舗が遠い、足を運べない理由がある場合にはオンライン接客を受けられる。一部試着販売もあり
  • 通販サイトは3タイプあり、公式ストアとECモール系公式ストア(Amazon楽天市場Yahoo!ショッピング)、およびモールにテナントする小売販売店系がある。ポイント還元率が高く価格メリットが大きいのは以下のテナントになる

下記はいずれもショップレビュー検査済み店舗

管理人がお得&安全と判断したショップ

目次