メニュー
ページ

【検証動画】失敗しない!踏切での正しいベビーカー操作方法を解説

この記事は購入相談実績90件以上、100台以上のベビーカーを押し比べた管理人パパ(ベビーカージャーナリスト)がお届けしています。

以前、ベビーカーの選び方相談室のご利用者が、過去の体験談として「ベビーカーと踏切で怖い思いをした」という話をしてくださいました。

RISU

なぜ怖い思いをするのでしょうか?

管理人パパ

2つある。
レールの溝にハマる。
そして、レールにつまづくだ。

RISU

ハマるの怖~い!
そんな状態でカンカンカーン♪とか恐怖ですね。。

目次

対策法:レールの溝にはまらないために

踏切のレール溝幅はおおよそ6.5cm~7cmらしいです。
通常、踏切の歩行者(ベビーカー)は踏切を横断する際はレールと垂直に交わるので脱輪することはありません。

脱輪する理由

しかし、ごく稀に進行方向先を車に阻まれたり、歩行者や自転車に阻まれた場合にそれを避けようと90°回転してレールと並行になってしまう場合がありますね。

そういった時に脱輪(ハマる)危険性が出てきます。

溝にはまらないための対策としては、

  1. シングルタイヤよりもダブルタイヤのベビーカーを選択する(車輪幅が厚くなることでハマらない)
  2. 踏切内では進行ラインを変えない(せっかちでも追い抜いたりせず直進できるタイミングをはかる)

意識の問題でリスクを避けられるなら、2)を意識して乗り越えたいところです。

対策法:踏切の溝につまづかないポイント

最近のベビーカーはタイヤも十分に大きいものが多いですし、走行性を高めるために様々な工夫が施されているものが多いです。

それでも、有名ブランドの人気モデルを押していても「つまづいた!」と言われる人のほとんどが「踏切内のちょこちょこ走行」で起きているようです。

これは溝にハマってしまうケースと同様に、前方がつまっているために起こる問題です。
先がつまっているから、ベビーカーを押し歩くスピードを落とさざるを得ず、推進力が落ちます。

走行速度が原因

つまり、ベビーカーの速度が十分であった時にはその勢いで滑るように越えられた些細な段差や溝につんのめってしまうのです。

踏切ではベビーカーも車と同様に、足早に渡りきれるよう前方の遮蔽物の確認と予測を意識しておきましょう。

実際に検証してきました

以下は、メーカーからサンプルとしてお借りしているものを使った踏切での走行テスト動画*です。
人気のコンパクトベビーカーを5台ピックアップしてみました。

このぐらいの速度で進めばつまづくことはありません。
参考にしてみてください。

*子どもを乗せたリアルな走行環境を実現するために10kg(1歳すぎ程度)のお米をシートに乗せています。(参考サイト:体重の増加曲線 – パンパース

検証現場(踏切)

真上から見ると意外に幅があることが分かりますね

ピジョン ビングルで踏切走行

ピジョン ビングルで踏切走行を検証
折りたたみ後のスリムさは折り紙付き

ピジョン ビングルのレビュー

RECARO イージーライフで踏切走行

レカロ イージーライフで踏切走行を検証
ローシートなのにハイハンドル。ハンドル形状が独特で落ち着く

レカロ イージーライフ エリート2のレビュー

ベビーゼン YOYO2で踏切走行

ベビーゼン YOYO2で踏切走行を検証
世界が認めたB型ベビーカー。でもお値段高すぎ(@_@。

ベビーゼン YOYO2のレビュー

サイベックス リベルで踏切走行

サイベックス リベルで踏切走行を検証
自転車の前カゴに積んで公園ラリーのお供に◎

サイベックス リベルのレビュー

サイベックス イージーS2で踏切走行

サイベックス イージーS2で踏切走行を検証
派手さはないが実は使いやすいサイベックスの背面式ベビーカー

サイベックス イージーS2のレビュー

いずれの5台もつまづかずに踏切を渡ることができました。

悪い例:”高性能ベビーカーでも”こうすればつまづく!

逆に悪い例もお見せしておきます。

こちらの走行テストでは最後のレールを乗り越える直前、意図的に速度を落として溝に侵入しました。
それまで軽々と溝を乗り越えていた走行性の良いベビーカーでもここまで速度が落ちればつまづきます。

「踏切でベビーカーがつまづいて、、」とお困りの方は、過去に一度踏切で大きくつまづいてしまった経験があるのではないでしょうか?

その経験がトラウマになって、踏切ではつまづかないようにベビーカーの速度を落として慎重に溝に挑んでしまう。。
しかし、そのスピードの低下(推進力の半減)が原因でまたまた派手につまづくという負のループです。

このように、知っていれば乗り越えられる問題ですので、「このベビーカー段差に弱い!!」と性能不足を疑う前に、ベビーカーの上手な使い方を覚えていってもらえると嬉しいです。

今回の検証動画で使った5台

¥29,700 (2022/01/28 18:25:50時点 楽天市場調べ-詳細)
¥69,300 (2022/01/28 17:35:39時点 楽天市場調べ-詳細)
¥25,300 (2022/01/28 17:34:48時点 楽天市場調べ-詳細)
管理人パパ
ベビーカージャーナリスト
東京ベビーカーとは、2012年7月にめでたく第一子(2015年11月に第二子、2020年9月に第三子)を授かった40代Web設計屋が息抜きでたまに本気出して書く、パパ目線でのモノ選びを中心に紹介するブログ。国内・海外のベビーカーを100台以上押し比べた実績が評価されて、晋遊舎から出版の『ベビー用品完全ガイド』にも出演。

一般的におすすめできるベビーカー

■ A型両対面式で探すなら

走行性良く、シート下カゴの収容力も抜群でハンドルの高さ可変で夫婦の身長差を気にしなくて良い総合力の高さが自慢。ベビーカー界の明治大学。 >メリオのレビュー記事を読む

■ B型背面式で探すなら

¥25,300 (2022/01/28 17:34:48時点 楽天市場調べ-詳細)

折りたたむとコンパクトで、展開しても平均身長・小柄ママにも丁度良いサイズ感。狭い玄関でも場所を取らない。意外に走行性が良く、幼児期後半にも使いやすいので我が家ではバンパーバーを買っていない。
リベルのレビュー記事を読む

ランキング画像

東京ベビーカーDB プロダクト大賞とは管理人パパが独自に調査・分析・実機検証をベースにした、その年にもっとも評価したいベビーカーを選出するアワードです。

両対面式部門対面式部門B型ベビーカー部門など全17カテゴリーに渡る受賞ベビーカーはこちら

目次
閉じる